【目の下のクマの簡単対処法】青・茶・黒の3つの色で見分ける!

目の下にできるクマには、見た目の色で青・茶・黒の3つの種類があります。クマができる原因が違えば、対処法も違うため、それぞれの特徴をきちんと知ることが、正しいケアにつながります。

【目の下のクマの簡単対処法】青・茶・黒の3つの色で見分ける!

クマの3兄弟があなたを困らせる!

目の下のくまの3兄弟は、生まれも育ちもバラバラ。
それぞれの性格をよく知らないと、ずっとあなたの目もとに住みついてしまいますよ。

血行不良の青クマちゃん

血行不良の青クマちゃん

睡眠不足や疲労により血行が悪くなってできる青いクマ。
目尻を軽く横に引っ張っても、クマが動かないのが特徴です。

青クマちゃんをなくすためには

目の周りの血行を良くしてあげましょう。
入浴や蒸しタオルなどで、目の周りを温めるのが、おすすめです。

また、血行を良くするツボ押しも効果的。
「目頭」→「眉頭」→「目尻」→「目の下のくぼみのやや下」の順。
目の周りをぐるっと1周やさしく押してあげると、疲れが取れてスッキリします。

青クマちゃんにならないためには、日頃からしっかりと睡眠を取ることが大切です。

色素沈着の茶クマちゃん

色素沈着の茶クマちゃん

シミやソバカス同じ、皮膚の色素沈着によってできる茶色いクマ。
目尻を軽く横に引っ張ると、クマが皮膚と一緒に動くのが特徴です。

茶クマちゃんをなくすためには

シミと同様、一度できてしまった茶クマちゃんは消せません。
お肌のターンオーバーによって徐々に薄くなるのを待ちましょう。
その際は、必ず以下の3つのルールを守って下さい。

  • UVケアをしっかりしましょう
  • こすったり刺激を与えてはいけません
  • メイクはしっかり落としましょう

茶クマちゃんは紫外線や刺激が大の苦手
茶色が濃くならないよう、日頃の注意が必要です。

たるみの黒クマちゃん

たるみの黒クマちゃん

たるみやシワによって、下まぶたが下がってできる黒いクマ。
影ができているだけなので、目尻を軽く引っ張るとクマが見えなくなるのが特徴です。

黒クマちゃんをなくすためには

まず、早急に取りかかりたいのが、目元の保湿です。
乾燥によって目元のしわが増えると、黒クマちゃんが悪化してしまいます。

また、たるんだ下まぶたをリフトアップするためは、筋トレが効果的です。
目の周りの眼輪筋というドーナッツ状の筋肉を鍛えるためには、以下のような方法があります。

薄目エクササイズ
薄目を開けた状態を10秒間キープします。
(鏡を見ながら、下まぶたが2~3mm上がっていることを確認して下さい)

上へ戻る