鎖骨美人は実践済みキレイなデコルテラインの作り方

デコルテ見せファッションが流行する夏。首元~胸元にかけてのデコルテラインに自信が持てなきゃ楽しめません。胸ニキビやむくみを撃退して、スッキリ魅力的なデコルテを作るワザをマスターしましょう!

鎖骨美人は実践済みキレイなデコルテラインの作り方

暑い季節もデコルテ見せOK!
すっきり鎖骨美人になる方法

爽やかな風を感じられる季節は、首元や胸元がすっきり開いた服で気持ちよく過ごしたいものですよね。


首元、鎖骨、胸元にかけてのデコルテラインは、女性らしさを印象づけるパーツのひとつ。鎖骨をクッキリ出さなくても、鎖骨の存在を感じさせるだけで首元が女性らしくなります。

脂肪が多いと骨が覆い隠されますが、首の下にある鎖骨の突端や肩口にある大きな骨の部分が脂肪で完全に埋まるということはほぼありません。

鎖骨が見えないのは太っているからではなく、むくんでいることが大きな原因であることも!実際に、痩せていてもむくみによって鎖骨が見えにくくなっている人も多いのです。


もし自分のデコルテラインに自信が持てたら、もっと気分よく夏を過ごせると思いませんか?

今回は、胸元のむくみ解消に効果的なマッサージや胸ニキビを予防する正しいスキンケアなど、美しい鎖骨を手に入れる方法をまとめました今年の夏は、男性からの注目を独り占めする鎖骨美人を目指しましょう!

1.リンパマッサージで老廃物を流す!

顎の下を触る女性

鎖骨は顔や上半身のリンパが流れる、いわばターミナルのような存在。鎖骨のリンパを適度に流してあげないと、老廃物が溜まり鎖骨がスッキリしないだけでなく、身体全体がむくみやすくなります。

まずはリンパマッサージで、鎖骨に滞ったままの不要な老廃物や水分を流すのをサポートしてあげましょう。デコルテや鎖骨のあたりのむくみが解消されれば、小顔効果も期待できますよ

リンパマッサージのやり方

  1. 両手にマッサージクリームを塗っておく
  2. 左右の鎖骨の中心部分に両手の中指を置き、ぐっと中に押し込む
  3. そのまま、左右の鎖骨に沿って、肩の方まで指を滑らせる
  4. 鎖骨の端まで行ったら指を真ん中に戻し、またゆっくり左右に指を動かす

リンパは通常、筋肉の動きによって流れていくものですが、思い返してみても胸元の筋肉って、日常生活ではなかなか動かす機会がありませんよね。

意識して胸のあたりを動かすことでリンパや血液が流れるようになり、すっきりしたデコルテラインが実現するのです

もし、指が鎖骨の中に入るようであれば、痛くない程度に指を入れて行うと効果がアップします

2.デコルテ部分の筋肉を鍛える!

デコルテライン

鎖骨や胸元は、女性の華奢なところを強調する部分。あまり骨が見えすぎてゴツゴツしているよりも程よく脂肪に覆われ、少しふっくらしていたほうが女性らしさも際立ち美しいものです。

胸の筋肉を刺激して、ふっくらとした適度な肉付きのデコルテラインを作りましょう

筋肉を鍛えるエクササイズ

  1. 握りこぶしを作り、鎖骨の下部分や胸の上部をグルグルとマッサージする
  2. デコルテがほぐれたら、ひじを曲げて肩と同じ高さまで腕をあげる
  3. 左右のひじを体の正面でくっつける

これを毎日続けることにより、肩甲骨が動くと同時に胸が開いていき姿勢がよくなってきます。

また、姿勢が悪い状態で埋もれてしまっていた鎖骨が表れてくるだけでなく、垂れてしまったバストも引き上げられ、自然と体が引き締まってくるのが感じられるハズ。


鎖骨が見えない、デコルテラインが美しくない原因は、むくみや運動不足にアリ。リンパマッサージと簡単なエクササイズで、すっきりきれいなデコルテラインを手に入れてくださいね

3.身体を洗う順番は適切に!

身体を洗う女性

お風呂に入る際、「顔や頭は丁寧に洗うけど身体は適当に済ましている」…なんてことはありませんか?

あるいは、とにかく清潔にしておけばいいという考え方で、洗ってはいるもののガシガシと力強くカラダを洗っていませんか?

鎖骨からデコルテにかけての部分も、乱暴な洗い方や適当にケアを済ましてしまうと、ニキビや肌荒れを引き起こす原因に…スキンケアやヘアケアと同じくらい丁寧なケアが必要なパーツなのです。


また、皆さんそれぞれにお風呂で最初に洗うパーツがあるかと思います。

でも、もしかしたらその洗い方…ちょっと順番を変えるだけで鎖骨部分やデコルテのニキビを改善できるかもしれません。

ベストな洗い方は?

上から下へ!

頭⇒顔⇒カラダという順番で洗っていけば、刺激の強いシャンプーやコンディショナーの洗い残しを防止することが可能に◎

胸元はもちろん背中のニキビが気になる方も、自分の入浴時の洗い方をよく見直してみてくださいね。

4.専用のクリームできっちり保湿する!

乳液と顏を触る女性

たっぷりの泡で優しく鎖骨やデコルテラインを洗い上げたあとは、専用のデコルテクリームやバストクリームで丁寧に保湿しましょう。

専用のクリームなら?

マッサージしやすいテクスチャーでできている!

肌の滑りが良いクリームでマッサージを兼ねた保湿を!入念にケアすれば、アナタの鎖骨もピカピカになります


また、普段から顔や腕にはバッチリ日焼け止めをヌリヌリしていても、つい忘れがちなのが首から胸元にかけての紫外線予防

保湿を行っても、紫外線をカットしないと肌は乾燥してしまうのでくれぐれも日焼け対策は万全に行いましょう!

デコルテがくすんでいたら?

『なんとなく胸元がゴワゴワして黒ずんでいるような気がする…』という場合は、日焼け止めや古い角質が肌に残っている可能性があります。

気になるようなら、しっかりと泡立てたスクラブ入りの洗顔フォームでくるくると角質除去するのがオススメです頻度は週に1回、やり過ぎて皮膚を傷つけないように注意してくださいね。

5.下着は締め付けないものをチョイス!

上を見上げる女性

サイズの合わないキツキツの下着は?

胸元の筋力低下&血行を妨げてむくみの原因に!

あんまりゆるゆるのブラをつけるのもカッコ悪くてNGですが、あんまり締め付けるキツめのものも身体には良くありません。

胸の筋肉がたるみ、その上パンパンにむくんでしまったら…綺麗なデコルテとは程遠くなってしまいます。下着を選ぶ際には必ず試着をして、ゆる過ぎずキツ過ぎずサイズの合ったものを選ぶようにしましょう。

また、通気性の悪いナイロン製の下着は胸元の皮膚への刺激や負担となります。肌に優しい生地を選ぶなどの工夫も、美しい鎖骨を守る重要なポイントですよ

こまめなケアで鎖骨美人に!

風呂上りの女性

周囲から注目されているパーツなのですが、意外と怠ってしまいがちな鎖骨やデコルテのケア。

  • リンパマッサージでむくみを解消する
  • 胸元あたりの筋肉を鍛える
  • 洗い方や順番に注意する
  • クリームで保湿する
  • 下着はキツ過ぎない適切なサイズを選ぶ

年齢が出やすいデコルテ部分のむくみを放置するのは危険。若々しさをキープするためにも早めにお手入れをスタートさせるのがベストです。

来たる暑い夏の時期にも自信を持って肌見せできるよう、今からしっかりと準備しておきましょう

上へ戻る