ぱっちり二重になりたい!整形せずに自力で二重まぶたにする方法

「整形したくないけど、自力で二重まぶたにしたい!」「もっと、くっきりラインをつけてぱっちり二重になりたい!」というなら2つの方法を試してみましょう!

ぱっちり二重になりたい!整形せずに自力で二重まぶたにする方法

整形しないで「ぱっちり二重にする方法」

インパクトのある目元に近づける二重まぶたは、男性からも女性からも人気が高いですよね。目は顔の印象を左右する重要なパーツ。目が大きくなると、印象が華やかになるのはもちろん、小顔に見える効果もありそうです。

でも「二重まぶたには憧れるけど、私は一重だし、整形はちょっと・・・」という人も多いのではないでしょうか?そんな人にオススメなのが、整形ではなく自力で二重まぶたにする方法です。自宅で簡単にできるので「二重になりたいな」と思っている方はぜひ試してみてください。

自力で二重にするためのポイントは大まかに言うと、まぶたの脂肪を減らすこと、二重の跡をつけることの2つです。特に、まぶたの腫れぼったさの原因でもある「まぶたの脂肪対策」がポイント。整形手術の場合も、まぶたの脂肪を抽出するケースがあるようなので自力で二重にする際も、まぶたの脂肪をなくすことが一番の課題となります。

まぶたの脂肪を減らすための3つのステップ

ステップ1 まぶたを温めて冷やして脂肪を燃焼させる

タオルで瞼を温めて血行を促進

まずは瞼を温めて冷やすことを繰り返し、まぶたの脂肪を燃焼しやすくします。蒸しタオルを用意して5分間まぶたに乗せたら、次に冷たいタオルを1分間当てて冷やします。これを2~3回繰り返すと血行が良くなることで「腫れぼったい目」の原因になる「むくみ」も解消し、まぶたの脂肪も燃焼しやすくなります。

ステップ2 まぶたのツボを押して血行促進する

瞼にある2つのツボは、眉頭の少しくぼんだ所と眉山の下にある骨の下側です。ツボに中指を当てて、ツボを刺激します。それほど強い力でなくても効果はあるので「グーッ」と押す感じで刺激しましょう。目の周辺の皮膚はとても薄いので、強い刺激を与え続けると肌にダメージを与えてしまいます。「二重になりたい!」という強い思いから力を入れすぎないように注意を!

ステップ3 マッサージで目の周りのむくみを解消する

メイクオフした素肌に、アイクリームやマッサージクリームなどを指の滑りを良くするために塗ります。まず、目頭の下の皮膚を空いている方の手で引き上げます、引き上げたら中指をまぶたに当て、ゆっくり目尻側までなぞってマッサージします。この時、なるべく目を見開いて瞼を押さえている指と目の間に二重のようなラインができるようにしましょう。あまり強い力でマッサージをするとシワの原因になってしまうので、ゆっくり優しくマッサージしましょう。

二重の跡をつけるための2つのステップ

ステップ1 ラインができやすい箇所を探す

まぶたの脂肪が減ってくると二重の跡がつきやすくなります。目を見開いて眼球をなぞるようにした箇所に引いた線が一番定着させやすいので探っておきましょう。「その箇所に二重のラインがあると見た目が不自然になる」または「気に入らない」という場合は、自分の好きな箇所に決めてもかまいません。でも一度「ここ」と決めた二重の線は途中で変えないようにしましょう。

ステップ2 柔かい綿棒で毎日ラインをつける

二重のラインの癖をつける

デリケートな目元の皮膚や眼球を傷つけてしまう恐れがあるので、アメリカピンやUピンなどの先端が丸い部分で二重ラインの癖づけをする人もいますが、安全面を考えると綿棒の使用がベスト。しかし、どんなにソフトタッチの綿棒でも毎日、刺激を与え続けるのは皮膚への負担が大きく、赤く腫れてラインの癖づけを継続出来なくなってしまうことがあります。ワセリンやクリームなどを綿棒の先に塗って、出来るだけ瞼に負担をかけないように優しくなぞって二重のラインを引いて下さい。

ラインが引けたらラインの癖がつくように、上目遣いに目を見開くようにします。この状態で上目遣いをしながら眼球を左右に動かすことでラインがさらに定着しやすくなります。アイプチを併用することで更に、二重ラインが固定しやすくなります。

二重の線がしっかり定着するまでの期間は数か月~それ以上と個人差がありますが、整形せずにこの方法でクッキリ、パッチリ二重瞼になった人も大勢いるので、根気よく繰り返しトライしてみましょう。

上へ戻る