肌をきれいにする食べ物・野菜とフルーツでアンチエイジング

肌のトラブルは「肌のサビ」が原因です。肌のサビを予防・改善するためには、野菜やフルーツに含まれる抗酸化成分が必要です。グリーンスムージーや温野菜サラダを食べて美肌になりましょう!

肌をきれいにする食べ物・野菜とフルーツでアンチエイジング

肌のトラブルは「肌のサビ」が原因!?

「肌のサビ」は美肌の大敵!

肌の老化のサインである肌トラブルは「肌のサビ」が原因です。乾燥やシミ・シワ・たるみ・吹き出物などの肌のトラブルに悩んでいる方は、肌の中に「サビ」が溜まっているのかもしれません。

肌のサビ症状
深いシワ・たるみ
色素沈着
くすみ
シミ

呼吸で取り込まれた酸素・・・一部が活性酸素に

人間は呼吸によって酸素を取り込んで体内でエネルギーを作っていますが、その過程で活性酸素が発生してしまいます。活性酸素は体をサビさせます

活性酸素 → 体内の脂質を酸化させて「体のサビ(過酸化脂質)」にしてしまう

食用油をイメージすると分かりやすいかもしれません。新鮮なサラダ油は透明感があって臭いもありませんが、繰り返し揚げ物に使う内に茶色くドロドロになって変な臭いになります。これはサラダ油が酸化して過酸化脂質が発生したためですが、体の中でもこれと同じ事が起こってしまうのです。

肌のサビを防ぐには抗酸化成分を摂ろう!

活性酸素から細胞や組織を守るために、体内にはSOD酵素が存在します。SOD酵素には増えすぎた活性酸素を消して健康バランスを保つ働きがありますが、40代を過ぎると体内で生み出されにくくなってきます。
そこで肌を活性酸素から守ってアンチエイジングするためには、その酵素と似た働きをする、ビタミンA・C・E、β―カロテンなどの抗酸化成分を補給する必要があります。つまり、それらを含む食品が「肌をきれいにする食べ物」となるのです。

野菜とフルーツを食べてサビない肌に!

野菜とフルーツには抗酸化成分であるビタミン類やポリフェノールが含まれていますが、中でも緑黄色野菜には特に豊富に含まれています。美肌と健康のためには一日に350gの野菜を食べることが推奨されていますが、そのうちの120gを緑黄色野菜にすると理想的です。フルーツは一日200gを目安に食べましょう。

肌をきれいにする野菜

  • 青菜(ほうれん草・小松菜・チンゲン菜など)
    β-カロテン・ビタミンCや食物繊維・ポリフェノールの一種である緑色の色素成分クロロフィルも豊富
  • トマト
    強力な抗酸化作用・美白効果のあるリコピンを多く含む
  • にんじん
    βカロテン・αカロテンが多い。食物繊維も豊富
  • 赤ピーマン
    ビタミンC・E
  • キウィ
    ビタミンC・E

※ビタミンCはビタミンEの働きを助ける。同時に摂ると相乗効果アップ!

野菜・フルーツがたくさん食べられるメニュー

温野菜でたっぷり食べよう・・・ブロッコリー・にんじん・かぼちゃ・キャベツなど

野菜は加熱するとカサが減り、たくさん食べられます。
おすすめは温野菜サラダです。カロテンなどは油と一緒に食べる方が体に吸収されやすいので、ドレッシングをかけて食べましょう!

グリーンスムージで手軽に・・・小松菜・チンゲン菜・シソ・バナナ・りんごなど

ビタミンCはとても壊れやすいので、生で食べた方が効率的に摂取できます。グリーンスムージーは小松菜などの葉物野菜とフルーツと水をミキサーにかければ、あっという間に完成!簡単に作れるのに栄養たっぷりです。毎日飲み続けると、美肌効果はもちろんダイエットや便秘の解消などの効果も期待できますよ。1日1リットル飲むことが奨められていますが、最初はコップ1杯くらいからでも良いそうですよ。

お肌がきれいになるグリーンスムージー

グリーンスムージー(2人分)
【材料】小松菜2株・バナナ1本・キウィ1個・りんご1/2
【作り方】水200ccと材料をよく洗ってミキサーに入れ、撹拌する。ある程度なめらかになれば完成!

※レシピは1つの例ですので、お好みでいろんなグリーンスムージーをつくってみて下さい。

上へ戻る