赤ちゃん肌になる方法・頬ずりしたくなる肌つくる良い習慣

悪習慣で肌の調子を崩していませんか?赤ちゃんのようなプルプルのきれいな肌に若返ることができる新習慣は、今からでもできる方法です。正常な新陳代謝を促し、肌を綺麗にするキレイ習慣3つ!

赤ちゃん肌になる方法・頬ずりしたくなる肌つくる良い習慣

ツルツル赤ちゃん肌になる方法

ターンオーバーを繰り返し、常に新しい肌細胞が生まれ変わってつくられているのなら、いつまでも生まれたての赤ちゃんのようなきれいな肌であっても不思議ではありません。

しかし、年齢や生活習慣によってターンオーバーが正常に行われていない女性も多いのが現実。

そして、どんどん赤ちゃんのようなツルツルで綺麗な状態の肌とは程遠い、くすみや吹き出物、毛穴の開きが目立つボロボロの肌に…。美肌をつくるためのターンオーバーができていないのは、日ごろの積み重ねの結果なのです。

肌の状態が乱れる原因

肌の新陳代謝が正常におこなわれていない

つまり

赤ちゃん肌になるキーポイントは正常な新陳代謝

では、「みずみずしい赤ちゃん肌になる方法」を紹介します。

赤ちゃん肌になる3つのキレイ習慣

美しいお肌つくり

赤ちゃん肌になるには肌の水分量を増やし、正しいターンオーバーが行われる肌環境を整えることが重要。

毎日のスキンケアでたっぷり化粧水や美容液をつけても美肌効果を実感できないという人は、肌を根本から健康にしてきれいにする習慣を身につけ、赤ちゃんのような肌の若返りを目指しましょう。

1.正しい水分摂取で肌の水分量をキープする

みずみずしい赤ちゃん肌を目指すために「肌の水分量」はしっかりキープしたいですね。肌に蓄えられる水分とは体の中にある水分のこと。化粧水でいくら表面に水分を浸み込ませても体内がカラッカラの状態では根本的な解決にはなりません

肌の水分量を増やすため

1日約2リットルの常温に近いノンカフェインの水分を摂取する

水を飲む女性

そして、利尿作用があるカフェインが含まれるお茶やコーヒーの過剰摂取には注意が必要。カフェインを摂り過ぎると、場合によっては体内に取り入れた水分量よりも多く体外に尿として排出されてしまうことがあります。

また、大量の水分を一気に飲む方法は尿が出やすくなり、脱水を引き起こしてしまうのでNG。

効率的な水分摂取の方法

1日に必要な摂取量を数回にわけて飲む

2.食事と睡眠は正しい時間帯に摂る

美しい肌をつくるために欠かせないのが睡眠。しかし、睡眠をとってさえいれば綺麗な肌が手に入るとは限りません。ちゃんと「きれいな肌になる睡眠のルール」があります。

肌が新陳代謝を行うためには

「新しい細胞」を作らなければいけません

「新しい細胞」を作るためには

「成長ホルモン」が必要不可欠

睡眠中の女性

もっとも多く成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムは22時から1時までの3時間。しかし、血糖値が上がっている状態では、たとえゴールデンタイムでも成長ホルモンは十分に分泌されません

成長ホルモンの分泌を促すために

寝る前の飲食は3時間前までに!

3.食べ物から美肌効果がある栄養素を摂る

肌の成分はたんぱく質で、美肌をつくると人気のコラーゲンもたんぱく質のひとつ。それなの、にたんぱく質が豊富な肉や魚を食べずに麺類や菓子パンなど、糖質が多く含まれる炭水化物に偏った食生活のままでは、どんなに睡眠や水分補給に気をつけていても美しい肌づくりは実現しません。

肌の新陳代謝に必要な栄養素

ビタミンB2 や ビタミンB6

レバーはビタミンB2がたっぷり含まれております

ビタミンB2が多く含まれる食品といえば豚や牛のレバー。ビタミンB6は同じくレバーやマグロに多く含まれています。アンチエイジングの食材として女性に人気のアボカドには「若返るビタミン」と呼ばれる「ビタミンE」が豊富です。身近なところに美肌に効果がある食材がいっぱいです。

良い習慣は続けるほど赤ちゃん肌になれる

これらの綺麗な肌になれる方法は、どれも難しいものではありません。今までの悪習慣を見直すことが赤ちゃん肌になる方法。ハリのある、若くて美しい肌を取り戻すため、3つの習慣を意識して生活を改善しましょう。

上へ戻る