【ほうれい線の消し方】対策と予防で見た目10歳若返らせる方法

突然現れたほうれい線(だってこの前までなかったもん!)を効果的に撃退して、見た目年齢をグンと下げちゃいましょう!!美活は1日にして成らず。でも緊急対処法もあるんです。

閲覧数
25,157
【ほうれい線の消し方】対策と予防で見た目10歳若返らせる方法

ほうれい線を消して、若々しい顔を保ちましょう

見た目の年齢を確実に10歳は老けさせるほうれい線。
ある日突然、自分の顔に発見したら落ち込みますよね。

放置するとだんだん深くなっていくので、ほうれい線は発見したら即撃退!しましょう。

劇的な効果のある対処法から、予防法までを紹介します。
いくつかを上手に組み合わせて、自分に合った「ほうれい線の消し方」を続けたいものですね。

ほうれい線の対処法

コラーゲンを摂る

体質にもよりますが、コラーゲンは即効性が期待できます。
最も手軽で出来てしまった法令線に効果ありの方法といえるでしょう。

コラーゲンは、筋肉などの組織を作るのに必要なたんぱく質の素です。
これを効率良く摂取できる栄養補助食品がおすすめですよ。

毎日の飲み物や食事に入れて、手軽に継続してコラーゲンを摂り続けたいものです。

顔のマッサージ

ほおには表情を動かすのに重要な筋肉がありますが、これが硬くなったり周辺に老廃物がたまったりするとほうれい線につながります。

この筋肉をほぐして、ほうれい線を薄くする方法です

ほうれい線を発見してしまった女性

口の中に親指を入れ、外側は人差し指と中指でほおの筋肉を挟むようにつかみます。

ほうれい線を親指とそれ以外の指で挟む

つかんだ指を左右に小刻みに5回ほど動かしてマッサージします。

ほうれい線を消すマッサージ

場所を変えて6~8カ所ほどやると効果的ですよ。

ほうれい線の予防法

姿勢を正す

スマホやPCの使いすぎで、いつの間にか「スマホ顔」になっていませんか?!
猫背やあご出しなどゆがんだ姿勢は、顔や首のたるみを加速させます。
影響がでるのは、ほうれい線だけではなく、二重あごにも。

背筋はまっすぐ、姿勢を正して、顔は正面を向きましょう

やさしく洗顔

メイクをオフするとき、無意識にゴシゴシこすったりしていませんか?
皮膚の引っ張りは、ほうれい線やシワを加速させてしまうので要注意ですよ。

メイクはやさしく落とすことを心がけて
ばっちりマスカラは、クレンジングをしみ込ませたコットンなどをそっとお肌にあてて溶かすようにすると無理なく取れます。

顔全体を落とす時は、クレンジングをたっぷり使って手で優しくなでるようにしてください。

よく噛んで食べる

ほうれい線が現れるのは、顔の表情筋が弱ってきた証拠。
なので、表情筋を鍛えましょう。

食事の時に、1口につき、いつもより5回多くかむだけです

噛むことで満腹中枢も刺激されるので、この方法はダイエットにも効果がありますよ。
「食事のたびに数えるのがめんどう!」という人は、1日に20~30分ぐらい意識的にガムを噛むのも効果的です。

ほうれい線予防にとって大切な顔の表情

「笑う人はほうれい線ができやすい」と言いますが、あながちそうとも言えません。

ほうれい線は顔周りの筋肉の衰えや緊張、たるみなどが引き金になっておこるため、表情を良く動かす「笑う」という行為は逆にほうれい線を消す効果があると言えるのです。

「笑顔」を予防法に追加して、素敵な毎日を送りましょう。

[
]