居酒屋ダイエット中の食べ方・飲み方・メニュー選びのコツ

居酒屋へダイエット中なのに行くことになった時って困りますよね。実は、外食続きで太っちゃうのは「注文する順番」と「メニューの選び方」に問題がありました!飲み会へ気軽に参加できるテクニックを紹介します。

居酒屋ダイエット中の食べ方・飲み方・メニュー選びのコツ

ダイエット中の居酒屋も怖くない太らない食べ方

お家でご飯を食べるヒマがないくらい、合コンや女子会などの友達付き合いや会社の同僚との飲み会など、何かと外食の回数って多くなりますよね。

ですが、ある日ぽっこりとお腹についた脂肪を見たり、久しぶりに体重計に乗ったら増えていることもあり、気持ちがへこみますよね。

高カロリーな食べ物ばかりで太るイメージが強い外食ですが、以下の2つに気をつけることが大切です。

  • オーダーの順番を意識する
  • メニューのカロリーを知っておく

そこで、ダイエット中に居酒屋へ行くことになった時の「メニュー選びのコツ」や「減量中の居酒屋ダイエットエピソード」を紹介します。

お酒を注文するときの基本

居酒屋といえば『最初はビール!』が定番ですが、2杯目以降のお酒選びに気をつけましょう。

ビールに限らず、口当たりがよくて飲みやすいものはつい飲み過ぎてカロリーオーバーになりやすいので注意してくださいね。

1.ゆっくり飲めるお酒を頼む

焼酎

グイグイ飲めないお酒を頼むことで「飲み過ぎ」をセーブすることが出来ます。糖質を含まないお酒(焼酎など)がオススメです、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は糖分が無くダイエット中に最適なお酒です。

ですが、ストレートで飲めない時の「割る材料」に注意が必要で、コーラなどのジュース類を混ぜると糖類が加わります。また、口当たりが優しい「梅酒」や「甘いカクテル」も糖質が高いので注意してください。

お茶や水、炭酸を混ぜたり、一緒に飲むことで酔いも回りにくくなりますよ。

カロリーを考えて居酒屋メニューを注文する

注文するメニューで全てが決まりますよ、アッサリしたものを少しずつ追加していくことがダイエットを勝利に導くオーダーの仕方です。

お腹が空いているので『とりあえず』と、テーブルに乗り切らないほど注文するのはアウトです!はじめにガツンと行きたい気持ちを抑えて食べ過ぎを防止しましょう。

1.先に食物繊維をたくさん摂る

野菜スティック

「野菜スティック」や「枝豆」などの食物繊維を含む食べ物を先に食べておくことで、お腹がふくらみ満腹感を感じることができるので、後々の暴飲暴食を防ぐことができます。

また低GIの枝豆やトマトなど血糖値の急上昇を防ぐ野菜は特におすすめです。

2.野菜サラダの「ドレッシング」に注意

シーザーサラダ

「チーズドレッシング」をたくさん使っているシーザーサラダ「マヨネーズたっぷり」のポテトサラダ、マカロニサラダは取りすぎるとカロリーオーバーになりがちです。

「ノンオイルドレッシング」や「レモン汁」など、カロリーの低いドレッシングでサラダを食べてみましょう。

3.肉や魚は脂肪分が控え目の物を選ぶ

牛肉なら脂肪分の多いサーロインよりヒレ、豚肉もバラ肉やロースよりはヒレ肉を選ぶことで摂取カロリーの低下が望めます。また、焼き鳥も部位ごとにカロリーが変わりますので注意してくださいね。

高カロリー順に並べた焼き鳥の種類

・皮
・モモ
・手羽
・つくね
・ねぎま
・レバー

下に行くほど低カロリーになっていくので「レバー」や「砂肝」など脂肪分が少ないものを選ぶといいでしょう。

味もタレより、塩コショウやレモン果汁ならカロリーも抑えられてヘルシーですね。

手羽串


魚もトロなど脂が多いモノよりは、白身魚やイカ、タコなどのヘルシーなモノを選んでください、肉と魚の両方に言えますが、調理法でもカロリーが変わってきますよ。

高カロリー順に並べた調理法

・揚げる
・炒める
・煮る
・生
・蒸す
・茹でる

どうしても揚げ物を選びたい時は「フライ」よりも「から揚げ」のほうが衣も薄く比較的ヘルシーとなります。

減量中の居酒屋ダイエットエピソード

料理を取り分ける役に徹しています

ダイエット中に居酒屋へ行く時は、噛みごたえがあって満腹感が得られる「ぶつ切りきゅうり」やタンパク質も摂取できる「冷や奴」を食べています。

また、どうしてもお肉が食べたい時は「鶏肉ささみ蒸し」などを注文しています。


食べ過ぎないようにするとストレスになるので、よくしゃべってお箸を置いたり、お通しをつまみにして飲み続けます。

あとは、さり気なく取り分ける役に徹し、自分の分は食べてもOKな物を考えてとりわけ、お酒が必要以上に進まないように「味の濃いもの」は避けています。

みんなに知られずにダイエットが出来るので、一石二鳥です。

飲み物を2杯目以降はソフトドリンクにします

海藻サラダや枝豆、浅漬け、湯豆腐などでお腹を満たし、それでもお腹が満たされない時は「野菜を中心にしたメニュー」か「スープ」を注文して満腹感を高めています。

また、メニューにカロリーが表示されていれば、それを参考にしながら決めています。


食べ物よりも、飲み過ぎでカロリーオーバーになることが多いので、なるべく炭酸系のカロリーの低いものでお腹を膨らませています。

仕事での付き合いなど、どうしてもお酒を飲まなければならない時は、1杯目にアルコールを飲み、2杯目からはさり気なくウーロン茶に切り替えています。

炭酸系の飲み物でお腹を膨らませると、食べ過ぎも飲み過ぎも防止できるのでダイエット中の居酒屋でも安心です。

ソフトドリンク

居酒屋に行く前に春雨スープを食べていきます

サラダなどの野菜系のメニューを中心に食べ「シーザーサラダ」より「15品目野菜サラダ」など、ヘルシーなものを食べています。

また、スープ系のものはお腹を膨らませてくれますし、温かいので代謝も上げてくれます、特にオススメなのが「チゲスープ」で、唐辛子の「カプサイシン」と、豆腐の「イソフラボン」など、女性に嬉しい栄養素が入っているのも嬉しいポイントです。


居酒屋に行く前に「こんにゃくゼリー」や「春雨」など、ヘルシーなのにお腹が膨らむものを食べていくと、食べ過ぎも飲み過ぎも防止できますよ。

あとは、ゆっくり噛んで食べることも大事で、早食いは暴飲暴食のもとになります。

我慢しすぎるとストレスに繋がるので、自分が本当に食べたいものを1つは取り入れること、食べることよりも会話に夢中になることで、ダイエット中の居酒屋もストレス無く過ごすことが出来ます。

シメのご飯は慎重に選んで

お茶漬け

お酒を飲んだあとは、ラーメンやチャーハンなど濃い味のものを食べたくなりますが、せっかくカロリーを抑えたメニューを選んだ苦労が水の泡になりますので、出来るなら「シメを食べない」か「雑炊やお茶漬け」など、さっぱりとしたメニューを食べてくださいね。

上へ戻る