重曹洗顔・パックやり方・肌のくすみ解消スペシャルケア

料理や掃除で日常的に使っている重曹が、実は美容アイテムとしても高い効果があるのです。洗顔やパックなど、気軽に使えて、しかも安心な天然素材である重曹のチカラを紹介します。

重曹洗顔・パックやり方・肌のくすみ解消スペシャルケア

重曹で洗顔&パックすれば透明肌になれる

スーパーやドラッグストアでも気軽に購入できる重曹は、お菓子やパンを膨らませるときに食用しても使われるベーキングパウダーのこと。「安全性が高いもの」ということで、家庭用品や食器などをピカピカにしたり、お風呂掃除にも使われる便利なアイテムです。

重曹は天然素材なので、安心な日常の美容アイテムとして使うことができます。ただし「薬用・食用・工業用」の3種の重曹がありますが、安全のために「工業用」の使用はNG!これだけは守って下さいね。

また、重曹洗顔やパックなどは作り方もやり方も簡単。毛穴の汚れが黒ずんでしまった「いちご鼻」の解消や、元気のない「くすんだ肌」に透明感を与えてくれると話題の美容法です。

1.頑固な角質「かかと」や「肘」を重曹でピーリング

重曹は鍋の焦げつきやこびりついた汚れなどを落とす時にも使うくらい、研磨効果が高いものです。この効果を利用して、肘やカカトのお手入れをサボり、厚くなってしまった古い角質を落として、新しい肌の再生を助けるピーリング剤として使うことができます。

肘に重曹を塗る

重曹パックのやり方

1.肌をしっかりお湯で濡らす
2.水を加えてペースト状にした重曹を肌に塗布する
3.ゆっくり優しく肌の上を滑らせるようにする
4.流水で重曹を洗い流す
5.たっぷりと保湿する

重曹ピーリングの注意点

ゴシゴシ擦らない!
重曹を肌に塗った状態で長時間、放置しない!
皮膚の薄いところや肌が敏感な部分には使用を控えましょう。

2.重曹で洗顔

毎日の洗顔に使うのではなく「月に何回かのスペシャルケア」として使いましょう。重曹は洗浄効果が高いので、使いすぎると肌に必要な潤い成分まで奪ってしまい、乾燥などの肌トラブルの原因に。

洗顔料と重曹をしっかり混ぜよう!

1.いつも使っている石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てる
2.その中に重曹をひとつまみ加えた後、さらに泡立てネットを使いよく混ぜる

泡を肌にのせた後は擦らずに、ホイップ状になった泡を肌に押し当てるようなイメージで小鼻など毛穴が気になる箇所に触れてください。しっかりお湯で洗い流して、十分な保湿をしましょう。

3.重曹で肌パック

顔のくすみや汚れを落としたい時に、重曹を水で溶いて「パック」として使うこが出来ます。人によっては、肌にのせるだけでも肌の色がワントーン明るくなるくらいの効果が出ることがあります。

肌パックイラスト

重曹パックの材料

重曹 大さじ2
水  大さじ1~2

作り方は、手のくぼみに重曹を置いて、少しずつ水を混ぜ合わせるだけでOK!クレイパックの粘土を目安に、肌にのせてタラタラと滑り落ちないくらいの粘度を保ちましょう。

黒ずみが気になる小鼻や頬など、くすみがちな部分に塗ってから10~15ほど置いた後、ぬるま湯で重要が肌に残らないようにしっかり洗い流します。

重曹パックの注意点

顔に重曹を使うときは、絶対に肌を擦らない!
肌にのせてから、長時間放置しない!
1~2週間に1回を目安に、やり過ぎない!

重曹風呂で毛穴掃除と体臭予防

ボディケアにも重曹を取り入れましょう。重曹を溶かしたお湯で入浴すれば、手が届かない箇所の毛穴の汚れをキレイに落としてくれます。

こんな使い方で「臭い予防」

1.「うがい」で口臭予防
2.「入浴剤」と混ぜて、体臭予防
いずれも水に溶かすだけなので簡単です

重曹には洗浄効果や研磨効果以外にも消臭効果があるといわれ、環境にも体にも安心です。正しい使い方をして美容に取り入れてみて下さい。

 

上へ戻る