手作りボディスクラブレシピ!美肌は身近なもので作れちゃう

自宅にある材料で簡単につくれるボディスクラブのレシピを紹介。
擦らなければ体以外に、フェイスパックとしても使えるスクラブは肌がとっても潤いますよ!
「やり過ぎない」ルールは必ず守って、キレイな肌を作ってくださいね!

手作りボディスクラブレシピ!美肌は身近なもので作れちゃう

パックとしても使えるボディスクラブの作り方

美肌のためには肌をこするのはNG。
だけど、『ツルンとした肌のために角質ケアもたまにしたい』という時に、擦る負担がすくない優しい『手作りボディースクラブ』を紹介します。

スクラブを使うときの基本

角質をとりのぞく目的のスクラブでも、やり過ぎは角質を厚く、硬くするので肌には逆効果。

ゴシゴシ「こする」のではなく、優しく「なでる」のが、スクラブの正しい使い方です。
どんなに潤い効果があるスクラブでも、肌には負担がかかります。

ゴマージュするのは週1回程度にとどめましょう!

肌を擦らないならパックとして顔にも使えますよ!

ソルトスクラブ

殺菌作用と引きしめ効果が期待できる塩を用いたスクラブは、エステ等でも用いられています。

材料と作り方

  • オリーブ油(またはハチミツ)

それぞれを1:2の割合で混ぜる。

肌の状態にあわせて塩の粒の大きさを選ぶのが、効果的な『ソルトスクラブ』を作るコツ!

アルペンザルツなど、細かくてサラサラした塩は肌を柔らかくします。
粒があらい粗塩は足裏のかかとの角質ケアなどに適しています。

りんごスクラブ

りんごスクラブ材料
材料 分量
りんご
1個
ヨーグルト
60g
はちみつ
大さじ2

作り方

  • 林檎1個をジューサーにかけて絞る(擦りおろし器具でもOK)
  • 絞ったりんごのカスに、蜂蜜とヨーグルトを混ぜる

米ぬか & ガスール & バナナスクラブ

毛穴の汚れを吸着するガスールと保湿効果のある米ぬか、ビタミンCを豊富に含むバナナが肌をツルンとします。

ガスール

バナナスクラブ材料
材料 比率
ガスール
バナナ
米ぬか
精製水

作り方

  1. 重さの2倍の水でガスールをのばして、米ぬかを混ぜる
  2. つぶしたバナナを混ぜる
  3. 精製水を入れて、耳たぶの柔らかさになるまでコネる

シュガースクラブ

保湿効果が抜群の『シュガースクラブ』は、唇もぷるんぷるんになると大人気。

シュガースクラブ1
材料 比率
砂糖
オリーブオイル
シュガースクラブ2
材料 比率
砂糖
はちみつ

作り方

  • 砂糖とオリーブ油、または蜂蜜を混ぜる

黒胡麻スクラブ

酸化を防ぐ効果がある黒ゴマは、スクラブに使用する直前に「する」こと。

黒胡麻スクラブ材料
材料
すり黒ごま
大さじ1
洗顔料
1回分

作り方

  • すった黒ゴマを洗顔料に混ぜて泡立てる
上へ戻る