美容の記事一覧

年齢を重ねても女性らしい美しい体を保つことができます。毎日ロードワークをしたり、ジムで何時間も鍛えて筋肉モリモリの体を作るのではなく、しなやかで柔らかさを持った美しい体を作るにはどうすればいいのか?普段の生活のなかで出来る美容法を紹介します。


オールシーズン毎日のスキンケアグッズとしてUVケア商品が使われていますが、家に帰って肌に残らないようにしっかり落としていますか?日焼け止めクリームなどの成分を肌に残したままでいると、美肌づくりを妨げるトラブルの原因に!


口呼吸をしていると体調不良だけでなく、顔が変形してしまったり口が臭くなってしまったりと、見た目にもよくない影響があるのです。鼻呼吸にすることでどのような効果があるのか紹介します。


メイク時間が短縮やスッピンでも大きな目が強調されるなどで「まつ毛エクステ」をつける女性が増加中。でも、サロン選びを間違えてしまったり自分でマツエクを試したときは角膜を傷つけ失明しちゃうリスクも…。瞼が腫れるなど目のトラブルの可能性が!


年齢を重ねてできたしわや顔立ちは、その人の性格から作られているものです。目元や口元などを見ることで、その人の考え方や習慣がわかります。人にいい印象を与え、自分も楽しくなるためには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。


お肌や体をきれいにするためには、お風呂に入ってタオルやたっぷりのボディーソープで体をごしごし念入りに洗うのは当たり前!?美肌のためには、その習慣を今すぐやめましょう!肌力がよみがえって潤ってくる、体の洗い方を紹介します。


後ろ姿がきれいだと、それだけで美人度アップ!メイクで作る美しさだけでなく、背中から美しさを漂わせる女性を目指すため、今すぐ始められることを紹介。テレビを観ながらでも通勤途中でも、ちょっと意識するだけで見違える背中になれるはず!


「肌の潤いが足りない」と思ったときに、自宅でパッとできる簡単パックや美容法などを紹介。もちろん使用するスキンケアアイテムは、プチプラな化粧水や乳液でもOK。顔のたるみ改善には、自宅にある「あれ」を活用すればスッキリフェイスが手に入ります!


よく見ると、若い頃に比べて鼻が大きくなっているような気がする……。それは、加齢や日々の何気ない習慣の蓄積が「顔のカタチ」となって表れているのかもしれません。鼻の穴や小鼻が大きくならないように気をつけたいポイントや小さくする方法を紹介します。


疲れ目など、目の周辺の筋肉が凝っていることは実感できますが「オデコの凝り」に、注意してみたことはありますか?「最近、目が小さくなってきたかも…」という、その悩みの原因は「額(おでこ)」がカッチカチになっているからなのかも!


食物アレルギーといえば、特定の食べ物を食べた直後に起こるアレルギー反応を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、「遅延型フードアレルギー」は、遅いと1週間経ってから発症するのが特徴。実は気付かないうちに、あなたも発症しているかもしれません。


お掃除以外にもさまざまな用途が注目されるようになった「重曹」は、お菓子づくりをする女性にとっては「ベーキングパウダー」としても馴染がありますね。実は洗顔やピーリング、歯のクリーニングなど美容面の効果も期待できるのです!


上半身に比べて下半身が太っている、脚がいつもむくんでいるという人は要注意!骨盤の歪みが、ぽっこりお腹や下半身太りを引き起こしているのかもしれません。簡単な骨盤矯正ストレッチで、すっきりとしたボディラインをキープしましょう!


人間の顔には必ずいるといわれる顔ダニ。最近では、この顔ダニを繁殖させるために顔を洗わないでおくという美容法を実践している女性もいるそうですが、本当に効果があるのでしょうか?顔ダニがいることのメリットとデメリットを紹介します。


肌をきれいにするために毎日「良い」と思って実践しているスキンケアが、実は肌のトラブルを促進しているかも知れません。肌を傷つて乾燥を悪化させる恐れのある、止めたほうがいいNGスキンケア方法とは?


最近、まつげが短くなったり、薄くなったと感じたら要注意!意外な理由で、抜け毛や切れ毛がおきているのかもしれません。ここで紹介するまつげが抜けたり、切れたりする原因を参考にして、元のフサフサのまつげを取り戻しましょう!


ウォータープルーフタイプのアイライナーやマスカラで目元にボリューム感を出し、綺麗なカラーのアイシャドウを塗ることで華やかな印象を作るアイメイクが、目元のしわや色素沈着の原因になり老けた顔を作っているかも知れませんよ。


一日つけていたメイクは化粧成分だけでなく汚れも付着しているものです。そのメイクオフせずに寝てしまうとニキビや吹き出物の原因になっちゃいますよ。では、その翌日、どのようなスキンケアをすれば肌の回復を助けられるのかを紹介!


日焼け止めや季節に合わせた化粧水やアイシャドウなどのコスメは、なかなかワンシーズンでは使い切れないものです。開封済みの古くなった化粧品は、いつまで使えるのでしょうか?コスメの使用期限やリスク、保存方法などを紹介します。


毎日の肌のお手入れが、実はニキビや乾燥肌などの、肌トラブルに原因になっているかもしれません。あなたの肌の手入れの仕方は間違っていませんか?ここで紹介する6つの肌トラブルにつながる肌のお手入れ法を参考に、ツルツルの美肌を目指しましょう!


きれいな肌を作るためには、いい化粧水やバランスの摂れた食事も有効ですが、もっと効果的なのは、女性の生理の周期に合わせたスキンケアの見直しです。1ヶ月に一度、肌をリセットできるタイミングとは?美肌になるために、その時期に試したいことを4つ紹介!


二の腕や背中、お尻や太ももなどにできるブツブツの原因には、どんなことがあるのでしょう?はっきりした治療法がないと言われていますが、きれいになるという噂の方法があるようです。ツルツルのきれいな二の腕になるための改善方法を4つ紹介します。


普段自分では状態をチェックしにくい「ひじ」。自分は気づかないだけで、意外と人からは厳しいチェックが入っていますよ!「見えにくい部分」のお手入れが行き届いているのが素敵な女性の必須条件!簡単なお手入れで肘の黒ずみを解消しましょう。


最近は「美魔女」に代表されるように、エイジレスで年齢を感じさせない美しい女性が増えています。「若く見えて美しい人」が実践している方法と「年齢の割に老けて見える人」の原因を紹介。


目の表情や視線で相手にインパクトを与える人は「目ヂカラのある人」と言われますが、実は簡単に鍛えることができるのです。また、カラコンが苦手な人でも「あること」をすると「瞳」を大きくすることが可能。目力アップするとモテ始めちゃうかも!


「顔がタイプだった女性の手を見てガッカリした」という意見もあるほど、多くの男性が女性の「手」をチェックしています。しわやシミ、血管だらけの手になってしまうと、女性としての自信も喪失してしまいます。ハリと潤いのある綺麗な手になる方法を紹介。


日頃当たり前の様に使っている化粧水ですが、なんとなく化粧水を使っているあなたは損をしているかも?化粧水はスキンケアの基本のき!使い方を少し見直すだけの、化粧水が肌にしっかり行き渡ってうるうる美肌に導く方法をご紹介します!


20代以降の大人の間でデコルテにできるニキビに悩む女性が増えています。衣服の摩擦などといった刺激にさらされやすくなかなか治りづらいデコルテニキビは原因を徹底追及するのが改善の第一歩!人の目にも付きやすいデコルテだから早くきれいにしたいですね!


脇の黒ずみが気になって薄着が出来ない…暑い季節の悩み、脇の黒ずみの原因は刺激と沈着してしまった色素なのです。脇の黒ずみを効果的に解消するスキンケア方法をこっそり続けて、今年の夏は脇に自信を持って薄着を楽しみましょう!


多くの女性が悩む毛穴のトラブル、角栓・黒ずみ・開きなどは本当に手強い!これらの肌トラブルを解消するには毛穴をキレイにしてから引き締めることが大切。安価な保冷剤を使って、エステサロンにも劣らないスキンケアで毛穴レスな美肌を目指しましょう!



上へ戻る