大根足を卒業・自然と脚を細くするために見直すべき6つの習慣

細くて長い美しい脚にあこがれながらも、ダイエットを頑張っている女子は多いですよね。自然な細さを目指すなら、むくみを取ることも極意のひとつです。NG習慣を改善させて美しい脚を手に入れてください♪

大根足を卒業・自然と脚を細くするために見直すべき6つの習慣

もう大根足なんて言わせない!
美しい脚を手に入れる方法

「大根足」に悩み、美脚を目指している女性は多いのではないでしょうか?。

若い女性のなかには『だいこんあし』なんて聞いたことがないという人もいるかも知れませんね。「大根のように白くて美しい足」といった褒め言葉?いいえ、そうではありません。

これは「まるで大根のように太い足」のことを表している言葉なのです。


足が太くなってしまう原因は「ふくらはぎの筋肉がつきやすい」「生まれつき骨が太い」など遺伝的な要素も影響しますが「むくみ」が足を太くしていることも多いのです。

日ごろの何気ない動作や生活習慣などにより起こりますが、むくみを放っておくとどんどん足が太くなってしまうこともあります…。

大根足をスッキリとした脚にするために見直したい、日ごろの動作と生活習慣を紹介します。

思い当たる人は、すぐに改善するよう気をつけてくださいね。

1.長時間の同じ姿勢でいることが多い

ずっと座った姿勢の女性

立ち仕事が多い
足を組む
座っている時間が長い

これらの習慣に思い当たることがあるなら要注意!

立ったままの状態では血液の循環が悪くなるだけではなく、重力に負けた血液中の水分や老廃物が下半身に溜まりやすくなっています。

また座ったままの状態は、これに加えて血管が圧迫されるために血行が悪くなります。

さらに、いつも同じ足ばかりを組んでいると片側だけに体重がかかるため、足の太さが違ってくるように

長時間同じポーズでいることのダメージ!

  • 血栓ができる
  • 身体のゆがみにつながる

2.身体を締めつける服を着ている

身体を締め付ける服

細めのボトムを履くことが多い
ウエストがきつく締められた服を着ることが多い
体に合っていない小さいサイズの下着をつけている
締め付けがきつい下着をつけている

衣類や下着で必要以上に体を締め付けると血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。

血流が悪くなると血栓ができやすくなったり、むくみの原因に!

3.塩分の多い食生活をしている

塩分の多い食事

外食をする機会が多い
お菓子類が好きでよく食べる
インスタント食品や冷凍食品、加工食品をよく食べる

これらに思い当たる人は、塩分を摂り過ぎている生活を送っていることが多いのです。

塩分を摂り過ぎると体内の塩分濃度が上昇します。すると身体は塩分濃度を一定に保とうとするため水分を欲しがります。

この作用により必要以上に水分を摂取することになり、むくみを促進させてしまうのです…。

4.冷え症である

冷え性の女性

冷え性は、手足の冷えだけではなく様々な症状を引き起こします。

疲れやすい
風邪を引きやすい
腹痛や下痢が多い
頭痛・肩こりがひどい

これらの症状に悩まされている人は冷え性である可能性があります。

身体や内臓が冷えると血流が悪くなります。すると、心臓からもっとも遠くにある足の血液循環が効率よくできなくなることが多いので老廃物や水分がたまりやすくなります

なので、血液循環が悪く水分や老廃物などがリンパや静脈などに排出されない状態が続くと、どんどん体内に溜まる一方に…。結果的に足がパンパンにむくんでしまうのです

5.ストレスを溜めこんでいる

タイトル

ストレスとむくみは一見すると無関係のように思えますが、実は大きな関係があります。

  1. ストレスがたまる
  2. 呼吸が浅くなる
  3. 酸素が十分に行き渡らなくなる
  4. 血行が悪くなる
  5. むくみを引き起こす

また、ストレスを感じると「コレチゾール」と呼ばれるホルモンが分泌されます。

このホルモンにはこのような効果があります。

  • 成長ホルモンの分泌が抑制されるため、代謝が悪くなる
  • 食欲を抑える働きを持つセロトニンが低下するため食欲が増す
  • インスリンの働きを低下させるため体脂肪が蓄えられやすくなる

などの働きがあるため、むくみやすくなるだけではなく太りやすくなってしまうのです。

6.足に負担のかかる靴を履いている

  • 偏平足や外反母趾になったことがある
  • 高いヒールのシューズばかり履いている
  • 足の裏にタコやウオノメなどの症状を繰り返している

これらに思い当たる部分がある人は足に無理な負担がかかっていることが原因かもしれません。

足に負担のかかる靴を履いたり、変な歩き方をしていると体が無意識にバランスを保とうとします。

結果として足首やふくらはぎなどに余分な筋肉がつき、筋肉疲労の予防のため足全体に脂肪がたまりやすくなってしまうのです…。

“ただのむくみ”と油断してはキケン!

足のむくみには数時間から1日で治る一過性のものと、何日も続き改善される気配のない病気のサインになるものがあります。

腎臓の病気
肝臓の病気

など、内臓の病気が原因でむくみが発症しているケースもありますので、むくみケアをしているのに改善しないという場合は医療機関を受診することをオススメします。

身体からのSOSサインを見逃さずに健康でいることを心がけてくださいね♪

上へ戻る