髪ツヤツヤ!傷みを防ぐ!【おすすめの紫外線対策&ヘアケア】

髪の毛は思っている以上にデリケート。紫外線によるダメージによって、きれいだったはずのつやつやの髪が、あっという間にパサパサになってしまうのです。忘れて後悔しないために、しっかり対策をしてあげましょう。

髪ツヤツヤ!傷みを防ぐ!【おすすめの紫外線対策&ヘアケア】

紫外線対策でツヤツヤでさらさらの髪をキープ!

夏の暑い季節に多いと思われがちの紫外線は、実は4月あたりから増え始め、7~8月の間にピークをむかえます。そのため、暑い夏だけでなく春から秋にかけて、しっかりとした紫外線対策が必要です。

また、顔や手足にはしっかり日焼け止めを塗ったり、目にはサングラスをかけたり、対策はしっかりとしているという人は多いようですが、意外と知られていないのが髪の毛の紫外線対策。髪の毛は肌と同じように、紫外線のダメージをうけています

紫外線が髪の毛へ与えるダメージ

髪のツヤを守るキューティクル

大きく3つの層に分かれている髪の毛は、外側を覆うキューティクルによって内側の組織が守られています。健康な状態の髪の毛は、ウロコ状のキューティクルのキメが揃っているので、表面がツルツルとしていることから光を反射して美しい光沢を放ちます。

ところが、紫外線を浴びることによって、キューティクルのタンパク質が変化してしまうと、ウロコがめくれあがったり剥がれたりするせいで、切れやすくなったり、内部がスカスカになって乾燥したパサパサの状態になってしまうのです。

また、髪が紫外線から受ける影響は蓄積されて、時間をかけて徐々に表れてくることから、髪の毛をきれいな状態に保ちたいのなら、今すぐにでも紫外線対策を始めることをおすすめします。

ダメージから髪を守るおすすめの3つの紫外線対策

太陽から降り注ぐ紫外線は、UVAとUVBの2種類が地上に到達しています。オゾン層や雲に吸収されやすいUVBに対して、UVAは雲やガラスを通過してしまうことから、曇りの日でも紫外線対策は欠かすことはできません

紫外線の強い季節は、ここで紹介する紫外線対策を普段から習慣づけて、紫外線のダメージから髪や頭皮を守る必要があります。

対策1:外出の際は必ず帽子または日傘

外出の際の髪の毛への紫外線対策では、帽子や日傘が有効です。帽子を選ぶ際は、紫外線をしっかりシャットアウトできるかどうかを注意して選びましょう。特に髪の長い人は、髪の毛全体をカバーできる大きめのつばの帽子をおすすめします。

外出時は必ず、帽子または日傘で紫外線を防止しましょう。

日傘の女性

また、屋外を歩く際、地面からの照り返しの紫外線を防止するためには、日傘を欠かすことはできません。日傘は、UVカット率や遮光率の高い素材のものを選ぶほか、紫外線の照り返しが少ない黒い生地を傘の内側に使った製品が、おすすめです。

対策2:屋内の紫外線はUVカットスプレー

髪型が崩れてしまうので帽子はかぶりたくないという人や、日中日当たりが良い部屋で過ごすことが多いという人には、髪の毛への紫外線をカットしてくれるヘアスプレーの使用をおすすめします。

紫外線は普通のガラスを通過するので、屋内でも紫外線対策は必要です。

UVカットスプレーは美容院やサロンで扱っているほか、最近は、紫外線カット成分が配合されたヘアスプレーや、身体と髪の毛の両方に使えるタイプがドラッグストアでも手に入ります。朝出かける際や昼間の外出時に吹きかけるだけ、髪を紫外線から守ってくれます。

対策3:髪の分け目や結び方を変える

内側の髪の色に比べて、表面の髪が茶色っぽいという人は要注意。髪が紫外線の影響を受けて変色してしまっているのかもしれません。いつも同じ髪型の人は、決まった場所に紫外線を受けることから、同じ場所でダメージが蓄積されやすいのです。

頭皮が紫外線を浴びると、抜け毛やたるみにつながります。

紫外線ダメージがいつも同じところに蓄積されることを防ぐには、分け目を変えたり、編み込みやアップスタイルなど髪型を変えることをおすすめします。紫外線ダメージを分散されるので、特定の場所がダメージを受けることを防止できるはずです。

ダメージを悪化させないためのおすすめヘアケア3選

一度、傷んでしまった髪の毛は、残念ながら元の状態に戻すことはできません。ただし、ヘアケアすることで、ダメージによる影響を抑えることができることから、日頃からしっかりとしたケアをおすすめします。

髪の毛は紫外線のダメージを受けると、内部のタンパク質がもろくなってしまうので、優しく扱うことがポイントです。

シャンプー前に丁寧に梳かす

紫外線でダメージを受けた髪の毛は、切れやすくなったり乾燥しがち。濡れた状態で摩擦などの力が加わると、ますますダメージが広がってしまうのです。

シャンプー前に髪をとかしておくと、ホコリや汚れが落ちやすくなります。

シャンプー前の髪すき

特に、髪の毛の絡まりやもつれは髪を痛める原因になることから、あらかじめシャンプー前にしっかり梳かしておくことで、余計な負担を減らすことができます。

補修効果のあるトリートメントを使う

紫外線のダメージを受けた髪は、主成分のタンパク質内部の結合が弱まったり、切断された状態になります。補修効果のあるトリートメントによって弱くなった結合を強化されるので、ダメージヘアにツヤと取り戻すことができるのです。

トリートメントを使用する際は、表示されている使用方法をしっかり読みましょう。

トリートメントは、シャンプー後に髪全体につけて指定された時間放置します。待っている間、ラップや蒸しタオルを頭に巻きつけるとさらに効果がアップします。すすぎ残しは髪や頭皮の負担になるので、余計なヌメリがなくなるまでしっかり洗い流しましょう

濡れた髪は優しく丁寧に扱う

早く乾かしたいからといって濡れた髪の毛をタオルでゴシゴシとこすってしまうと、髪の毛の傷みがひどくなってしまうので、濡れた髪の毛の水分を吸い取るように、タオルで優しく押さえる程度で十分。また、髪をとかす際は優しくブラシやくしを通すことを心がけましょう。

濡れた髪はダメージを受けやすいので、普段よりも優しく扱う必要があります。

ドライヤーの風を当てる際は20~30cm程度離して、根元から毛先に向けて乾かします。熱が髪の良くないからといって自然乾燥はNGです。雑菌の繁殖やイヤな臭いの原因になるので、ドライヤーでしっかり乾かすことが大切です。

上へ戻る