「肌をきれいにするには」内側と外側を2重ケアする方法が効果大!

年齢関係なく「きれいな肌」に女性は憧れますよね。綺麗な肌をつくるには、表面を化粧水や美容液で潤す外側からのスキンケアだけでなく内側からのインナーケアもとても重要。

「肌をきれいにするには」内側と外側を2重ケアする方法が効果大!

肌が綺麗になりたいなら?
”内と外”のダブルスキンケア

若いときの肌の悩みは「ニキビ」や「テカリ」程度だった女性も、年齢を重ねるにつれて「たるみ」「毛穴」「しみ・しわ」など悩みが増えていきます。老化だからしょうがない!とあきらめるのは簡単ですが、前向きにアンチエイジング対策をすることで数年後の肌状態に大きな喜びを味わうことができます。

鏡を見る女性

女性の永遠のテーマである「肌をきれいにしたい」「綺麗な肌を保ちたい」という願望を叶えるために「内側と外側」から攻めて、きれいな肌を手に入れる方法を紹介します。

肌をきれいにする方法「外側ケア」

肌の表面に直接つける化粧水などのスキンケアアイテムは「肌がきれいになる」とは限らず、選び方を間違えると「肌荒れする原因」にもなります。「外側ケア」で肌をきれいにする方法とは?

いつものスキンケアラインを見直す

長年愛用している化粧品が今後もキレイにしてくれるかというのは疑問。最近はプチプラでも「肌の奥まで浸透する」「高純度の美容成分配合」「美白」「リフトアップ」などと、ピンポイントで美容効果が期待できる美容液や化粧水などが増え、ドラッグストアでも気軽に買うことが出来ます。

肌の悩みにあったスキンケア商品を選んでいますか?

スキンケアをしている女性

いつものスキンケア化粧品を見直すのはナゼ?

肌は年齢や季節によって皮脂の分泌量や水分量が変化するから。

「最近、肌の調子が悪い」と、感じるのであれば美容カウンターやクリニックで肌診断を行ない、スキンケアラインの見直しを!何となくルーティンワーク的に使っている化粧品より「今の肌の悩みに効く化粧品」のほうが、肌をきれいにする早道。肌の状態を正確に分析し、足りない部分を補ってくれるスキンケア商品を選びましょう。

新しいスキンケアアイテムに取り替えることで美肌効果への期待が高まり、マンネリ化していた肌のお手入れも楽しみになります。気分も明るくなり、綺麗になりたい気持ちに拍車がかかりますよ!

肌をきれいにする方法「内側ケア」

どんなに美肌効果があると評判のスキンケアアイテムを肌に塗っていても、肌は「体の内側」で作られるため、綺麗な肌になりたいなら疎かにできないことがあります。

いつもの食生活を見直す

「肌荒れが改善しない」と、悩んでいるのにファストフードやカップ麺、ご飯代わりにお菓子などを食べる機会が多い女性は、食生活が原因のひとつかも知れません。毎食、バランスの良い食事を摂るのが理想ですが、難しい場合は少しずつ「肌をきれいにする食事」の回数を増やして美肌を手に入れましょう!

  • 「旬のものを新鮮なうちに食べること!」

美容や美肌効果を求めるなら絶対に心掛けたいことのひとつです。旬の野菜や果物をたっぷり体内に摂り入れることで、お肌に内側からの最高の美容液効果が期待できます。

お肌のために調味料の保存にも気を配りましょう

オイルやドレッシングなどの調味料は高温の場所で長期保存をすると酸化して、新鮮なビタミンや酵素を含んだ野菜やフルーツなどを食べても美肌効果が台無しに!

新鮮な食材を食べる肌へのメリット

最近、各地でよく開催されているのが生産者である農家の方がフレッシュな野菜やフルーツの販売をしているウィークエンドマーケット。

  • 食材の栄養を活かすレシピや食べ方を教えてもらう

新鮮なトマトを使ったカプレーゼ

食材の良さを知り尽くした生産者だからこそ知っている情報は美容にも役立ちますよ。

そのまま食べても食材そのものが持っている甘味や旨味、酵素などの栄養がギュッと詰まっている新鮮な食材を使うことで、吹き出物の原因になりやすいオイルや塩分控えめのレシピでも美味しい料理が完成。ダイエットや肌をきれいにすることに繋がります。

上へ戻る