豆乳の美容効果を引き出す成分は?キレイを一日一杯でゲット!

大豆のタンパク質、イソフラボン、レシチン、サポニン、オリゴ糖…これらの成分が、女性の身体にどう作用するのかご存知ですか?便秘に肌荒れに婦人科系症状など、あらゆる悩みを解消するその成分の秘密に迫ります!

豆乳の美容効果を引き出す成分は?キレイを一日一杯でゲット!

みんな知ってる?
豆乳の美容効果の秘密

豆乳の美容効果というのは、美意識の高い女性達にはいまや常識。コーヒーやバナナ、紅茶、黒ゴマなど飲みやすいフレーバー豆乳も登場して、ますます飲みやすくなって年齢や性別を問わず多くの人たちに愛飲されています。

**********
ところで…

  • タンパク質
  • イソフラボン
  • レシチン
  • サポニン
  • オリゴ糖

豆乳に含まれるこれらの成分が、それぞれ美容&健康効果に作用してくれるのか?ご存知でしょうか?
**********

豆乳の成分を知ることで、なかなか飲み続けることができなかった女性でも、また積極的に飲み始めたくなっちゃうかも?今後の美容食品選びや健康的な食事の参考にもなりますよ。

というわけで『効果があるような気がする~!』と、心理的作用から豆乳効果をさらに高めるために、豆乳に含まれる成分ごとに期待できる美容と健康効果を探ってみました。

1.タンパク質で心身を健康にする

男女を問わず、身体づくりに欠かせない栄養素が【たんぱく質】。畑の肉とも呼ばれる大豆から作られる豆乳からは、良質なたんぱく質を摂取することができます。

タンパク質の効果って?

・肌、髪の毛、臓器の生成
・体脂肪の燃焼(太りにくい体質に!)

黒髪の後ろ姿の女性

また、食生活の乱れなどからタンパク質が十分に摂れずに不足すると、肌や髪の毛などに栄養素が行き渡らず美容に悪影響を及ぼしますが、怖いのはそれだけではありません。

「ドーパミン」の分泌による興奮を抑えたり、パニックや不安感を強める「ノルアドレナリン」の作用を制御して、精神を安定させる神経伝達物質「セロトニン」を作りだすのは、タンパク質から分解され、体内では合成できない必須アミノ酸「トリプトファン」のため、タンパク質不足の食生活を続けると鬱病になりやすいと言われています。

★イキイキした心とカラダを手に入れて”健康的な美人”になるためにも、タンパク質は意識して摂取したい栄養素なのです。

2.大豆イソフラボンでホルモンバランスが整う

大豆と豆乳

「豆乳」と聞いて多くの人が連想する成分「大豆イソフラボン」は、ワインにも含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンエストロゲンのバランスを整える働きがあります。

イソフラボンの効果って?

・バストアップ
・便秘解消
・乳がん等の婦人病予防

また、コラーゲンを生成する役割があるイソフラボンは、肌にハリや潤いを与えて、若々しさを補ってくれるアンチエイジング効果もあるんですよ。ストレスや加齢などで女性ホルモンが乱れやすくなっているなら積極的に摂取したい栄養素なのです。

イソフラボンの過剰摂取により、胸がDカップ以上に肥大したという中国人男性の症例もあるので摂取量には注意してくださいね。

3.レシチンで血液サラサラ・肌の明るさをアップ

大豆に含まれる【レシチン】という成分は、人間の新しい細胞膜を作る上で重要な栄養素です。

レシチンの効果って?

・身体の血行促進
・不眠予防
・コレステロールの抑制

新しい細胞を作るという働きを促進してくれるため、肌のターンオーバーの促進を助けてくれる効果が期待でき、美肌を作る役割を果たしてくれるのです。

※イソフラボン同様、不足しても過剰摂取しても悪影響があるので豆乳の飲み過ぎには気をつけましょう。

4.大豆サポニンは老化を防止する

脂肪の吸収を押さえてくれるのが、豆乳に含まれる【大豆サポニン】。豆乳を飲んだときの苦味や渋みの原因がこの大豆サポニンです。

大豆サポニンの効果って?

・抗酸化作用による美肌効果
・動脈硬化予防

大豆サポニンは抗酸化作用により、身体のサビつきを防いでくれるアンチエイジング効果が期待できます。

★牛乳とは違うあの豆乳独特の苦みや渋みですが、大豆サポニンには満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑制する作用もあることから、豆乳がダイエットに適しているといわれる理由なのです。

5.オリゴ糖は腸内環境を整える

ヤーコン

大豆に含まれる糖質の中には、【オリゴ糖】が含まれています。ヨーグルトにも含まれているオリゴ糖は腸内にいる善玉菌ビフィズス菌のエサになるのです。

オリゴ糖の効果って?

・便秘予防

オリゴ糖を含む豆乳を飲めばポッコリおなかもスッキリ!便秘が解消されて毒素を排出することができれば、自然と肌の調子も良くなってきますね。

★便秘薬や下剤を服用すると腹部に指し込んだような痛みを伴いがちですが、豆乳なら腸への負担も軽減できます。

豆乳生活はキレイになれる期待大

最近ではフレーバーの種類も豊富なので、豆乳のニオイが気になる人でも飲みやすくなっています。自分でアレンジするなら、きなこや黒蜜、はちみつを加えたり、牛乳で割って飲むのもクセがなくなりますよ。

内側から綺麗になれることが期待できる良質な栄養素を手軽に摂取できる豆乳ですが、どんなに「体に良い」とされていても過剰摂取はカラダに毒なので、飲む量を調節することは、お忘れなく!

ダイエットにバストアップ、美肌効果や婦人病予防など、女性に嬉しい効果ばかりの豆乳。飲んだことが無い方は、まずは1日1本飲みきりサイズの紙パックから始めてみて下さいね。

上へ戻る