「シャネルの5番」が絶対に1本欲しくなる!隠された魅力の話

落ち着いた深い香りの「シャネルの5番」。伝統の香りに隠されたジャスミンとの深い関係を紹介します。
女性なら一度は欲しくなり、一滴一滴、大切に使いたくなるエピソードです。

「シャネルの5番」が絶対に1本欲しくなる!隠された魅力の話

絶対に1本欲しくなる”シャネルNo.5の話”

男性女性問わず人気商品が多いシャネルの香水は「№5」以外にも、「アリュール」「ココマドモアゼル」「チャンス」など、多くの人に愛され続けています。

エレガンスは服だけでは完成しない。香りをつけてこそスタイルは完成する

ココ・シャネル

「香りもスタイルの一部」という信条があったココ・シャネルは、シャネルブランド初の香水づくりを「ロシアの天才調香師」と呼ばれる、エルネスト・ボー氏に依頼。

1921年に「シャネルN°5」が発売され、マリリン・モンローなど女優陣や世の女性を虜にしました。

シャネルの5番

”シャネルの5番”とジャスミンの深い関係

その香りに触れればすぐに「シャネルの5番」とわかるほど深く甘い香りのベースは、南フランス・グラース村にある農場で採れるジャスミン。

№5に使われているジャスミンは「シャネルの5番」のためだけに90年以上も同じ畑で育てられています。

一年のなかで収穫期を迎える3か月間に毎日300kgのジャスミンを村の人たちが摘んでも、一日たった430gしか抽出されない香料。高額な値段になるのも納得ができますね。

この村には45年以上も「シャネル用のジャスミン」を摘んでいる人や親子代々で摘んでいる人など、村びと総出でシャネル5番伝統の香りを支えています。

ジャスミンとシャネルの5番

”シャネルの5番”に使われるジャスミンの秘密

  • 夜に放つ花の香りが散らないように、早朝にジャスミンを摘む
  • ジャスミンを摘んだ朝のうちに練り状に加工し、厳重に保管される
  • 400種類もあるジャスミンの中から「5番」に使われるのは「3種類」だけ
  • たった56mlのシャネル5番に使われるジャスミンは3000本

1㎏あたり日本円で約2300円の賃金が支払われ、ジャスミンの花摘みは村人たちの生活を支えているんですよ。

とても貴重で質の良い香料が使われていることや、高級ブランドのイメージとは少しちがう温かい世界を垣間見ると「1本は伝統のシャネル№5を持っていたいな」、と感じますね。

ちょっとだけ香水業界のウラ話

シャネルのお店

こうして作られた「シャネルの5番」や「アリュール」、「チャンス」等は、シャネルの指導員のもと徹底して「シャネル・フレグランス」の知識を叩き込まれた販売員の手にゆだねられます。

また、シャネルに限らず高級アパレルブランドは、「香水」を最大の広告材料として活用しています。

富裕層でもない限り「高級ブランドの洋服はとても手がでない」のが普通ですね。
その点を各ブランドも重要視していて「洋服よりも安く手に入れやすい香水」を買ってもらいたいのです。

「グッチ」「アルマーニ」「シャネル」等も、CMで強い影響力をもつ女優さんの獲得には力を入れるため、契約額も目が飛び出るほどの金額になるそうですよ!

上へ戻る