体臭を消す・ツンとする嫌なニオイを抑える食事と生活習慣

体臭を消すには、肉やジャンクフード中心の食生活に食物繊維を多く含むものをとり入れる、タバコをやめる、かいた汗を放置しないなど、食生活や生活習慣を見直すことで改善できる可能性がありますよ。

体臭を消す・ツンとする嫌なニオイを抑える食事と生活習慣

体臭を消すために心がけたい生活習慣

人には誰でも体臭があるもので、大昔はフェロモンのような異性を惹きつけるための手段として使われていましたが、現代では“臭く不快なもの”とされて、ワキの下には制汗剤をつけて消臭するのは当たり前、香水や衣類のフレグランスで体臭を消している人も多いのではないでしょうか?

生きていくためには毎日の食事は欠かせません。米、肉や野菜など、どんな食品を食べていますか?いつも何気なく摂っている食事ですが、その食生活が原因でクサい体臭を発生させることもあるのです。

なんと、食べ物には「体臭を発生させるもの」と「体臭を抑えてくれるもの」の2パターンが存在し、普段から気をつけていれば体臭を消すことが出来ます。

そこで「食事に気を使って体臭を消す方法」と「臭いを減らす生活習慣」のポイントを紹介します、苦労をして体臭をごまかす必要もなくなりますよ。

食生活を見直して体臭を減らす方法

普段食べているものの中で、体臭がニオう原因になる食べ物とは一体何があるのでしょうか?

「食べ過ぎることで体臭が増す食べ物」と「体臭を消す食べ物」を、それぞれチェックしておきましょう。

1.食べ過ぎると身体がクサくなるもの

食べ過ぎることで体臭を発生させる原因になる食べ物には「消化がしにくい」と特徴があり、食べ物自体にニオイがあるものも体臭の原因となるのです。

食べ過ぎると体臭が増す食べ物

・肉類
・アルコールが含まれるお酒
・チーズや牛乳などの乳製品
・キムチやカレーなどの辛い食べ物
・ニンニクやニラなどニオイの強い食べ物
・ファストフードやカップ麺などのジャンクフード

ハンバーガー

食の欧米化が進んだ日本の食卓には、米の代わりにパン、魚に代わり肉が並ぶようになりました。肉類は体臭を発生させる食べ物の1つで、消化されにくく胃腸に長い時間留まることになるから、体内に栄養として吸収される前にアンモニアを発生させます。

人間の体にはアンモニアを体外に放出させる機能が備わっていますが、肉を食べすぎて処理能力の速度が追いつかなくなると、毛穴からイヤ~な臭いを発生させる結果となります。


キムチやカレーなどの辛い食べ物は、発汗作用があるため汗をかきやすくなります。汗そのものは無臭でも皮膚にいる雑菌が繁殖することで汗臭いニオイの原因になります。

乾いたタオルで拭くと皮膚表面が乾燥し更に汗が噴き出しますので、ウェットシートや濡れタオルなどで水分を残すようにしましょう。


ファストフードやカップ麺などのジャンクフードと呼ばれるものがニオイとなる原因は、消化しにくい食品添加物です。自然界にはない物質なので消化に時間がかかるだけでなく身体への負担も大きいのです。


アルコールを分解する途中で生成される「アセトアルデヒド」という成分は、二日酔いの原因となるだけでなくアルコール由来の体臭を発生させる原因にもなります。

体臭が気になって抑えたいと思っている女性は、これらの食べ物を摂り過ぎないように気をつけましょう。

2.体臭を消す効果が期待できる食べ物

「ビタミンC」や「ポリフェノール」「βカロチン」などの栄養素には、抗酸化作用があるため体臭を抑えるのに効果的です。

体臭を消す効果のある食べ物

・ハーブ類
・オリーブオイル
・食物繊維が含まれる食べ物
・梅干しやレモンなど、クエン酸が含まれる食べ物
・めかぶ、りんご、しいたけなど、アルカリ性の食べ物

レモン

梅干しやレモン、柑橘類などに含まれているクエン酸には、汗のニオイの元となるタンパク質の分解を促進する効果があるため、汗臭いニオイを消すのに一役買ってくれます。


豆類や緑黄色野菜、きのこ類、フルーツ、海藻類などアルカリ性の食品は、ニオイを放つ原因となる酸性の食べ物を中和する働きがあります。肉類や卵などの酸性食品を食べるときは、積極的にアルカリ性の食品を食事にとりいれてくださいね。


食物繊維には体の善玉菌を増やす働きがあり、臭いの原因となる悪玉菌を減らし、腸内環境を整えて体臭を消すことが出来ますよ。

ですが、食物繊維が含まれているといわれている野菜の中でもブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の植物は、硫黄化合物が含まれているから食べすぎると体臭を発生させる原因になることもありますので、くれぐれも食べすぎには注意してくださいね。

生活習慣を見直して体臭を消す方法

身体の臭いをキツくさせる行動を無意識にやっているかもしれません、当てはまるものを1つずつ改善して快適な生活を送ってくださいね。

1.タバコをやめる

タバコを吸う女

タバコを吸う習慣がある人は自分では気づかないうちに、タバコの臭いが「衣服」「髪の毛」「皮膚」などに染み付いている可能性があり、タバコは口臭の原因にもなることから、身体の臭いが気になるのならタバコを吸わないほうがいいでしょう。

タバコを吸う人はヤニの臭いだけでなく、唾液の分泌が少なくなることが原因で口臭もクサくなります。

たばこのニオイが気になって、喫煙後にガムを噛んだりする人は多いのですが、ガムの消臭効果は噛んだ時だけなので、完全な口臭予防には効果がありません。

2.しっかりと歯垢を落とす歯磨きをする

人の鼻は臭いに慣れると感じにくくなりますので、口臭は自分では気がつきにくい特徴があります。口臭が発生する原因はいくつかありますが、その中でも歯垢から発せられる臭いが口が臭くなる要因になる可能性が高いのです。

残った歯垢が口臭となる原因

・腐った卵のような臭いの硫化水素
・タマネギのようなメチルメルカプタンを発するため

歯ブラシだけでの歯垢の除去率は5~6割程度で、特に歯の間は歯ブラシでは落としにくいため、日頃から「デンタルフロス」を合わせて使い、歯垢の磨き残しがないようしっかりと歯磨きをしましょう。

3.身体を動かして汗をかく

汗を拭く女性

日常で汗をかく習慣がない人は、知らないうちに汗腺が衰えています。たまにしか汗をかかないと、身体の中に老廃物がたまり不快なにおいの原因になるのです。不要な老廃物を排出するためには、体を動かして汗をかき代謝を上げる必要がありますよ。

身体を動かす時間がない人は?

寝る前の半身浴がオススメ

38℃~40℃のぬるめなお風呂にゆっくりと浸かることで、身体に負担がかかりにくい汗の書き方をすることが出来ます。

4.汗をかいたら拭きとる

体臭の最も大きな原因といえるのが汗で、特にワキの下やデリケートゾーンの汗は、不快なニオイのもとになりやすいので注意して下さい。特に夏場の暑い時期は、デオドラントシートやおりものシートなどを持ち歩き、汗を放置しない工夫をしましょう。

汗が臭う原因

かいた汗をそのままにすると細菌が繁殖する

また、長時間履いている靴の中も臭いの原因となります、同じ靴を何日も履いていると汗などが染み込みニオイがつく原因となるので、別な靴と交互に履いたり、同じ靴を2日以上続けて履かないなど、靴の中も清潔に保つ対策が必要となります。

体臭を消す生活習慣は継続がカギ

身体に馴染んでいる生活習慣を変えて体臭を消すには、1日では効果が表れにくいので、体臭を抑える習慣を続けていく必要があります。

自分の臭いはなかなか気がつけないものですので、臭っている自覚がなくても体臭を消す習慣を始めることで、未然にトラブルも解消することができますよ。

上へ戻る