化粧品の使用期限って守ってる?コスメは開封したら保存も大事!

1シーズンで使い切ることができなかった化粧品やスキンケア製品などは、1年後のシーズンにまた使ってもいいのでしょうか?コスメの使用期限や保存方法などご紹介します。

化粧品の使用期限って守ってる?コスメは開封したら保存も大事!

その肌荒れの原因かも!化粧品の使用期限をチェック

夏と冬ではファンデーションのタイプを変えたり、秋や春のメイクに使うアイシャドウやチークのカラー、グロスなどを変えることは、今や当たり前のことになってきています。購入してから1年経って、去年の使い残しの日焼け止めを塗ったりしている人もいるのではないでしょうか?

ワンシーズンで化粧品を使い切ってしまうのは難しいですが、コスメにも使用期限があります。食品やサプリメントなど、体に入れるものについては敏感な人でも、化粧品についてはあまり気にしていない人が多いようです。

しかし、コスメも肌に直接つけるものなので「使用期限内のものを使うこと」が、不要な肌のトラブルを防ぐことにも繋がります。

化粧品の使用期限

化粧品の使用期限

食品などと違って、化粧のボトルやパッケージには使用期限が表示されていないものが多いですね。これは3年間は品質に問題なく使うことができる」という前提でコスメが売られているためです。

化粧品と分類されるアイテムとしては、スキンケア、メイクアップはもちろん、日焼け止めから香水まで含まれます。3年以内に品質が変化してしまう可能性のあるものについては、製品に記載されることになっています。

外反母趾

パッケージに使用期限は書いてある?

使用期限が記載されていない商品であれば「去年の日焼け止め」でも問題なく使えるということなのです。

 

でも注意!保存の仕方で品質は変わる

使用期限が記載されていない「3年間は使えるはず」のコスメでも、保存状態によっては、品質の劣化の進み具合も変わってきます。一度、開封してしまうと、未開封の状態と同じだけの品質を保持するのは難しくなります。

まず、使用頻度が高いからといって「ふたを開けたまま」もしくは「ゆるく締めたくらいで置いておく」と、容器の中に不純物や湿気が入り込む原因になります。

また、日光が直接あたる場所や高温多湿の環境もコスメの品質に影響を与えます。スキンケア製品を冷蔵庫で保管している人もいますが、出してしまった後に放置して常温に戻った化粧品を、また冷蔵庫に入れるということを繰り返してしまうと、結果的に温度変化の激しい状況になってしまい品質の変化が進むことも…。

やっぱりコスメの品質保持にはコレが基本!

・直射日光を避ける
・高温多湿を避ける
・フタはきっちり閉める
・容器に入っているクリームなどは指で直接触らず、清潔なスパチュラを使用する。

古いコスメを使うとどうなる?

古いコスメを使うとどうなる?

アイシャドウやチークなどのパウダータイプの化粧品やペンシルタイプのものなどは、古くなってもそれほど品質に変化がないと言われていますが、油分や水分が多く含まれる製品については注意しましょう。

肌につけた直後に変化があらわれるわけではないので実感しにくいものですが、メイクは基礎化粧品でのスキンケアも含め、毎日行なうものです。品質の悪いものを日常的に使うことで、肌に蓄積されていくダメージがないとは言い切れません。

品質の変化はココをチェック!

・臭いに変化はないか?
・クリームなどが分離していないか?
・使用感が前よりもベタベタしていないか?
・透明だった化粧水が濁るなど色に変化はないか?

また、「何となく臭う…」と、明らかに品質の劣化がうかがえるクリームなどを「少しくらいなら大丈夫かも…」と、肌に塗ってしまった場合、すぐに赤みや発疹などの症状があらわれることもあり、肌トラブルを引き起こす原因になります。

最後まで使い切る工夫をする

シーズンもののコスメは、なかなか1シーズンで消費するのは難しいのですが、肌への悪影響を与えず安心して使うためには、やはりシーズンを持ち越さないのがベスト!

たとえば、化粧水はたっぷり塗る女性も多いので使い切ることができても、乳液などは意外と残りやすいですね。UVケア用の顔用クリームも「買ってみたら白浮きするから、もう使えない…」など、中途半端な量が残ることも…。そんなときは、別の箇所や用途に活用して使い切ってしまいましょう。

最後まで使い切る工夫をする

乳液に飽きたら?

・トリートメントやヘアクリームの代わりに髪の毛に塗る
・スペシャルケアとして贅沢な乳液パックに使う
・ハンドクリームとして使う

顔用の日焼止めを何本も買って余ってしまったら?

・手や足の甲、膝や足首などに塗る!
気づかないうちに紫外線を浴びて黒くなりやすいボディ用にする。


体に触れるものは、やはりフレッシュなものが安心です。しっかり適切に保存をすることを忘れないようにしてくださいね。

上へ戻る