角質増殖型水虫は治りにくい・ガサガサ硬いかかと治療法

角質増殖型水虫は、足のカカトがカサカサしたり、足裏が白く粉ふいている特徴があります。家庭では治しにくい病気ですので、皮膚科を受診して医師と一緒に治療を始めることが大切です。

角質増殖型水虫は治りにくい・ガサガサ硬いかかと治療法

角質増殖型水虫の“症状”と“治療法”

水虫といえば「足の指の間が赤くジュクジュク」したり「ふやけたように白くなったり」など、痒みを伴うイメージがあり自覚症状があれば、すぐに水虫だと判断できますが、実は自覚症状を伴わない水虫もあるんです。

足の水虫タイプ

・趾間型(しかんがた)
・小水疱型(しょうすいほうがた)
・角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

このうちの角質増殖型水虫には、自覚症状がないため水虫だと気づかないまま家族や恋人などに感染させることもあるので注意が必要です。

かかとや足の裏全体が白くカサカサしていたり、ひび割れたりしていませんか?もしかしたら、そのカサカサは角質増殖型水虫が原因かもしれませんよ。

そこで、キレイな足を取り戻すためにも知っておきたい「角質増殖型水虫の症状」と「角質増殖型水虫の治し方」について紹介します。

角質増殖型水虫の原因はカビの寄生

足と花

足の水虫は「足白癬」と呼ばれ、文字どおり白癬菌と呼ばれるカビの一種が皮膚に寄生することで起こる感染症で、白癬菌は皮膚の表面を覆う角質層の成分を栄養源としているので、足だけでなく全身の皮膚や爪、髪の毛にまで寄生します。

水虫は、爪に寄生すれば爪水虫(爪白癬)、髪の毛に寄生すればシラクモ(頭部白癬)、内股に寄生すればインキンタムシ(股部白癬)というように、白癬菌が寄生している場所によって病名が変わり、足の裏全体もしくはかかとに白癬菌が寄生している状態が、角質増殖型水虫です。

角質増殖型水虫の主な症状

足の裏、もしくはカカトが、
・皮膚が厚く硬い
・カサカサしている
・皮膚がポロポロと剥がれる
・カカトがひび割れたり、アカギレになっている

「水虫は、痒くてジュクジュクしているもの」などのイメージが強いため、たいていは、足の裏全体やかかとがカサカサしていてもそれを水虫だとは思わず、年齢によるものだと考え、放置しがちです。

確かに年齢を重ねれば重ねるほど、体の水分量が減っていくので、正しいケアをしていなければ、かかとはどんどんカサカサしてくるものです。

これは角質増殖型水虫の症状と似ているので、水虫だと気づかないのも無理はないのかもしれません、とは言え、それが角質増殖型水虫であればできるだけ早く発見して、正しい治療をしていくことが大切です。

そこで「角質増殖型水虫の症状」と「単なるカサつき」との見分け方を見ていきましょう。

角質増殖型水虫の症状

「角質増殖型水虫」と「単なるカサつき」を見分けるためには、角質増殖型水虫の症状を把握しておく必要があります。

1.冬になると悪化しやすい

足をマッサージする女性

私たちが一般的に水虫だと認識している水虫は「趾間(しかん)型」や「水疱(すいほう)型」と呼ばれ、夏場の暑い時期に症状が悪化しやすい傾向があります。

ですが、角質増殖型水虫は空気が乾燥している冬場に悪化しやすく、足の裏のゴワつきやカカトのガサつきがより目立つようになったり、ひび割れやアカギレを起こしやすくなったり、痛みを伴うこともあります。

2.急に増殖型水虫にはかからない

実は、いきなり角質増殖型水虫にかかることはなく趾間型水虫や水疱型水虫を経由してかかることが多いのです、水虫にかかり治療を開始しても症状が軽くなったり、落ち着いたりすると、病院へ通うことが面倒になり自己判断で中止することがありますよね。

完治をしていないので、当然再発を繰り返し水虫が慢性化していきます、すると長い年月をかけて角質増殖型水虫へと変化していくので、水虫を治療中の人は“完治”するまで治療を続けるようにしてくださいね。

3.爪水虫を併発していることが多い

足の爪

爪水虫とは、足の皮膚に寄生している白癬菌が少しずつ爪の中に入り込むことで起こる水虫で、自分ではなかなか角質増殖型水虫だと気づかないため、長い間治療もせず放置しがちですし、当然その間に年齢を重ねていくので、免疫力も少しずつ低下していきます。

そのため、爪水虫を併発することが多く、恐ろしいことに手にも角質増殖型水虫が感染することもあります。

爪水虫の主な症状

・爪が厚くなる
・爪が白く濁る
・爪の表面が崩れる
・爪がボロボロになる
・爪の表面に筋ができる
・爪の周りが炎症を起こす(痛みを伴うことも)

角質増殖型水虫の見分け方

角質増殖型水虫は、水虫独特の症状とも言える痒みを伴わず水虫にかかっていることを見逃しがちですが「単なるかかとのカサつき」と「水虫」には、どのような違いがあるのでしょうか。

角質増殖型水虫は、単なるかかとのカサつきと症状が酷似しているので、私たち素人には判断が難しいのが実情です。

でも、角質増殖型水虫の特徴を踏まえておけば、可能性の有無程度なら分かりますよね、まずは次のチェック項目を参考に、角質増殖型水虫の可能性をチェックしてみましょう。

角質増殖型水虫チェック








あなたは個中0個チェックしました。
  • 過去に水虫になったことがある
  • カカト以外の部分の皮がむけている

チェック項目の中でも、特に上記の症状がある場合は要注意!気になる時は早めに皮膚科へ受診するようにしてくださいね。

角質増殖型水虫の治し方

水虫は感染症なので、正しい方法で治療をしなければ、自分の体の別の部位が水虫になったり他の人に感染させるので、しっかりと治療をすることが大切です。

1.皮膚科を受診する

タイトル

水虫と診断されるのは、なんとなく恥ずかしい気持ちがあり、皮膚科を受診せずに家庭で治そうと市販薬に手を伸ばしがちですが、家庭の治療では角質増殖型水虫を完治しにくいのです。

家庭の治療で角質増殖型水虫が治りにくい理由

白癬菌が角質の奥深くまで浸潤しているため

かかとの皮膚が厚く硬くなっているので薬を塗っても中まで十分に浸透せず、さらには同じ薬でも合う人と合わない人がいるので、合わない薬を使い続けても水虫は治りにくいのです。

完治させるためには、外用薬だけでなく内服薬も併用する必要がありますが、まずは正しい治療をするために角質増殖型水虫だと確定するのが前提ですし、顕微鏡を使って白癬菌の有無を調べてもらわなければ確定できません

これらの理由から角質増殖型水虫は、皮膚科を受診して完治を目指すのが基本!病院なら、症状を見ながら薬を処方してくれるので、薬が合わずに完治しないというパターンも避けられますね。

ただし、角質増殖型水虫の完治には時間がかかります。症状が良くなってきても、角質内に白癬菌が潜んでいることもあり、完治する前に素人判断で勝手に治療をやめるとかえって長引くので、1度治療を始めたら必ず医師の指示に従いましょう。

2.患部を清潔に保つ

石鹸で洗った足

角質増殖型水虫をしっかりと治すためには、医師の指示に従い治療を続けるだけでなく、患部を清潔に保つことも大切です。

靴下を毎日履き替えるのはもちろん、お風呂では石けんをつけて指の間までしっかり洗う、汗をかいたら濡れタオルでしっかり拭いてから十分に乾燥させるなどして、できるだけ足を清潔に保つよう心がけてくださいね。

3.爪切りを使いまわさない

角質増殖型水虫は爪水虫を併発しやすい傾向があり、白癬菌が潜んでいる爪を切った爪切りを使いまわすと、細菌が他の人に付着・寄生して2次感染を引き起こす可能性が高くなります。

水虫を人にうつさないようにするためにも、たとえ家族や恋人でも爪切りを共有することを避けてくださいね。

家族みんなで治療することが大切

角質増殖型水虫の主な症状は、足の裏やかかとのカサつきですが、足の裏やかかとのカサつきが水虫だと思う人は少なく、クリームを塗って保湿するだけで治療することなく長い間放置しがちです。

でも、カサカサした皮膚が剥がれ落ちれば白癬菌が部屋中に散らばり、それを素足で踏むことで家族間にも感染が広がります。ということは、家族の誰かが角質増殖型水虫の場合、ほかの家族も水虫にかかっている可能性が高いのです。

もしも家族間で感染していた場合、アナタ1人が治療をしても、ほかの感染者が治療をしなければ、再発や再感染の可能性が高まりますので、少しでもあやしいなと感じたら、家族みんなで検査・治療しましょう。

上へ戻る