【オーラソーマ】秘めた本質や可能性がわかる【カラーセラピー】

カラ―セラピーのオーラソーマ。「イクイリブリアムボトル」を、直感に従って4本選んでみましょう!
これまで自分では気づかなかった、潜在的な可能性や本質を知ることができますよ!

【オーラソーマ】秘めた本質や可能性がわかる【カラーセラピー】

自分を深く理解できるようになる「オーラソーマ」

イギリスのリフレクソロジー治療師だった、ヴィッキー・ウォールの手によって誕生した「オーラソーマ」。100本以上あるボトルから直感で4本選ぶことで、「自分の内なる声」を知ることができるカラーセラピー。

オーラソーマに用いられる、「イクイリブリアムボトル」と呼ばれるカラーボトルは、14色の組み合わせでつくられ、現在、「0番~110番」まで111本あります。色は上下2層に分かれており、ボトルごとに特別な意味を持っています。これまで気づかなかった自身の「本質」、「過去」、「現在」、「未来」を覗くことができるオーラソーマ。「自分をもっと深く知ってみたい!」という人は、気軽にトライしてみましょう!

オーラソーマボトル

オーラソーマの気軽な楽しみ方と占いとの違い

オーラソーマを深く探究すると、自分に関連するボトルやアクセサリーを購入して身に着けるなど、生活の中へ「色」を取り入れることで課題をサポートさせるチカラを発揮するとされ、ボトルなどの関連商品を購入するには、お金が掛ります。

ネットの無料リーディングなどで4本のボトルを選んでみるだけでも十分、楽しむことができますよ!

また、オーラソーマを用いることで体調や心身の不良などが、すべて解決されるわけではありません。「自分で自分を治す、良い方向へ導くチカラ」をサポートするものと捉えましょう。

占いとは違うオーラソーマ

スピリチュアルな面もあり、占いと混同されることも多いのですが、「占いとオーラソーマは全く異なるもの」と、位置づけられ、「占いとして用いてはならない」とされています。

-オーラソーマと占いの違い-

■オーラソーマ
自分で選んだボトル(色)により、自身の内にあるものを軸にするもの
■占い
占い師など、他人の判断に頼るもの

オーラソーマで「内なる自分」を知ってみよう

オーラソーマは、4本のボトルを選ぶことで自分に秘めたものを知ることができます。リラックスして色と遊びながら対話するように選ぶことが大切。

オーラソーマ「1本目のボトル」-ソウルボトル-

ボトルを選んだ人自身を最も呼んでいるとされるボトルで、「魂のボトル」と呼ばれます。自身の潜在的な可能性、人生の目的や使命を明らかにします。

-1本目のボトルで上下の色があらわす意味-

■上層の色
人格や意識的な思考
■下層の色
潜在的な無意識レベルの思考と魂の本質

オーラソーマ「2本目のボトル」-ギフトボトル-

これまでの課題など過去を示し、魂がこれからの人生で取り組む準備ができた、新たな未来の課題も明らかになります。自分が持っている可能性を開花させるために、「どんなことを学ぶ必要があるのか?」を知ることができ、学びながら進むことによって、「才能」が自分への贈り物(ギフト)となることを示します。

-2本目のボトルで上下の色があらわす意味-

■上層の色
現段階で意識しているもの
■下層の色
潜在意識レベルでまだ気づきに至っていないギフト

オーラソーマ「3本目のボトル」-現在のボトル-

ボトルを選んだ人が人生において、現在、「自分の可能性にどれだけ気がついているか?」、「どこの位置にいるのか?」を示すボトルです。

-3本目のボトルで上下の色があらわす意味-

■上層の色
現在、気づいていること
■下層の色
潜在意識レベルでまだ気づきに至っていない力と問題

オーラソーマ「4本目のボトル」-未来のボトル-

4本目のボトルはすべてポジティブに解釈します。これからの可能性や、今すぐ手にすることができるエネルギーが明らかになります。

オーラソーマの「カラーボトル」一例

ボトル№B000

オーラソーマスピリチュアルレスキュー

ボトル名:「スピリチュアルレスキュー」

日常生活の中で、直感的な深い洞察や気づきが得られる。
自身のなかの神秘と無限の可能性をあらわすボトル。

ボトル№B011

オーラソーマエッセネボトル

ボトル名:「花の鎖/エッセネボトル」

無条件の愛とは何かのフィーリングを得られる。
高いプライドと完璧主義者のため、不完全な人間だと思ってしまい、ありのままの本来の自分を愛せない心をあらわすボトル。

ボトル№B006

オーラソーマエナジーボトル

ボトル名:「エナジーボトル」

力強いパワーが得られる
力強い再生能力。離脱・諦めから現実へと立ち向かう力強い意味を持ったボトル。


上へ戻る