クレジットカード契約前に見落としてはいけない重要なこと

クレジットカード契約前にチェックしておくべき”お得感のある特典の裏にあるデメリット”や、契約カードの支払いシステム等を紹介。クレジットカードは審査が簡単で便利でも、安易な契約は事故の原因になります。

クレジットカード契約前に見落としてはいけない重要なこと

クレジットカード契約は慎重に行なうべき理由

  • 『今ならギフト券3,000円進呈』
  • 『入会金無料カード発行後5000ポイント還元』

クレジットカードを契約するだけで魅力的な特典が貰えるキャンペーンに目が眩んで入会したものの、結果的に不便な思いをしている方も多いのではないでしょうか?


しかし、契約内容や特典利用条件を把握しないうちに目先のポイント(特典)に釣られて契約すると、使いにくいカードだということが後に判明して困ることがあります。

『ポイントを多く貰えるうちに入会しないと損をする!』という考えから、特典に飛びついて契約を焦る人は非常に多いのですが、本当に自分に必要なカードかどうか事前に吟味してから契約すると、もっと便利に賢く使えますよ。

契約しなくても構わないので、特典内容に興味があるならクレジットカード会社の相談窓口に電話やメールで積極的に質問してみましょう。

では、クレジットカード契約前にチェックしておきたいことを説明いたします。

カードの使い方で悩む女性

利用中の金融機関からの引き落としは可能か?

クレジットカードを新たに契約する際、普段、給料の振り込みなどで利用している銀行が「引き落とし対象外」だった場合、新たにカード会社が指定する銀行に口座を開設しなければならないのですが、意外と手間が掛り面倒なことになります。


仮に、新しい口座をつくった後、買い物で使用したクレジットカードの支払い前日等に残高不足であることに気づいたとします。

しかし、新たに口座を設けた銀行やATMが近所になくて引き落し期限前に入金が出来なかった場合、当然のことながら「返済の遅れ」が生じるため、必然的に発生した遅延損害金(遅延・延滞利息)が翌月の請求に加算され、自身の信用にも傷をつけることになります。


現在は、地方に住んでいてもコンビニATMから大手カード会社が指定するメガバンク等への入金も可能ですが、給料振込み等で普段から利用している銀行以外の口座を引落し先にすると、特にお金の管理が甘い人は、上記のような「残高不足から返済遅れ」に陥りがちなのです。

以上の理由から、現在、利用中の口座からの引き落としが可能なクレジットカードを契約するのがベストです。給与が振り込まれる口座なら残高不足になる可能性も低くなるので、返済遅れを回避しやすくなるメリットがあります。

給与の分、残高がクレジットカードにストックされてオススメです

リボルビング専用カードではないか?

最近のクレジットカード会社が積極的に契約を勧めるのは「リボ(リボルビング)専用カード」や「毎月、好きな(可能な)金額だけ返済できるカード」です。両者とも顧客に還元されるポイントなどの特典は大きいのですが、返済する金利が高くクレジットカード会社にとっては利益率が高いのが特徴です。


自分で返済金額を決められるシステムは、借金やローンで高額なショッピングをしても負担が軽くなるような錯覚を引き起こします。

しかし、契約している返済額が毎月1万だった場合、『今月は、お金に余裕があるから2万円を返して、早めに借金を整理しよう』と思っても、1万円しか返済を受けつけないシステムなので、結果的に契約通りの利息が加算され、借入残高が増えてしまうリスクがあります。

無理をしない返済しかできない”リボ払い専用のクレジットカードは、高い金利を支払うことになるので賢い使い方をしたい方には、お勧めできません。

リボ払いの仕組み

契約前に絶対に把握すべきリボ払いの怖さ

数万円、数十万円の家電や家具等の購入でもない限り、スーパーで日用品等の買い物で使用したカードの支払いは通常1回払いを選択する人が多いのですが、少額でもリボ払いを選ぶ習慣がある場合、永遠に返済が終わらない可能性があります。『永遠に終わらないなんて大袈裟な…』と思いますよね?

何件もの実例があり、本当に起こり得る話なのです。

借金でパンク状態になり、自己破産などに行きついてしまう多重債務者は『返済額が安くて便利だから…』と、軽い気持ちでリボ払いを始めたことがきっかけで借金生活に足を踏み入れた人がほとんどなので、リボルビングカードの落とし穴は侮れないのです。


例を挙げると…、既に買い物で20万円の利用残高があり、毎月、新たに10,000円の買い物をして10,000円のリボ払い返済をしていくとします。

10,000円ずつのプラスマイナスゼロなので、毎月の借入残高は減らない状態ですね?すると、1年後には金利を合わせて24万円にまで残高が膨らんでいます。毎月返済していても同じ金額だけ使っているのですから金利だけで4万円も増えています。さらに、2年後には49万円まで膨らんで金利だけで元本を超えています。


ここがリボ払いの怖さで『毎月10,000円をきちんと返済しているから、新たに買い物をしても大丈夫』という感覚に陥り、実際には金利だけが大きく膨らんでいるのです。

リボ払いの借入残高を把握していない人は、ある日突然カードが使えなくなって慌てます。カード会社に問い合わせると『利用可能額の上限まで使っておられます』と、シビアな現実を突きつけられます。

他から借金しなければ生活が立ち行かなくなるため、新たにクレジットカードを契約して、あっという間に多重債務者になってしまうパターンは多く、決して他人事ではないのです。

始めはたった10,000円のリボ払いだったものが、借金総額が数年で100万円単位になることも珍しくありません。

ポイント還元率や有効期限、入会金と年会費の有無

どんなに良い特典が与えられてポイントが貯まっても、有効期限が短かったり、使える店舗が遠方にあるなど、条件が限られていて特典が使えない場合は、結局、何のメリットも受けられないのでポイント目的でクレジットカードを契約した場合は意味がなくなります。


年会費無料キャンペーンも同じような罠があります

入会時は無料でも、次年度から高い年会費を支払うシステムなら、入会によって得られる特典の恩恵を受けるのは最初の年だけなので、その後、毎年、クレジットカード使用の有無にかかわらず、解約しない限り年会費を払うことになるわけです。

自分のライフスタイルに合っていて使い勝手が良く気に入っているクレジットカードなら、年会費の支払いも納得したうえで行なえますが、単純に「初年度の年会費無料」という特典に飛びついて契約したものの、引落し銀行への入金が不便等の理由からクレジットカードを使わくなった場合は大変もったいない支出が発生するのです。

クレジットカードで支払う

次年度の年会費が発生しない退会タイミングは?

クレジットカードの解約は電話1本で簡単に済むのですが、タイミングを間違えると損をすることがあるので、契約時に確認しておくことをお勧めします。

解約の件で覚えておきたいこと

解約手続きは1日でも期限が過ぎると「次年度の年会費が発生する」ので退会を希望する場合は、早めにカード会社へ連絡すること。

例えば、毎年3月に年会費が引き落とされている契約者が3月にカード会社へ解約の申し出た場合、次年度の年会費を支払う義務が発生すると考えて下さい。

では、1ヶ月前なら大丈夫かというと、そうではありません。カード会社によって対応が違うので事前の確認は忘れずに!

年会費が無料になる条件はあるか?

年会費の支払いは各クレジットカード会社によって違い、1年間に1回でもリボ払いを使えば免除とか、一定金額をカード決済すれば免除などの条件が設けられていることがあります。


1回でもリボ払いを使えば1,000円の年会費が免除になるのなら、10,000円の買い物をしてリボ払い金額を10,000円に設定しておけば金利は僅かで済みます。

年会費を無料にするためにリボ払いを利用する際は、返済期間を2回までに抑えられる金額に設定するのがコツで、それ以外のリボ払いは使用しないのが賢明です。

生活で得する特典はあるか?

飛行機やJRに乗る機会が多いのなら、カード利用によって貯まったマイレージを賢く利用して旅行や買い物等を楽しむことができる特典が得られる、航空会社やJRと提携しているクレジットカード契約をお勧めします。

カード契約前に本当に必要か再確認を!

クレジットカードは緊急の出費にも使えるので大変便利なのですが、何の知識もないまま安易にクレジットカードの契約をすると、余計な出費で悩まされたり、最悪の場合は自己破産を招く恐れもあるため危険です。

入会時に与えられる特典の使い道や必要性を決めて、自分がどのような使い方をしたいのかハッキリ方向性を定めてクレジットカードを契約することが便利に賢く使う大前提なのです。

『勧められたから…』『一応、便利だと思うから…』と受け身で選んでいると、自分のライフスタイルに合わない不要なクレジットカード契約をしたり、使い方を間違って借金地獄に陥る羽目になるので御注意くださいね。

上へ戻る