熱中症予防・水分や塩分補給だけじゃない熱射病を防ぐコツ

熱中症予防は、症状を侮らないことが1番大切です。「ただの頭痛だ」「少しクラクラしただけ」と思っていては、熱中症にかかるかもしれません。快適に過ごしやすい環境を作り、適切な対処法をとることが大事です。

熱中症予防・水分や塩分補給だけじゃない熱射病を防ぐコツ

熱中症の予防法

じめじめとした梅雨の時期が終わり、本格的な夏がやってくると心配なのが「熱中症」ですよね。

  • 頭がクラクラする
  • 吐き気がして具合が悪い

などの自覚症状が出たら、それは熱中症かもしれません。時には症状が重く出ることがある熱中症を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

そこで、日頃行っている熱中症対策を「大人」「子ども」「高齢者」のパターンに分けて紹介します。ぜひ、自分に合った熱中症対策の方法を見つけてくださいね。

大人の熱中症予防法

「熱中症なんてなったことないから自分には関係ない」と思っていませんか?年齢を重ねて知らず知らずのうちに体力は衰え、熱射病になる確率も上がっているかもしれません。

いきなり具合が悪くなり辛い思いをする前に、熱中症対策を始めましょう。

こまめにスポーツドリンクを飲むこと

私が行っている熱中症予防法は、こまめに「スポーツドリンクを飲むこと」と「飴」を食べるようにしています。

熱射病予防にとってスポーツドリンクを飲むことは大事ですが、水分の持ち込みを禁止されている場所もあるため、常に飴を持ち歩くように心がけています。

また、最近では熱中症予防にポイントを置いた飴も販売されているので、手軽に対策ができるのが嬉しいですよね。塩分を含んだ飴のほうが効果もあるのでオススメですよ。

スポーツドリンクを飲む女性

湿温度計で体調管理をすること

水分と塩分をとる他に、室温と湿度をはかれる湿温度計を使って体調管理をしています。

経口補水液を飲んで脱水症状に陥らないよう注意していますが、室温が28℃以上になっているとエアコンをつけるようにしています。また、湿度が高い状態ですと除湿に切り替えて運転させています。

室温と外気温の差が大きすぎると、体調を崩す要因の1つになりますので、徐々に暑さへ対応できるよう身体を慣らして気分が悪くなった時は、無理をしないことが必須です。

喉が渇いていなくても水分を摂取する

「熱中症は知らない間に起こるもの」と思っているので、喉が渇いていると感じていなくても出来る限り水分を定期的に摂取するように心がけています。

特に外出時には、塩分が少し入っているタイプのスポーツドリンクを飲むようにしています。

また、熱中症は室内でも十分に起こりえるので、高湿度・高温の部屋にならないよう、クーラーや除湿器を使って室温の調整に心がけています。

スイカジュース

1日1個梅干しを食べています

熱中症予防のため、朝食か昼食に必ず梅干しを1個以上食べ、日中は水分不足にならないように、水や麦茶を喉が渇く前に飲むようにしています。

この習慣を始めるまでは熱中症の症状が軽く出ることが多かったのですが、実施するようになってからは症状がほとんど出なくなり効果を実感しています。

また、自宅ではエアコンを28℃設定で運転し、身体が冷えすぎないよう体調管理を行っています。

子どもの熱中症予防法

暑い日差しの中でも元気に走り回っている子どもでも熱中症になることもあります。また、勉強や読書・ゲームが好きで1日中家の中にいるようなインドア派の子どもでも熱射病にかかることがありますので侮れませんよね。

子どもをお持ちの親御さんが行っている熱中症対策を紹介します。

中学生の息子は麦茶と塩飴が必需品です

中学生になって部活を始めた息子には、毎日水筒を持たせて麦茶を飲むよう言っています。

外で行う部活なのですが、顧問の先生は日差しが強い時間帯の練習を避けたり、日陰を利用して練習を行ってくれています。カバンの中には塩飴を常備させて塩分を摂りすぎない程度に食べさせています。

息子が家に帰ってきて必ずやることは、湯船半分ほどの水風呂へ入ることで、本人いわく非常に気持ちがいいそうですが、心臓に負担がかかるため親の気持ち的には止めて欲しいです。

寝苦しい夜には、扇風機の後ろに保冷材を置いて涼しい風を直接当たらないように送り、おでこに冷却ジェルを貼っています。

麦茶

帽子を被らせて遊ばせています

外で遊ぶことの多い幼稚園の娘には、本人が気に入っている帽子を被らせて遊ばせていて、遊びがひと段落した時は持参したお茶やスポーツ飲料を飲ませています。

出来るだけ炎天下で遊ばせず、木陰や風通しがいい公園で遊ぶようにしていますが、長時間遊ばせないことだけに気を配っています。

また、水分補給とは別に塩分がとれる飴や、梅のお菓子を持ち歩いています。

通気性が良い肌着の着替えを持たせています

家の子どもは、保育園に通っていてプールの時間を楽しみにしています。保育園では熱中症対策で、麦茶を定期的に飲んでいるようで家に居る時も麦茶はたくさん飲んでくれています。

子どもは大人が思っている以上に汗かきなので、こまめに水分をとる習慣が大事で、夏の時期のお出かけは歩いているだけでも汗がびっしょりになるので着替えを持ち歩き、綿素材の通気性が良い肌着を着せるなどの対策をしています。

また、汗を拭く時には乾いたタオルで完全に拭き取ると身体が「もっと汗を出さなきゃ」と判断してさらに汗をかくので、濡らしたタオルで肌に水分が残るよう拭いてやっています。

プールを楽しむ男の子

高齢者の熱中症予防法

夏の季節、歳を召したかたが特に気をつけたいのが「脱水症状」と「熱中症」です。日本でも何十年前に比べると平均気温は上がっています。

昔ながらの日本家屋は風の通りが良くなる工夫をしていて、日中の気温が高くても家の中は涼しかったものですが、現在ではプライバシーや防犯の関係上、なかなか玄関を開けっぱなしにして生活するなんてことありませんよね。

外にいなくても、部屋の中でもかかる熱中症の対策を紹介します。

なるべくエアコンを稼働させる

私の祖母が行っている熱中症対策は「窓を開けること」ですが、あまり効果がないようで具合が悪くなることが多く、エアコンをつけたほうがいいと説得しています。

体力的にも衰えてすぐに疲れるようになったそうで、高めの温度に設定したエアコンがある部屋で何度も休憩してもらっています。

また、なるべく暑い日は涼しい場所に行くことや、外出を控えることも行っています。

エアコン

身体が冷えないよう熱いお茶を飲む

小学校の通学路で交通安全指導を行っていますが、炎天下の中でも温かいお茶を飲んで水分補給をしています。

小さい頃から冷たい飲み物を飲むと、お腹の調子が悪くなる体質でしたので、常温以上の飲み物を飲むように心がけていますが、身体を冷やさないので夏でも体調を崩すことは少ないです。

お腹を下すと水分も一緒に出ていき脱水症状に近い状態へとなりますし、冷たすぎる飲み物は身体の中も冷やし、体調を崩しやすくなりますので、夏でも温かい飲み物を飲んでいます。

熱中症を侮らないことが1番大切

熱中症で体力を奪われ、体調を崩したり夏風邪を引いたりなど2次的な症状へと繋がりかねませんので「自分は熱中症にはならない」と、侮る気持ちを持ってはいけません。

こまめな水分補給、飴などでの補助的な塩分補給、十分な休憩で、熱中症対策をとり健康的に夏を過ごしましょう。

上へ戻る