海外旅行に必要なもの・十分に準備しても忘れがちなグッズ

海外旅行に必要なものは、貴重品とパスポートがあれば意外と大丈夫と思われがちですが、もっと快適に過ごすためには、具合が悪くなった時のために薬を持っておけば心配せずに旅行を楽しめますよ。

海外旅行に必要なもの・十分に準備しても忘れがちなグッズ

海外旅行に行く時にあると便利なモノ

何度も海外へ旅行に行き慣れている人なら『コレを持っていけば安心』と、分かるものですが、数年に1回程度や初めて海外に行く時は『何を持っていけばいいの…?』と、不安な気持ちになりますよね。

準備やチェックをバッチリしていても、予想外の事態に現地で困り果てる展開を避けるために、あると便利な海外旅行に必要なものを紹介します!

日本国外に行くために『パスポート』は絶対に必要なものですが、他に何があるといいのでしょうか?

1.クレジットカード

クレジットカード

普段の支払いは現金派というかたも、海外旅行ではクレジットカートを用意して持っていくと便利です。

クレジットカード1枚あれば簡単な身分証明になり、海外旅行傷害保険が付帯されている(別途会員費がかかる場合がほとんど)モノもあるので、右も左もわからない海外旅行中も安心です。

また、レンタカーを借りるときや、ホテルの現地予約の際にはクレジットカードがないと高額の保証金を払わされる国もあるので、必ず1枚は持っておきましょう。

クレジットカードの注意点

国際ブランドのシェアが国によって違う

クレジットカードには『VISA』や『マスターカード』など、国際ブランドがあり国や地域の店舗ごとに加盟しているブランドのシェアが違い、持っているカードが使えない場合がありますので注意してくださいね。

  • 【JCBアジア圏内
  • 【VISA東南アジア・アメリカ
  • 【マスターカード】アフリカ・ヨーロッパ
  • 【アメリカンエキスプレス】アメリカ

大きなスーパーやデパートではほとんどのカードが使えるとはいえ、マイナーな観光地では手持ちのカードが使えない可能性もあるので、旅行先に合わせたクレジットカードを用意しておきましょう。

また、クレジットカードを使用する際の注意としては、チップを手渡しして、さらにクレジットカードの支払いでもチップ代金を取られ、ダブルでチップを支払うケースがあるので毎回確認してください。

2.現地の硬貨

海外の硬貨

飛行機で現地に着き目的地までバスやタクシーで移動する時には、紙幣だけではなく、硬貨も用意しておくと便利です。

海外では日本のように両替機がほとんどなく、硬貨が欲しいなら購入してお金を崩すしかありません。特にバスやタクシーで移動する際は、小銭があると面倒な手間を省けるのです。

紙幣を両替する時の注意点

通貨両替をする場所によってレートが変わる

現地で両替する場合、ホテル・空港は確かに安全ですがレートが高くつきます。また、街中の両替所でのレートは安いのですが、詐欺に合う可能性(紙幣の枚数を誤魔化されるなど)が高いということを頭に入れておき、警戒して下さい。

ツアーで周るなら、現地のガイド・添乗員に両替をしてもらうか、予め国内で両替をしておくと安心です。

3.常備薬

常備薬

旅行中は、長時間の移動や慣れない環境で身体不調を起きやすい環境が整っています。

しかし、現地の病院に行くとお金も時間もかかるし、現地のドラッグストアで購入した薬は、どんな副作用が起きるか分かりません

慣れている薬を飲むだけで安心感を得られるので、普段から使用している薬を持っていきましょう。

  • 胃腸薬
  • 風邪薬
  • 鎮痛剤
  • 酔い止め

最低限でも上記の薬を常備しておきたいところですが、薬の成分によっては海外で所持を禁止されているケースもあるので、国外へ持ち出す時の説明などにあると便利な『薬剤証明書』を処方した薬剤師に相談をして発行してもらいましょう。

4.ショルダーバッグ・ウエストポーチ

ショルダーバッグ

日本では1つの大きなカバンを使って、他の荷物と一緒に財布を入れたり、近場だと財布と携帯をそのまま手で持ち出掛ける人が多いですよね。

しかし、海外は日本人観光客を狙ったスリの被害が多発しています。大きなカバンに入れたり、むき出しの財布は格好の餌食になるので、斜め掛けできるショルダーバッグや体に固定できるウエストポーチに貴重品を入れて、持ち歩くとベストです

貴重品をウエストポーチに入れる効果

スリの被害に遭う確率が低くなる

海外でスリに対する無警戒な姿は『どうぞ私の財布を取ってください』と、言っているようなもの。

特にヨーロッパでは非常に巧妙な手口が使われているので、財布を入れているカバンを持って歩く際はスリに隙を与えないように、なるべく体に密着させておいたほうが良いといえます。

また、ショルダーバッグ、ウエストポーチ共、身体の前へ掛けることも忘れずに!後ろに掛けていると死角ができるので、スリは大喜びでアナタの貴重品に狙いを定めるでしょう。

5.プラグ変換用アダプタ

プラグ変換用アダプタ

日本の電化製品で最も多く使われているコンセントプラグは、A型の平らなピンが縦に2つならんでいるモノです。

しかし、コンセントの形状は国によって様々です。日本のプラグとは違う国も多くあるので、旅行先にあった変換プラグを準備して行くと便利です。

  • 【E型プラグ】フランスやベルギーなどでよく使われている
  • 【N型プラグ】ブラジルで使用されている
  • 【L型プラグ】イタリア全土と北アフリカの一部で使用されている
  • 【I型プラグ】オセアニアのオーストラリア、一部の中国でも使用されている

また、日本で採用されているコンセントの電圧は100vですが、海外のコンセントでは110v~240vと様々ありそのままでは使うことが出来ませんので、変圧器を使う必要があります。

携帯電話やカメラの充電器には、入力(input)100-240vと記載されている物があり、変圧器を使わなくても使える可能性がありますが、必ず説明書か仕様書をよく読んで海外対応製品か確認してくださいね。

準備をしっかりして安心な旅行を!

海外旅行では国内旅行と違ってたくさんの不便な場面がたくさん出てきます。思い通りにならない場面もたくさん出てくるので、下準備を必ずしておきましょう。

何かあっても、言葉がスムーズに伝わらない場所では自分で用意したもので解決するしかありません。

日本にいる内に、揃えられるものは用意して、現地の天気や治安、食べ物の情報も出来る限り集めておくと安心です。楽しい海外旅行にしてくださいね♪

上へ戻る