ポケモンGO登録方法・やってみた感想・親の意見まとめ

ポケモンゴーが世界で過去最高の人気を誇っているというニュースを耳にして、日本での「ポケモンGO」リリースが待ち遠しくてたまらなしファンも多いのでは?ひと足先に「ポケモンGO」を体験した人の声などを紹介。

ポケモンGO登録方法・やってみた感想・親の意見まとめ

ついに日本でも配信された世界中で大流行ポケモンGO

アメリカ、カナダ、ヨーロッパなどに続いて「Pokemon GO(ポケモンゴー)」日本でも2016年7月20日にリリース予定だったものの、若干、延期になり、心待ちにしているユーザーに朗報です。2016年7月22日いよいよ配信スタート!

既に「ポケモンGO」を体験済みのゲーマーの感想、屋外へポケモンを探しに繰り出す新しいゲームスタイルによって、日本でも起こり得る、世界のPokemon GOフリークが引き起こした事故や珍事件、少しでも安全に「ポケモンGO」を楽しむために購入を検討したい「ながらスマホを防止できる機能」がついたデバイスなどを紹介します。

また、ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」と提携し、全国2,500箇所がアイテムなどを貰える「ポケストップ」に、400店舗は対戦を行える「ジム」となることが発表されました。

ポータルに入ればアイテムを入手できるので、近郊のマクドナルドを周りながらプレイするのも楽しそうですよね。

「Pokemon GO(ポケモンゴー)」は、「株式会社ポケモン」「Niantic John Hanke氏」「株式会社 任天堂」「株式会社ゲームフリーク」が開発に携わり、最近では任天堂の株価が過去最高値を更新するまで跳ね上がるなど、世界的に大きな注目を浴びていますが、さらにブームが拡大し、人気が爆発するのは確実です!

ポケモンGOのはじめかた

▼ダウンロード

ポケモンGOの公式サイトからダウンロードできます。

ポケモンGOの公式サイト

ポケモンGOの公式サイトその2

▼登録方法

自分の生年月日を入力します。

生年月日を入力します

GOOGLEなどのアカウント からログインを許可します。

ウィロー博士の登場

博士が出てきたらゲーム開始です。この時点で位置情報をオンにしておかなければ「GPSの信号をさがしています」と表示されるのでオンにしてからゲームを始めましょう。

▼アバターを選択する

自分のアバターを選択します。

アバターを選択

髪型など選べます

アバターのアップ

アバターの後ろ姿


性別を選択すると、肌、瞳、髪の色や服の色が選択できます。自分好みのアバターに仕上げましょう。

▼早速ポケモンが…!!

近くにポケモンが!

アバターの選択が終了すると、早速ポケモンが現れます。

フシギダネ

トカゲも


ポケモンめがけてモンスターボールを投げる(画面をスワイプする)とポケモンを捕獲することができます。

▼ポケモン図鑑に登録

ポケモンボール

最初はフシギダネかヒトカゲを捕獲することができます!!

フシギダネをゲットしよう

フシギダネ


ヒトカゲ

ウィロー博士にほめられました


ポケモンを捕獲すると図鑑に自動的に保存されます。最初のポケモンです。

ニックネームを決めます

ポケモンを捕獲した後はニックネームを選択します。アルファベットと数字の組み合わせで他の人が使っているものは使えません。海外でもプレイできるように英数字なのでしょうか?ツイッターでいうアカウント名のようなものです。

いよいよポケモンを探す旅のはじまりです。簡単な説明がありますがこの時点ではまだよくわからないのが地図の見方です

▼いよいよ外に出てポケモンを捕まえよう!

いざポケモンを捕まえに

それではレッツゴー!


ここですぐに遊べるかと思いきや…
外に出なければ地図上の自分のアバターが足踏みするだけで動きません。

さぁあるこう!

外に出て歩き、ポケモンを探すということなのですね!

早速外に出て、スマホの画面上に表示される地図を見てポケモンがいる方向を目指して歩きます。1人でくるくる回ったり、画面上の地図を凝視するので“完全に歩きスマホ”状態です。アメリカで起きた数々の珍事件に納得しました。

しっかり前を見て、信号などの交通ルールを守りましょう!!

身の回りには注意してね!

ポケモンがいるところを目指して歩きます。
地図上で葉っぱが舞っているところは怪しいですね。

広大なマップ

登録をして少し遊んでみただけですが車が衝突事故を起こす、けがをするという報道に納得です。画面上の地図を見て探すので思わずスマホに釘付けになってしまいます。

また、位置情報を使っているため、電池の消費が早い!充電は必須で、外出先にも「モバイルバッテリー」を携帯した方がよさそうです。

しかし、外に出てリアルな世界でポケモンを捕まえられる感覚が楽しいので運動をする機会は増えますね。ハマりすぎて画面の凝視には要注意ですよ!

「Pokemon GO(ポケモンゴー)」体験した感想

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

実際にやってみるとやはり歩きスマホをやってしまう気持ちがわかりました。実際のマップ上にポケモンが現れて捕まえることができます。またポケストップが至る所にあり、やはりスマホを見ながら歩いてしまいます。全体的にはとても楽しめます。サクサクとダウンロードできた。

(18歳/男性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

普段歩いていないので、歩き疲れました。夏なのに歩かなければならないのはデブにとって死活問題です(泣)面白いのですが、歩かなければいけない仕様を何とかしてほしいです。重課金してもいいのでレアポケモンを早くゲットしたいです。ダウンロードは時間が掛りました。

(31歳/男性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

想像以上に快適にブレイできていて驚いています。正直重くてカクカクするならやめようと思っていました。始めてみて、ニックネームを決めるのに悩むのが楽しかったです。昔のポケモンの変わっていなくて嬉しかったです。街中は夏休みや都会なこともあり、既に自分と同じようにポケモンを探しているらしき子どもがいて話しかけられたのですが、楽しかったです。

(29歳/女性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

いきなり自分の部屋に現れました。今までバーチャルの世界だったものが、急に現実化して物凄く身近になりました。実際、ココに行くとポケモンがいるというポイントも家の近所でクリックするとポイント場所の写真も出てくるので解りやすいですし、GPS機能を使っているだけに鮮明で楽しいです。これは子供だけではなく大人もかなりハマりますね。

(30代/女性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

テレビで配信開始と放送されて速攻でダウンロードしてみました。意外とスムーズにダウンロードできたので拍子抜けしましたが、トレーナーの名前決めるとこでエラーが連発して、なかなか前に進めませんでした。

ただ僕が住んでる所が「ど田舎」の為なのか周りにポケモンがいません(汗)。いろいろと動かないと駄目ですね。気長にやってみます。

(41歳/男性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

家の周りでしかまだしていませんが、新感覚で楽しいです。事前にゲームに出てくるポケモンのレア度などを調べておくとさらに楽しめるかもしれません。ゲームの世界に自分が入ったような感覚になるので、大人から子供まで絶対楽しめます。

何度もインストールしていたらできました。

(20代/女性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

自宅で始めたので「部屋の中にゼニガメがいる!」って興奮しました。モンスターボールを投げるのが意外に難しくて、3回ほど失敗してしまったりしてorz近所に「ポケストップ」があるみたいなので、もう少し涼しくなったら行ってみようと思っています。

配信開始直後にダウンロードしたからか、登録作業は非常にスムーズでした

(30代/女性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

自宅の庭でポケモンを捕まえられてとても嬉しかったです。まだ始めたばかりなのでレベルが上がらないとバトルはできないようなので早くレベルを上げてポケモンバトルをしてみたいです。今のところバグなどもなくスムーズに遊べています。

ダウンロードしようと思ったら「アイテムを利用できません」と、表示されましたが、キャッシュをクリアしてからもう一度ダウンロードしてみると正常にダウンロードできました

(20代/女性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

ポケモン世代のアラサーなので、ダウンロードする時点でワクワク!主人公の髪や服、リュックなどの色最初に選べますが色が少な過ぎるのでそこは微妙な所。

最初のポケモンは初代御三家のゼニガメ、フシギダネ、ヒトカゲで、目の前にいます。あまり出掛けない主婦としてはストーリーを進めるのはゆっくりになりそうですが、のんびり楽しめると思います!私がダウンロードした時はスムーズでしたが、タイミングによっては混雑して出来ないみたいです。

(27歳/女性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

トレーナーの名前が使用できないものが多く、登録に時間がかかったのが唯一の不満です。ゲーム自体は面白く、様々な場所にポケモンが出現し、どんどん外に出て行きポケモンをゲットしていきたい気持ちに駆られています。

問題なくスムーズにできました。

(30代/男性)

配信直後に「ポケモンGO」やった感想

たった今、「ポケモンGO」をダウンロードして、さっそく遊んでみました。室内(ビル)からスタートしたのですが、数メートル歩いただけではアバターの脚は動くものの、ほんの僅かしか移動しない、または、一定の場所で足踏みをしている状態です。屋外へ出て歩いたところ、ポケモンを発見!草がヒラヒラ舞っている草が目印なんですね。地図上ではすぐ近くにポケモンが居るのですがゲットできませんでした。

車が入っている道路に向かって無意識のうちに歩いていたのでドキッとしました。ポケモンを追いかけて崖から落ちた人がいるというニュースがありましたが、実際にやってみると「あり得ることだ」と感じました。

(23歳/女性)

子ども「ポケモンGO」利用に親は賛成?反対?

「ポケモンGO」子供の利用/反対派

反対派の意見のなかで圧倒的に多いのは「事故が心配」という声です。ポケモンゴーを子供が利用することを禁止する場合の対策も聞いてみました。楽しませてあげたいけど、親としては複雑な心境のようです。

息子は11歳

絶対にやらせません。もちろん禁止です。世界であれだけ問題になっているニュースを見ています。普段子供たちだけで歩いているだけでもふざけながら歩いていてかなり危険な場面に遭遇しています。あれだけ楽しければゲームに夢中になって当たり前だと思います。車にはねられたり、何かにぶつかってけがをしたりする可能性が高いので絶対禁止です。

子供がまだ小さいので、毎日チェックすること。もしやぶったらお小遣いを無しにします。

息子は5歳

やらせません。レアボケモンをゲットするために、どうしても歩きスマホになりがちだからです。交通事故や知らずに他人の私有地に入り込んだりするトラブルは絶対に避けなければなりません。また、連れ去りや迷子になることも心配です。

アクセス制限をかける。

9歳の息子と8歳の娘

子供はスマホを持っていないし、親の私たちもガラケーなので、やりようがないです。最近スマホに変えようかと検討はしていますが、万一スマホに変えたとしても、当分はさせません。

アメリカなどで画面に熱中するあまり、トラブルを起こしたり巻き込まれたりするケースや、他人の敷地や公共施設でもお構いなしにゲームをする様子をニュースなどで見るたびに、嫌な気持ちになります。

ただでさえ歩きスマホは危ないので、ゲームをしていい場所、悪い場所、やっていい状況かどうか判断できるようになるまでは、させません。

ガラケーのままにしておきます

息子は16歳

あまりやって欲しくはなかったですけど、もう勝手にダウンロード完了してやっていました。やらせたくない理由としては海外でも問題になっていますが、夢中になり過ぎて事故が多いですよね。それと息子の学校は携帯持込OKの学校なので、登校中や授業中などにも集中力の妨げにならないかと心配です。

中学生までは親がいつでも子供の携帯を見られる状態にしていたので、ダウンロードしてあるのを発見した時点で携帯没収すると息子に釘をさして置くつもりでしたが、今はそれができません。もし、息子が小学生だったら「親のお金で携帯を持たせてもらっている身なんだからダメ」と強制的に禁止しています。携帯を取り上げられたらラインとか出来なくなるので効果もあったと思います。

息子は7歳

禁止です。まず、ポケモンに関する馴染みが、2~30代の大人よりも薄いです。町中をスマホ片手に歩き回る魅力に気付いていない今だからこそ、あえてポケモンGOをやらせて危険性を高める必要はないと思っています。

アニメを見せたり、漫画を読ませたりする。

息子は11歳

子供に「ポケモンGO」はやらせません。まず一番危ないのが歩きスマホになることです。日本でも歩きスマホを辞めましょうCMが流れているのに、歩きスマホをしないと出来ないゲームは親として非常に困ります。

子供には「ポケモンGOは禁止」と口頭で伝えます。

息子は8歳

子供にはやらせません。ただでさえ注意力が大人に比べて散漫な子供が、街中や道路で歩きスマホをしたら危険だという事は明白だからです。更に、立ち入り禁止の敷地や他人の敷地など、子供には善悪の判断がつかない事もあり、トラブルの元になってしまう恐れがあるからです。

スマホを持たさない。持つ場合には、勝手にアプリをダウンロード出来ないように設定する。

息子は5歳

禁止です。家族の中で、いろいろ考えた末、携帯のゲームは一切させていません。なるべく体を使う遊びをしてほしいと思ってます。ゲームが悪いというわけではないのですが、殺し合いをしたりするものがゲームでは多く、子どもの時にそういうものに慣れてしまうと、感覚がおかしくなると思うからです。

今は、なるだけ体をつかう遊びをしてもらいたく運動系の習い事をさせています。周りの子たちに影響されていくと思いますが、スポーツのすばらしさを話して、子供にも理解してもらいたいです。大人になったら、やっていいと促します。

娘は6歳

子供にはやらせません。ただでさえ注意力が大人に比べて散漫な子供が、街中や道路で歩きスマホをしたら危険だという事は明白だからです。更に、立ち入り禁止の敷地や他人の敷地など、子供には善悪の判断がつかない事もあり、トラブルの元になってしまう恐れがあるからです。

スマホを持たさない。持つ場合には、勝手にアプリをダウンロード出来ないように設定する。

「ポケモンGO」子供の利用/賛成派

室内に限定するなど、ルールを設けて安全を確保することを条件に、ポケモンGOで子供を遊ばせることに賛成している親御さんのご意見です。

息子は7歳

やらせます。ですが、道路や危ない場所ではやらないようにきつく注意しています。周りの子供達もみんなこれからポケモンGOで遊ぶと思うので自分の子供だけ遊ばせないのはかわいそうです。せっかく楽しいゲームなので、マナーさえ守っていればいいと思います。子供もポケモンが大好きで楽しみにしていたので、一緒に遊んでみたいと思っています。

家の中だけなら安全に遊べると思います。

息子は5歳

我が子はポケモンが大好きで配信開始を心待ちにしていたので、ポケモンGOをやらせようと思っています。ただ、いくつか約束事は交わすつもりです。例えば、「歩きながらはやらない」「時間を決める」「入ってはいけないところには行かない」などです。約束を守れないときはスマホを取り上げます。

家の中だけなら安全に遊べると思います。

息子は8歳

やらせます。ただし、自分か主人かどちらかが一緒の場合のみです。理由は、子どもの友人関係が心配だからです。しないことによって仲間外れにされる可能性があるので、それは困ります。大人がついていても事故などの心配はありますが、そこはしっかりと教育しますし、それが子どもにとっていい経験になると思います

娘は10歳

話題になっていて、子供にやらせてあげたいと考えていますが、立ち入り禁止の場所などに行かないかと凄く心配です。ずっと付いて行く訳には行かないので、お友達と一緒ならやらせてあげようかと考えています。あまり集中しすぎて依存しないかも心配なので、時間を決めてやらせてあげたいと考えてます。

ポケモンGOを巡る事故や珍事件

リアルな世界の位置情報と仮想世界がリンクしているので、画面上で目の前に現れたポケモンをゲットしたり、バトルを繰り広げられるARゲーム「Pokemon GO(ポケモンゴー)」は、これまでのゲームとは一味違う、臨場感あふれる遊び方ができると大人気。

でも、ポケモンGOに集中するあまり、周りの状況が見えなくなったゲームユーザーが引き起こす事故や、ひょんなことから深刻な事件や珍事件が多発するなど社会現象を巻き起こしています。

日本国内でも「ポケモンGO」がリリースされたら、「バカだね…」なんて他人事ではなくなりますよ…。

ルイジアナ州での事件

「Pokemon GO」のリリース後、友人とポケモンを掴まるために車で走行中に他人の敷地内に侵入したことに気づかず発砲される。

笑いごとではありません…。

オーストラリアでの出来事

「ポケストップ」に指定された警察署が、ポケモン獲得目的でプレイヤーが署内に進入するのを防ために「入るな」と市民に告知する事態になった。

ポケストップとは、モンスターボールをはじめとする道具やタマゴなどを入手できるスポットのこと。

マサチューセッツ州での事故

20代の男が高速道路を運転中に「ポケモンGO」で遊んでいて、ピカチュウ獲得のために車を停止させたら、他の車も巻き込む事故を引き起こした。

高速道路を運転しながらゲームするなんて命知らずにも程があります…。

カリフォルニア州での快挙

「ポケモンGO」のプレイ中に見つけた、子供たちに嫌がらせをしている男を警察に通報したところ、指名手配中の犯人逮捕に繋がった。

発見者にケガが無かったようで何よりですが、ピカチュウを探して、普段は行かないエリアに足を運ぶようになると「まさかの事態」に遭遇することが日本でも現実にあるかも…。

アメリカでの放送事故

周りの状況が見えなくなった女性キャスターが「ポケモンGO」に夢中になってスマホ操作しながら、ニュース番組の生放送中に画面を横切ってしまった。

このニュースがワイドショーやネットで取り上げられて、番組は良い宣伝になって得したかも?

便利で安全そうなデバイス「Pokemon GO Plus」

Pokemon  GO Plus

出典: www.pokemon.co.jp

「珍事件」であげたように、今、ポケモンGOの人気と共に問題視されているのが、いわゆる「歩きスマホ」による事故の多発です。

メールやLINEをしながら街を歩いたり、駅のホームで画面に見入ることで迫りくるキケンを察知するタイミングが遅れる、または、危険を認識できないとされている「ながらスマホ」は、社会的に撲滅する運動が起こるほどですが、ポケモンGOの大流行により、ここ数年で高まってきた「ながらスマホは、やってはいけないことでダメな行為」という認識が薄れていく可能性は否定できません。

そこで、「どうしてもポケモンGOで遊びたい」「事故に遭わないか心配だけどポケモンGOをやってみたい」というなら、自分自身や他人の安全を守るために取り入れてもらいたいのが「Pokemon GO Plus(ポケモンゴー プラス)」というデバイスです。

「Pokemon GO Plus」って何?

『Pokemon GO』で遊ぶとき、スマホの画面を見続ける必要がない機器なのです

「Pokemon GO Plus」を持っていると、近くにいるポケモン情報をランプや振動でユーザーに伝え、ボタン操作で「ポケモンGO」のプレイを楽しむことが可能になる、持ち歩きに便利な「涙のカタチに似ている小型アイテム」で、ポケットに入れて持ち歩いたり、紐を通してブレスレットのように腕に巻いて使用できます。

「Pokemon GO Plus」は、2016年7月31日発売予定で価格は4000円ほどとか。安全を確保しながら人気のゲーム「ポケモンGO」を楽しみたいユーザーにとっては気になるデバイスですね。

上へ戻る