敬老の日プレゼント選びに迷ったらコレです・おすすめ9選

敬老日に贈るプレゼントをセレクトしました。どんなプレゼントを選んでも「心」がこもっていれば嬉しいものですが、感動を何倍にもアップさせるとっておきの「贈り物」も紹介していますよ。

敬老の日プレゼント選びに迷ったらコレです・おすすめ9選

敬老の日のプレゼント

毎年9月の第3月曜日は「敬老の日」です。祝日ということもあって、多くの方が、おじいちゃんやおばあちゃん、また高齢のお父さん(義父)やお母さん(義母)に何かプレゼントをあげたい…と考えているのではないでしょうか?

しかし、ご年配で歳も大きく離れている相手へのプレゼントって、なかなか思い浮かびませんよね。

では、敬老の日のプレゼントで喜ばれる人気の贈り物をセレクトしてみましたので、ぜひ参考に!

敬老の日プレゼント/おじいちゃん(父)おばあちゃん(母)用

1. 諏訪田製作所 (スワダ) SUWADA高級 爪切り

キレ味の悪い爪切りを浸かっていると、ツメが割れてしまったり余計なチカラが入り過ぎて指先の皮膚を傷つけてしまうことがあります。

でも、巧みの技で仕上げられた諏訪田製作所の爪切りは、僅かな力でスパッと綺麗に切れるので、年齢を重ねたおじいちゃんやおばあちゃんでもラクに爪のお手入れが可能に!

1本5000円前後と多少割高な印象を受けるかも知れませんが、実際に使用してみるとその価値に納得できるはず

また、贈りたい祖父母や両親のいずれかがデイサービスなどに通っていてヘルパーさんに爪を切って貰っている場合も、切れ味のよいアイテムで爪を切ってもらったほうが余計なチカラが入らず安全だし、切ってもらう側の祖父母も安心できるので「よく切れる爪切り」は、喜ばれる贈り物のひとつですよ

2.万歩計

万歩計

歳を重ねるごとに身体を動かすのが億劫になったり体力が落ちてしまうため、“運動不足”を気にしているシルバー世代の方も多いですよね。健康を維持したいと思っていても、明確な目標や『これだけ歩いたぞ!』という達成感がないと、毎日歩くことが疎かになってしまいます。

そこで役に立つのが『今日はこれだけ歩いたぞ!』と、毎日の歩数がハッキリと分かる「万歩計」。

万歩計のサイズは小さいので、老眼のお爺ちゃん、お婆ちゃんにはチョッと歩数を表示した文字が見えにくいかも知れないので、なるべく操作が簡単でシンプルなモノが使い勝手が良くておススメです!

2000円以下の価格で、文字がクッキリ大きく表示される「タニタ」の歩数計がオススメですよ

大好きなおじいちゃん、おばあちゃん、または、お父さん、お母さんに『いつまでも健康で長生きしてほしい』という温かい気持ちが伝わるプレゼントですね

3.湯呑茶わん

お茶が入った湯のみ

日常的に愛用できる品物を贈りたいと思っているのなら、美味しいお茶を飲むときに毎日使って貰える「湯のみ」がオススメです。

しかし、高齢になるるほど運動神経や視力が落ちてくるので、手元のバランスを崩して湯のみ割って壊してしまう可能性もあり、ケガや火傷が心配になりますよね。

でも、今は「割れない湯のみ」があるんですよ。それは「サーモス」の保温湯呑3,000円(税抜)

手が滑って床に落とし衝撃が加わっても割れず、さらに保温効果も高いのが特徴です。名前を入れてもらえるサービスもあるので両親や祖父母にお揃いでプレゼントしても喜ばれますよ

4.家族写真

大切な人の長寿を祝い敬う日に家族全員で休みを合わせて、おじいちゃん、おばあちゃん(両親)を中心に撮影し、お洒落なフレームに入れた集合写真をプレゼントしてあげれば、いつでも大事な家族の幸せそうな顔を眺めることができますよね。

遠方に住んでいてなかなか子供や孫などに会う機会がなく、寂しい思いをしている祖父母や両親には、日頃の感謝の想いを記したメッセージを添えることで喜びも倍増するギフトになること間違いナシです

今はスマホやデジカメで撮影した画像をパソコンに取り込めば、簡単にプリントアウトできるので便利ですが、この日だけは写真館で撮してもらうプランのほうが「家族のイベント」っぽいし、みんなで良い思い出を残せると思いますよ

敬老の日プレゼント/おじいちゃん(父親)用

1.お酒

お酒

お酒を愛するおじいちゃん(父親)であれば、日本酒、本格焼酎、ウイスキーなど、贈る相手の好みの名酒を高価で普段はあまり手を出せない名酒のプレゼントは、「お酒好きの人」にとっては感動ものなのです。

2.盆栽

仕事をリタイアして悠々自適な生活を楽しんでいるお爺ちゃん(父親)の中には、自宅の庭いじりやベランダでのガーデニングにハマっている人も多いですよね。長年働き続けて溜まった精神的なストレスを植物で癒したくなるのかも知れませんね(笑)

盆栽の寿命は70~80と長生きなので縁起のいい贈り物でもあり、最近は人気が再燃し、若い世代からも注目を浴びています。

盆栽

しかし、相手(盆栽)は生き物なのでプレゼントとして受け取った後は、枯れないようにお世話してあげる必要があり『盆栽の手入れは難しい』という難点も…。

でも、昔ながらの盆栽は繊細で大きくて「プレゼントされると困る贈り物」でもあったのですが、最近は手入れが楽ちんでオシャレな小ぶりの盆栽セットがあるので大丈夫!

3.スポーツタイプの磁器ネックレス

肩コリは頭痛や腰痛など全身の体調不良に繋がるので、いつもスッキリした気分で過ごしてもらいたいですよね。

でも、血行を促進するネックレスのなかには、お洒落感を重視した「アクセサリー的」な金ピカのものもあり、硬派なタイプのおじいちゃん(父親)は拒否反応を起こしちゃうかも?

健康を気づかいながらもお洒落な見た目を保って欲しいとき、一石二鳥な磁器ネックレスが「コラントッテ」のスポーツタイプの商品。

1本8000円以上と高価ですが、これなら硬派なおじいちゃん(父親)でも抵抗が少ないデザインだし、『俺、高級なマグネットループ使ってるんだよね』と、お仲間に自慢できる特典もありますよ(笑)また自宅で寛ぎリラックスしているときも違和感なく使用できます。


『まだまだアクティブに動いて、ゴルフやゲートボールなどを楽しんで欲しい』という願いが込められた素敵なプレゼントで、元気いっぱいな日々を過ごせますように

コランテット 磁器ネックレス
http://www.colantotte.jp/products/

敬老の日プレゼント/おばあちゃん(母親)用

1.顔色が明るく見えるキレイ色の高級ストール

ストール

世間からは「年配者」「老人」と言われていたって、オシャレ心を忘れていないおばあちゃんや、お洒落に対する意欲を完全に失っているお母さんには、最高の手触りでクオリティが高く、華やかな色のストールをプレゼントに選んでみて下さい。

グレーや茶色など地味な服を選びがちになってしまう高齢者って多いですよね。でも、本当はピンクや赤やターコイズブルーなど、綺麗な色の服だって着てみたいときがあると思うのです。

お友達やご近所さんなど、周りの同世代の人たちの多くが「地味目」なファッションが定番なので、先頭きって明るい色を着ることに抵抗を感じるのでしょうね…。

だから、明るめのトップスやボトムスなど「メイン」となるアイテムを着る勇気がない祖母や母親に、顔色が冴えて気分もパッと明るくなるストールから挑戦させてあげてみて下さい。

きっと初めは『無理ムリ…』と身に着けるのを渋るかも知れませんが、強引にでも首に巻いてあげてください。そうすれば、これまでの印象がガラリと変化した自分自身の姿に感動して「明るい色のストール」が手放せなくなるはず

また、予算が許されるのなら少し奮発してカシミアなど良質な商品を選んであげて下さい。ネット通販やファストショップでなら1000円前後と低価格でキレイな色のストールを購入できるのですが「毛玉になりやすい」「安っぽくみえる」などのデメリットがあります。

年を重ねた女性が「毛羽立ったもの」を身に着けていると、残念ながらみすぼらしくなってしまうので、おばあちゃんやお母さんが自信を持って外出できるように、思切って高級で質の良いな商品をプレゼントしてあげて下さいね

この贈り物は肌寒い季節に保温効果があるのはもちろんですが、大好きなお婆ちゃんや母親の”美しさへの意欲を刺激する効果も大”ですよ!

2.がまぐちバッグ

女性はいくつになってもバッグが大好きですよね。でも、可愛いバッグをプレゼントしたいと思うのなら「がまぐちバッグ」が、おすすめ。口が大きく開くから中身が一目瞭然で使いやすいし、シニア層には常に人気のデザイン。

ファスナータイプと比べると、パチンとするだけでバッグの開閉がデキてラクちんなので、年齢などの影響で手元が、おぼつかない人にとっては便利なデザインなのです。

ただし、留め金(らっきょう玉)が小さすぎる物や、キツ過ぎるタイプはNGせっかくの贈り物でも腕力が弱っているシルバー世代の人にとって使い勝手が悪いと、けっきょく使わなくなってしまうことになるからです。

想いがあれば何だって喜んでもらえる!

敬老の日に喜んで貰えるギフトを紹介しましたが『これだ!』と、思うモノが見つかったら嬉しいです

敬老の日に限らず、誕生日、母の日、父の日、両親の結婚記念日、長寿のお祝い、クリスマスなど一年を通して大切なイベントは多く、プレゼントを贈る機会もそれなりにあると思うのですが、祖父母や両親に何よりも喜ばれるものは、やはり「笑顔」と、ホッと安心させてあげられる「声掛け」なのかも知れません。離れて暮らしていて、普段あまりコミュニケーションがとれていないのであれば、電話を掛けるだけで幸せな気分になれるものです

どの家庭にも色んな事情あり、笑顔で『いつもありがとう』だなんて意地でも言いたくない、または『今さら、そんな照れくさい』などと思っている方も中にはいらっしゃるのでは?

でも『最高のプレゼントを!』と考えているのなら、本コラムでご紹介した品物に無料で追加できる「笑顔と感謝の言葉」をプラスしてあげるのもいいかも知れませんよ

上へ戻る