函館スイーツ・ほっぺが落ちるほどウマい絶品は見逃せない

函館スイーツには、メディアで取り上げらるほど美味しいものや、地元で愛されているもの、観光客に人気の高いものがあります。自然が作った美味しい食材を使用したスイーツは北海道の空気と同じくらい絶品ですよ。

函館スイーツ・ほっぺが落ちるほどウマい絶品は見逃せない

美味しさがギュッと詰まった函館スイーツ

函館といえば、新鮮なイカなど魚介類が有名ですが、豊かな自然が生み出した北海道ならではの食材や独自の製法で作られた美味しいスイーツもたくさんあります。地元の人はもちろん、遠方からのリピーターが多い函館スイーツはどれも絶品で大人気の品が多いのです。

一度食べると忘れられない食感と素材の良さが生かされたスイーツは、誰もが納得する「美味しさ」なので、函館に訪れた際は忘れずにチェックしてくださいね。

函館の観光スポットで食べられる話題のスイーツや地元でも大人気の「函館スイーツ」が買える有名店と商品をまとめて紹介します。函館駅、空港で販売されているお土産だけでなく、その場でしか味わうことができない美味しい函館スイーツを食べ尽くす旅にいらしてくださいね

アンジェリック・ヴォヤージュ

アンジェリック・ヴォヤージュは、函館の港と夜景が見える坂道の途中にあります。シルバニアファミリーに出てきそうな、ウッドテイストのオシャレな外観です。

アンジェリック・ヴォヤージュ店舗外観

賞味期限が30分の濃厚クレープは地元の人をはじめ観光客にもリピーターが多いほど大人気で、店内にいたお客様全員がすでにクレープ待ちでした。オールシーズンのレギュラーメニューはイチゴやバナナのみんなが大好きな味が揃っていて、季節限定のメニューも用意されています。

「スープクレープ」という変わったメニューもあり興味津々でしたが、早速、限定の「メープルとハチミツ」味を注文してみました。価格は600円(税込)です。

アンジェリック・ヴォヤージュのクレープ

大きめの袋に包まれた焼きたてクレープは、見た目から柔らかくて零れ落ちそうでした。一口食べてみると、最初はパリッとした生地上部に牛乳の味そのままの濃厚なクリームの美味しさに感動しました。

生地は食べ進めていくことでだんだん柔らかく溶けるような食感になり、軽い口どけの生クリームと差材そのもののハチミツの甘さがマッチして贅沢な味わいでした。ふんわりとした生地の柔らかさと、パリッとしたクルミの食感を飽きずに最後まで楽しめました。

これまでに味わったことのないような口どけのクレープの美味しさに感動し、10分足らずで完食です。もちもちクレープは焼きたての生地をフレッシュな生クリーム、素材で作っているので「出来立てから30分以内が1番美味しいんだな」と納得しました。

極上の甘さとコクを楽しめるタイムリミットが30分の絶品クレープは、友達同士で食べるのはもちろん、デートにもオススメです。函館観光に来たら一度は味わいたい絶品スイーツですよ。

こちらはショコラヴォヤージュです

看板メニューの「ショコラヴォヤージュ」は、すべてが1粒1粒すべて手作りの生トリュフで、1日100箱の数量限定販売です。

生トリュフが入ってます

赤の可愛いパッケージに包まれた生トリュフは1箱12個入りで、価格は1,300円(税込)です1~2時間ほど冷蔵庫で解凍してみました。

とても柔らかいので、お皿に移すときは要注意です。アイスのような見た目で1粒が大きめにできています。

とても柔らかく中のクリームが雪のように口の中でとろけます

割ってみると、たっぷり北海道産の生クリームが詰まっています!ふわふわで、割った瞬間に溶けそうだったので、早めに食べることがオススメです。 一口で食べてみると、空気のように軽い生クリームとガナッシュが口の中いっぱいに広がって幸せな気分になりました。

口どけのいい濃厚ガナッシュに包まれた生クリームの中には、空気が含まれていて、とてもフワフワな食感です。甘い空気を食べているような軽さで、まさに絶品でした。

冷凍商品なので、持ち歩き時間には要注意です。

冷蔵庫で1~2時間ほど解凍した頃が「食べごろ」なのですが、待ちきれずに凍ったままの状態でも食べてみました。凍ったままでも生クリームがシャリっとアイスクリームを食べているような食感で美味しかったです。

冷たいうちに召し上がれ

冷蔵解凍30分では、チョコレートの中心部分が凍っていて結構冷たさを感じます。フワッとした食感を味わえるまで時間がかかりそうでした。もったりとしたチョコレートが口の中で溶けて、凍っていても濃厚な美味しさを感じるので解凍前に一粒食べてみることもオススメです。

解凍する時間によって違った食感、味を楽しめますが、フワッとした食感を味わえる時間は、やはり冷蔵解凍1~2時間でした。

美味しく食べるように説明しています

購入すると「ショコラ・ヴォヤージュ3カ条」の注意書きが入っています。プレゼントとして渡すときに必要なことも書かれているので、必ず伝えるようにしましょう。休日には、早めに買いに行かないと売り切れてしまうので要チェックですよ!

アンジェリック・ヴォヤージュにはクレープ、トリュフの他に、ケーキも販売されています。優しい卵の香りが口いっぱいに広がる「幸せロールケーキ」は冷凍配送も可能な人気商品です。

オシャレな箱ですね

青森県津軽の鯵ヶ沢(あじがさわ)の自然養鶏法を行っている「長谷川自然牧場」のタマゴを使用するなど、原材料にこだわっています。生地はとても柔らかくフカフカなので、切り分けるときに崩れないように注意してくださいね。

中の生クリームが美味しそう

素材そのものの、飾りのないクリームの甘さが口いっぱいに広がります。生地だけでなく、クリームもふわっと軽くて、ミルクの風味を存分に楽しむことができました。 甘いものが苦手な人でも美味しく食べられるロールケーキです。

北海道でも珍しい完全放牧として知られる「斉藤牧場」で育ったウシの牛乳で作られた生クリームがたっぷり詰まっています。

2008年から作っているんですね

食べていると心まで「ふわっ」と柔らかくなるアンジェリック・ヴォヤージュのスイーツは、自然が造り上げた食材そのものの味を生かし、どれも口の中でとろけるようなふんわりとした食感のものばかりで、とても幸せな気持ちになります。

アンジェリックヴォヤージュ

住所 /北海道函館市弥生町3-11
営業時間 /10:00~19:00
定休日 /月曜日(祝日の場合は火曜)

函館おたふく堂

「函館おたふく堂」で人気ナンバーワンの「豆乳しふぉん」は北海道大豆の豆乳、北海道産の小麦粉を原材料としていて体にやさしい・安心・安全をモットーにしています。

防腐剤や膨張剤を使わず、丁寧にふんわりと焼き上げたしふぉんケーキをはじめ、お豆腐入りパウンドケーキやおから入りボーロ、フィナンシェ、ラスクなどが揃っています。

函館豆乳しふぉん

「函館豆乳しふぉん」は、卵黄を使わず、卵白と豆乳で仕上げたヘルシーなケーキで、ノンオイルや糖類ゼロの商品も作ることができます。豆乳の量を限界まで使用しているため、高いしっとり感を飽きずに味わえます。

さっそく、体に優しいと評判の「豆乳しふぉん」をカットしてみると、フッカフカなので切り分けるが難しかったですが。この弾力も美味しさの秘密なんですよね。

ふわふわしてますね

一口食べてみると、しっとりとしていて、噛む必要がないくらいフワッと柔らかい食感でした。優しい甘さなので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

賞味期限は4日ほどで、12センチ型650円(税込)と17センチ型980円(税込)が販売されています。

抹茶や紅茶など、豆乳の他にも様々な味が揃っているので、要チェックです。

おからボーロ

おからで作られた「おからボーロ」は一袋10個入りで、380円より販売されていて、全14種類の味が揃っています。14種類の中から「かぼちゃ」「プレーン」「黒糖」の3種類を食べてみました。

味は沢山の種類があります

今金町産「鶴の子大豆」のおからで作られていて、着色料、香料、保存料無添加です。

口に入れると、サクッとした食感のあとにフワッと溶けて、優しい甘みが広がります。ほんのり塩味と、軽い口あたりが美味しさの秘密でした。

日持ちする商品なので、詰め合わせに対応していてお土産にも最適です。素朴で優しい味わいの「おからぼーろ」はどんな年代でも楽しむことができますよ。

右端にリンゴ味が

「おからのフィナンシェ」は、かぼちゃ、抹茶など4種類の味があり、3~5月のみ限定でさくら味が販売されます。1袋6個入りで350円(税込)です。

丸っこくてカワイイ

早速、「黒豆」「抹茶」「りんご」を食べてみました。特にお気に入りだったリンゴ味は、リンゴそのものの味としっとりとした食感で、とても美味しかったです。

素材そのものの甘すぎない味で、とてもヘルシーです。ダイエット中に食べられる、健康的でヘルシーなおやつでした。消費期限2週間なので、お土産としてもオススメの商品ですよ。

ラスクもありますよ

豆乳で作られたラスクも販売されています。ラスクといえば甘いイメージがありますが、おたふく堂のラスクは甘さ控えめで、いくらでも食べることができちゃいます。ラスクは日持ちする商品なのでお土産にピッタリですよ。

函館おたふく堂

住所 /函館市中道1-22-5
駐車場 /有
定休日 /毎週火曜日

世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス

焼きたてのサクサクメロンパンに、ひんやり冷たいアイスクリームをサンドした人気スイーツです。

金沢発祥のスイーツ店で、全国に店舗展開しています。メディアでも注目され観光シーズンには行列ができるほど大人気の「世界で2番目の味」が気になったので、実際に食べてみました。

焼きたてメロンパンアイス

券売機で欲しい商品を購入します。焼きたてメロンパンアイスは400円(税込)で販売されていました。

スライスされたメロンパンの間にアイスが挟まっていて、端にはメロンパンで作ったラスクが刺さっています。焼きたてのメロンパンは温かいので、だんだんアイスが溶けてきます。まずは刺さっていたラスクでアイスをすくって食べてみました。クッキーのようなサクサク食感で、とても美味しいです。

アイスが溶けないうちに肝心なメロンパンを食べてみました。表面についているクッキーがザクザクしていて、メロンパンのバターの香りが口いっぱいに広がります。

熱いパンと冷たいアイスのコラボは、口の中で不思議な食感を味わえ、メロンパンと牛乳を一緒に食べているような感覚でした。

サクサクの美味しいメロンパンは単品200円(税込)で販売されていて、お土産として持ち帰ることができます。

2番めにイケてるラスク

焼いてから25分以内のメロンパンしか売らないというポリシーがあるそうで、残ったメロンパンはラスクに生まれ変わります。 「2番目にイケてるラスク」と、ラスクのみ250円(税込)での販売もしていて、お土産にすることもできますよ。

元町のお土産屋さんが並ぶ通りにあるので、観光で訪れた際は、メロンパンとアイスが奏でる温冷の不思議な食感を楽しんでみてください。

世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス

住所 /北海道函館市元町10-7
営業時間 /10:00~18:00 不定休

絹焼き包み 月の雨

「美原本店」と函館駅前の「キラリス函館」に店舗を構えるクレープ専門店「月の雨」のクレープは、しっとり柔らかくモチモチの食感とリーズナブルな価格で地元民から人気を集めています。

「甘い派」「あったかい派」「おかず派」でメニューが分かれていて、価格は150円~300円代の価格です。トッピングの追加によって料金は変わってきます。

「月の雨」のクレープ

人気のクレープを楽しもうと「キラリス函館店」で「父」というクレープを食べてみました。 中に入っているのは「チーズクリーム」「タルト」「生クリーム」で、価格は350円(税込)です。券売機でチケットを購入してから焼いてもらいます。

ボリュームのあるクリームがたっぷり詰まっていて、クリームの上には練乳がかかっています。焼いてくれたお兄さんによると「父」という名前は、練乳の「乳」とかけているそうです。とても気さくなお兄さんでした。

モチモチの皮と甘すぎない生クリームがマッチしていて、とても美味しいです。タルト生地のようなクッキーが入っているので、食べ進めていくことでサクッとした食感も味わうことができます。 本当にチーズタルトを食べているようなクッキーのサクサク食感と、甘いクリームがマッチしていて「この価格でこんなに美味しいなんて!」と、大満足しました。

「キラリス函館店」は函館駅前にあるので、バスやJRの交通機関を利用する人はぜひ立ち寄って、一度、評判のクレープを味わってみてくださいね。

月の雨

【キラリス函館店】

住所 /北海道函館市若松町20-1 キラリス函館
駐車場 /有
営業時間 /11:00~20:00
定休日 /第2水曜日

【美原本店】

住所 /北海道函館市美原4-30-28
駐車場 /有
営業時間 /11:00~20:00 不定休

大阪屋

函館では美味しい「和スイーツ」も楽しむことができます。「大阪屋」では、抹茶パフェやトーストなどの軽食のほか「大福」が販売されています。特に毎日ひとつずつ丁寧に手作りしている「看板メニューの大福」は、地元でも大人気の和菓子なんです。

大福餅の看板

出来たての柔らかい大福を食べたいのなら、開店時間をめがけて来店することをオススメします。北海道産の材料を使用したモチ米100パーセントの絶品大福です。

防腐剤、保存料を使用していないので、次の日にはすぐに固くなってしまいます。持ち帰ってその日のうちに食べない場合は、柔らかいうちに冷凍保存することがオススメです。

色が豊富ですね

大阪屋の大福のサイズは大きめです。直径約7センチあり、ボリューミーなのに価格は200円前後です。見ていると「1個食べきれるかな?」と思いますが、餡子が甘すぎないのでペロッと食べることができます。

大阪屋のあんこは甘さだけでなく、ほどよい塩加減も感じられます。飽きない味の秘密はふっくら柔らかいおもちだけでなく、餡子にもあったのです。草大福や豆大福など6種の味が揃っていますが、使われている餡子は基本的に「こしあん」です。

基本は「こしあん」

「草大福」と「豆大福」の2種類は「つぶあん」と「こしあん」の両方を販売しています。

「草大福」と「豆大福」は「つぶあん」も選べます

9~10月の間から冬至の頃まで、火曜日と金曜日限定で「かぼちゃ大福」が販売されています。粒あんをカボチャ餡でさらにくるんでいます。お餅もカボチャ色で「冬」を感じます。もちろんすべて手作りです。

お餅が柔らかく美味しいです

作りたての大福を早速ゲットして食べてみると、お餅がとっても柔らかくて美味しかったです。カボチャと餡子の甘みがお餅との相性抜群で、おやつの時間にピッタリです。ボリュームがあるので1つ食べてお腹いっぱいになりました。

手作りで、添加物が入っていないので優しい味で、甘すぎず、甘いカボチャの味を楽しめました。

大福は売り切れ次第終了なので、出来上がりの看板が見えたときは要チェックです。冷凍で地方発送もしてもらえるそうなので、旅の途中の人や持ち歩き時間が長い人にオススメですよ!

大福の大阪屋

住所 /北海道函館市桔梗町418-486
駐車場 /有
営業時間 /11:00~17:00
定休日 /日曜、不定休有

チッチョパスティッチョ

ピンクで可愛いお菓子の家のようなお店です。中に入ってもメルヘンなので、可愛いもの好きな女子にオススメです。ケーキやプリンなど洋菓子だけでなく、自家製のジェラートやクッキーなどの焼き菓子も販売されています。

地卵や露地栽培の果物など、函館を中心とした北海道産の食材を使用していて、季節ごとの「旬」を取り入れたお菓子を提供しているので、時期に合わせて違った美味しさを感じられます。

ケーキは可愛いくて美味しそうなものが多く、迷ってしまいました。ケーキの平均的な価格帯は400円前後で、セットメニューやドリンクセットもあります。

早速、美味しそうなケーキの中から「いちごのミッレフォーリエ」を食べてみました。

いちごのミッレフォーリエ

カラメリゼしてあるパイに、道産のバターを使用して作られたクリームとイチゴが挟まっています。まずは、パイだけ食べてみました。サクサクしていて歯ごたえがあります。パイだけでもとても美味しかったです。

クリームはバターの風味が強く、固めです。イチゴの酸味とマッチしています。パイと一緒に食べると、甘さと酸味とちょっぴりビターな味を同時に楽しむことができました。

ケーキの多くが小さめのサイズでしたが、意外とお腹いっぱいになります。ティータイムや食後のデザートとしてピッタリです。お誕生日のデコレーションケーキやパフェも食べることができるので、函館でスイーツ巡りをするときにはとてもオススメですよ。

チッチョパスティッチョ

住所 /北海道函館市石川町316-5
駐車場 /有
営業時間 /10:00~20:00
定休日 /月曜日(祝日の場合火曜日)

カフェ ビーフリー

オシャレなワゴンが目印のカフェです。レトロな雰囲気で、お買い物途中の休憩、おやつタイムにピッタリなタピオカドリンクやパフェなどのメニューが揃っています。

カフェ ビーフリー

レトロな雑貨も置いてあり、見ていて楽しくなるような店内です。遊び心があって子どもも退屈しません。早速、小腹が空いていたので、和風抹茶パフェ450円(税込)を注文しました。

和風抹茶パフェ

抹茶パフェはクリームと白玉がたっぷり入っていて、ボリューミーです。食べるとお腹いっぱいになりそうです。

たっぷりクリームの下に、ソフトクリームが入っています。甘めの抹茶味をたっぷり味わうことが出来るので、子どもにもオススメです。意外とたっぷり入っているのでパフェ1つでもお腹いっぱいになりました。

カフェ ビーフリーは他にもソフトクリーム、タピオカドリンク、コーヒーなどドリンクメニューも充実しています。大人も子どもも大好きなメニューが揃っているので、休日のおやつタイムや、お買い物のついでにオススメですよ。

カフェ ビーフリー

住所 /北海道函館市石川町52-15 サントルマルヤマ1F
駐車場 /有
不定休

至福のひと時を味わえる函館スイーツ

観光のついでに、お土産として楽しめる美味しいスイーツが函館にはたくさん揃っています。甘いものを食べると幸せな気分になりますよね。函館スイーツは甘いもの好きな人だけでなく、甘いものが苦手な人でも思わず「美味しい!」と、言ってしまうような優しい甘さのものが揃っているのです。

函館でのスイーツ巡りや観光で歩き疲れた時の休憩に、美味しいスイーツを楽しんでみてくださいね。

上へ戻る