京都の喫茶店・自家製グルメと紅茶が魅力のイギリスカフェ

京都の喫茶店で、日本を代表する和があふれる街にいながらも、英国の空間を味わえるカフェレストランを紹介。自家製にこだわった食事は他のお店にはない、思わずリピートしたくなる唯一の味。

京都の喫茶店・自家製グルメと紅茶が魅力のイギリスカフェ

京都のアンティークな喫茶店

古くから日本の都として栄えてきた京都には、昭和レトロな雰囲気の店内や外国にいるような異国情緒漂うお店など、地元でも人気の喫茶店がたくさんあります。

京都へ観光する際に、ぜひ立ち寄って足休めするスポットとして最適な「京都の喫茶店」を紹介します。

カルネリア再會(さいかい)

阪神高速京都線山科入口(稲荷山トンネル)の降り口からすぐのところにある喫茶店が「カルネリア再會(さいかい)」さんです。京都市営地下鉄東西線椥辻駅からは徒歩25分程度とちょっと遠いですが、今年で営業を始めて41とのことで、界隈の人たちに古くから親しまれている喫茶店です。

カルネリア再會(さいかい)

外観は、住宅街の中に森があるのかと思うくらいの緑に囲まれています。

緑に囲まれていますね

玄関も本当にアンティークな雰囲気です。

風見鶏の看板があります

この風見鶏の看板は有名らしいです。きっと開店のころから毎日ここにあったのでしょうね。訪れた時は暑い日だったのですが、木がたくさんあるため自然の木陰で涼しさを感じるようです。

イングリッシュガーデン

看板の横から少し見えていた庭の部分です。この店は、イングリッシュガーデンがあり、お店の周囲をぐるりと見て歩くことができるようになっています。

さらに室内の席のほか、庭の部分にもオープンテラスがあります。こちらのスペースはペット連れでも利用できるようになっていますが、天気が良い時だとオープンテラスで庭を楽しみながらお茶を飲むのもおすすめです。

ストーブらしきものがあったりするところを見ると、ある程度寒いときでも外での飲食ができるのかもしれません。

窓辺にプランターがあります

写真の左側に写っている丸いものがそのストーブです。窓辺にもプランターが並んでいます。季節によって花も変わるのでしょうか。変わりゆく花の種類を楽しみにしながら季節ごとに訪れるのも楽しいですよね。

室内はアンティークです

そして、室内はこちらです。この店は入口を入ったところで左右に部屋が分かれていて、こちらは右側なのですが「喫煙席」と「禁煙席」で分けられていると思います。木の椅子に木のテーブル、飾られた調度品、ステンドグラスなど、なんともアンティークな雰囲気を醸し出していますよね。

今回はこの「カルネリア再會」さんのメニューを紹介します。

カルネリア再會

住所:京都府京都市山科区西野山射庭ノ上町67-11

カルネリア再會メニュー/ビーフシチューセット

値段:1,700円(税込)

お庭が素敵な「再會」さんですが、なんとお庭で炭と薪を使ってローストビーフを作るとか。もしかしたら、ストーブだと思ったものは、ローストビーフを作るのに使うのでしょうか。お肉がおいしいとウワサのお店ですので、ビーフシチューを注文してみました。

ビーフシチューセットには、サラダ、ライス又はパン付のセットと、そのセットにさらにスープがつくセットがあります。今回はサラダとパンのセットにしてみました。

サラダとパン

まず運ばれてきたのは、セットのパンとサラダです。

サラダが新鮮ですね

レタスにタマネギ、ニンジンにパプリカ、水菜など、いろんな種類の野菜が彩りよく盛りつけられて、とてもキレイです。小鉢サイズでなくプレートに盛られて運ばれてきますのでボリュームがたっぷりあります。

ロールパンに溶かしバター

こちらはロールパンです。バターもわざわざナイフでつけなくてもいいように、溶かしバターになっているところに細かい気配りが見えますよね。開店してから何十年と続けられる秘密がここにも垣間見えます。

ビーフシチュー

そして、こちらがビーフシチューです。「STAUB」というメーカーの食器に入ってきました。真ん中に大きな肉の塊がドンとあります。中には大きめにカットされたジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、タマネギが入っていて、クレソンがトッピングされています。

お肉の塊がボリュームを感じます

お肉を「持ち上げる」という言葉がピッタリの、大きな塊が入っています。ナイフがないので一瞬「どうやって食べようか」と思いましたが、肉はよく煮込まれていて口の中でホロッとくずれます。ビーフシチューだと、お肉がもっと小さいイメージだったので、お肉が大きくてびっくりすると同時にうれしくなりました。

ソースももちろん自家製で、野菜や肉のうま味がよく溶け込んでいて濃厚な味わいです。野菜嫌いの人でも、このソースをつけて食べたら、美味しく食べられるのではないでしょうか。パンにつけて食べても美味しかったです。

ビーフシチューと聞くと、どうしても肉の印象が強いメニューではあるのですけども、全体としてみると、野菜がたっぷりあることがうれしいです。しかも、サラダにもシチューにも、使われている野菜の種類が多いのがまたいいところです。栄養バランスもよくて、ボリュームも十分にあるという、とても身体に良さそうなセットでした。

カルネリア再會メニュー/スコーンセット

値段:1,000円(税込)

ビーフシチューはどちらかというと、しっかり食事をしたい時にいいメニューでしたが、「休みの日」や「朝が遅かったので軽く食べたい」時ならこちらのメニューがオススメです。

スコーンセット

スコーンセットは「スコーン」と「紅茶」または「コーヒー」のセットなのですが、イギリス気分ということで紅茶をチョイスしてみました。紅茶は1杯だけではなく、ティーポットで運ばれてきます。

紅茶

夏らしく涼しげで透明なティーセットがオシャレですよね。紅茶は2杯~2杯半といった量でしょうか。無色のカップなので、色がとてもきれいに映って優雅な気分に浸れます。

そしてこちらがスコーンです

スコーンはこちらです。自家製の焼き立てということでクリームとジャムを乗せるために割ろうとしたら写真に湯気が写るかもしれないと思ったくらいのアツアツでした。

ほんのり甘そうなイチゴジャムをかけます

ジャムはイチゴで果実がたくさん入っています。市販されているジャムに比べるとゆるめで、いかにも手作りのジャムという感じです。スコーンそのものは甘みがあまりついていないこともあって、クリームとジャムをのせると本当に甘くて美味しかったです。

イングリッシュガーデンを眺めながら、スコーンを食べつつ、紅茶を楽しむ…まるでイギリスでお茶の時間を楽しんでいるような気分になりました。

カルネリア再會メニュー/ケーキセット

値段:1,000円(税込)

カフェでお茶をする時に忘れてはいけないのがおいしいケーキです。「カルネリア再會」さんには、7種類のケーキがありますが、その中のシフォンケーキは季節によって内容に変化があります。どれも美味しそうでとても迷いましたが「フルーツタルト」に決定しました。ドリンクは暑かったのでアイスティーです。

フルーツタルトとアイスティー

クリームが見えなくなりそうなくらいフルーツが盛られています!入口のところにケースがあって、ケーキが飾られているのですが、このケーキがホールの形に並べられていまして、本当においしそうだったのです。メロンが円形になるように並べられていて、やっぱりこのたっぷりフルーツには逆らえません。

大きなイチゴが乗っかってます

赤肉メロンに大きなイチゴ、ブドウは巨峰とデラウェア、そして季節のサクランボがきれいにトッピングされています。サクランボの枝は短くカットされていて、食べやすい工夫がされていますよね。

カスタードがとろりとしてます

銀紙をはがして横から見てみましょう。カスタードクリームの黄色い部分の表面に模様みたいなものが見えるでしょうか。それだけカスタードクリームがとろりとしていて、しかもたっぷり載せられていることがわかります。フルーツ、クリーム、タルト生地で3層になっています。

食べてみると、トッピングの生フルーツはサッパリと、クリーム部分はとろりと甘く、タルト生地はサクサクしていていろいろな食感、味わいが楽しめます。

京都の喫茶店は雰囲気あふれるお店がたくさん

場所が地下鉄やバス通りから少し離れていることもあって、あんまり知られていないかもしれませんが、近くには忠臣蔵で有名な大石内蔵助にまつわる大石神社があります。観光のついでにアフタヌーンティーを楽しむのもおしゃれですよね。ぜひイングリッシュガーデンを楽しみつつ、イギリスを旅している気分で味わってみてください。

上へ戻る