DIY工具を揃えるなら・女性でも扱いやすい理想のツール

DIY工具は、ドライバーやメジャー、ハンマーなど基本的な物を揃えるだけではなく、タッカーやグルーガン、さしがねなど応用できる物までゲットしておくと作業スピードや耐久性も上がり、仕上がりも美しくなるのです。

DIY工具を揃えるなら・女性でも扱いやすい理想のツール

女性にも人気のDIYは工具が命

DIYとは「Do It Yourself」の略で、元々は「リフォームなど生活空間の改善を専門業者に頼らずに自分で行う」というポリシーを提唱したものです。

今では当初よりも幅広く捉えられ「様々な物の修理や修復・モノ作り全般」に当てはまり、壁紙の張り替えから、小物入れをオシャレにカスタマイズする事まで全てDIYというわけです。

趣味と実益を兼ねて「なるべく自分でやっちゃおう」という事ですね!

「DIY女子」のブログや、「DIY女子部」の誕生、ホームセンターで女性対象の「塗装講座」も開かれ、かつての「男子の仕事」「男の趣味」を好む女子が増えていますし、自分が欲しいと思ったものを自分で作れるのがDIYの最大の魅力です。


これからDIYを始めてみようと思っている初心者さんのアナタは『最初は100円ショップで売っている工具でもいいか』と思っていませんか?自分の理想のモノを作るためにも、まずは道具選びが重要になります。用途に合った使いやすい道具を選ばないと、思った通りのモノ作れないだけではなく、失敗の原因や耐久性が悪くなることもあるので、素材以上に道具にはこだわって揃えるようにしてくださいね。


親元から離れて一人暮らしをはじめるなら『少々の事は自分でやってみよう!』ということで、先ずは組み立て家具などから始めてはどうでしょうか?最近ではオシャレでリーズナブルな組み立て家具も増えています。

そこで、趣味と実益を兼ねてDIY女子デビューを目指そうとしているアナタに、持っていると便利なDIY工具を紹介します。

1.ドライバー

ドライバー

やはり先ずは、家具を組み立てる際に使用することが多い「ドライバー」が必要になります。DIY女子を目指す人のための雑誌の付録についたくらいメジャーなアイテムです。

かなりの種類がありますが、最初は500円~1,000円程度の形が違う6~8本ほど入ったセットがオススメです。

使い方に慣れてきたら先端にマグネットが付いていてネジがポロッと落ちないよう工夫がされているドライバーなど、自分好みの1本を探すようにしてくださいね。


また、力に自信のないDIY女子に欠かせないアイテムのひとつが、電動ドライバーです。普通のドライバーを使って、ねじを回していく作業は意外と力を使い、握力が弱い女性はすぐに疲れて作業が思うように進まなくなります。

しかし電動ドライバーがあれば、手作業とは比べ物にならないスピードでネジまわしができるので、作業時間を大幅に短くできますよ♪

電動ドライバーのメリット

作業効率のアップに大活躍する

本格的な電動ドライバーは、大きくて値段も高額です。小さな女性の手で使いやすいサイズの電動ドライバーなら、軽くて初心者でも子供でも簡単に使えますね。

充電式のコードレスタイプの物なら小回りが利いて、使いやすいので、おススメです。

2.メジャー

メジャー

「コンベックス」とか「スケール」とも言いますが、いわゆる巻尺です、長さを測る部分が金属製で、3~4mのモノが、おススメ。

寸法をキッチリと測っておかないと、わずか2~3mmの差でも家具が入らなくなる残念な結果になりますので、まっすぐ正しい測り方をしてくださいね。

3.ラジオペンチ

ラジオペンチ

普通のペンチでもいいのですが、先が太いので細かい作業には向いていません。

針金の先端をくるっと丸めて可愛さを出す時などは、先が細くなっている「ラジオペンチ」を使うと、より細かく動かすことが出来るので便利です。

4.万能レンチ

万能レンチ

ナットを回すためのレンチも家具の組み立てには必需品となります。

本来ならサイズ違いで最低6~8本は必要となりますが、2本でほぼ全てのサイズに対応できる「万能レンチ」も市販されています。

同じく様々なサイズに対応できる「モンキーレンチ」でもいいのですが、万能レンチのほうが確実にサイズを合わせることが出来る特徴があります。

5.(プラスチック)ハンマー

ハンマー

いわゆる「金づち」ですが、釘を打たないのであれば重い鉄製のものよりも、樹脂や硬質ゴムで出来たもののほうが女性でも扱いやすく怪我などの事故が起きる心配も少ないので安心して使うことが出来ます。

6.小型のこぎり

小型のこぎり

好きなサイズにカットができるのこぎりは、家具作りなど木材を使用するDIYの必須アイテムですが、大きなノコギリは力の弱い女性には扱いにくい工具のひとつですよね。

でも、女性向けに作られた「小型軽量のこぎり」なら大丈夫です。

デザインも可愛くてオシャレなのはもちろん、刃渡りが短く握りやすいグリップも付いているので、のこぎりを使ったことが無い女性でも簡単に扱え、DIY作業がスムーズにはかどりますよ♪

7.タッカー

タッカー

タッカーは分かりやすく言うと大きなホッチキスです。普通のホッチキスでは止められないような、壁紙や板を大きな針で固定できるので、DIYの幅がグッと広がります!

しかもくっつけたい物の上でレバーをぐっと押すだけの簡単操作ですので、釘などを打つよりもずっと手軽に、短時間でできるので、GETしておきたいアイテムです。

タッカーのメリット

力が要らないので、釘打ちが不安な女子にピッタリ

タッカーは小さなものであれば100円ショップでも購入できますし、壁紙などの大掛かりな物以外にも、おしゃれなファブリックボードづくりにも活躍してくれるので「ニッパー」と「千枚通し」もしくは「専用の針抜き」があれば、簡単に針をとることもできるので、気軽にDIYを楽しめます。

8.キリ

キリ

ネジを付けるとき釘を打つ要領でいきなり刺すと、ねじが曲がったり、板がヒビ割れる恐れがあるので、あらかじめキリを使って穴を空けておく必要があります

実は、このひと手間で仕上がりにぐっと差が出てくるのです!ひとつ工程が増えるので、時間がかかるように見えますがキリで穴をあけた方が1回で確実にネジを取りつけることが出来るので作業の効率はアップします

キリを使うメリット

仕上がりも耐久性も良くなる

キリを使えばネジによるヒビ割れの恐れがなくなるので、出来あがった作品の耐久性も見た目も良くなります。しかしキリは曲がりやすい消耗品なので100円ショップなどで購入して、傷んだら買い替えるというスタイルが、おススメです。

9.グルーガン

グルーガン

接着の道具として人気なのがグルーガンです。グルーガンの中に入れた樹脂製の棒を電気で高温にして溶かし、接着したい場所に付けることで接着剤の役割を果たしてくれます。

また、グルーガンの人気の理由は扱いやすさで、手を汚さずに接着剤を付けることができますし、温度が下がるとすぐに固まるので、ボンドを使うよりも完成時間を大幅に短縮できます

グルーガンのポイント

・掃除が楽
・色々な素材に使える
・固まるまでの時間が早い
・電源を入れて使えるようになるまでの時間が早い

くっつけるモノの素材によって向き不向きがある木工用ボンドと違い、グルーガンは金属やプラスチックも簡単に接着する事ができます。サイズも小さいものが多く、たくさんのDIY女子に愛されているアイテムです。

10.電動サンダー

電動サンダー

電動サンダーは紙やすりを底に装着し、細かい振動をさせて木材から金属までをやすりがけができる道具です。手で「やすりがけ」をしようとすると、かなりの時間と労力を使うだけでなく、力の入りかたによってやすりにムラができるので、手作業では、おススメできません。

電動サンダーのメリット

表面をキレイに素早く研磨できる

やすりがけは表面を整えるためにとても重要な工程で、木材の塗装や加工の仕上がりがワンランク上がるので、持っているだけで本格的な作品が作れるようになりますよ。

11.さしがね

さしがね

さしがねは直角に曲がった定規です。長さを測ったり、直角を調べる際に便利なアイテムで、木材を直角に切る場合にはさしがねで測り、しるしを付けて切ると上手くいきますよ!

普通の定規で印をつけるデメリット

直角が上手く測れないため、失敗の原因になりやすい

直角が測れるさしがねは、家具作りには欠かせない道具です。使い方をマスターすれば、直角だけでなく45度、30度といった角度も差し金で確認できるようになりますよ!

DIY工具を揃えて楽しい趣味ライフを過ごそう

組み立て式の家具にはレンチなどが付属する場合もありますが、ほとんど全てと言ってよいほどチャチな代物で、効率が悪かったり手が痛くなったり、最悪の場合、ケガの原因にもなります。

薄っぺらなレンチで痛い思いをしながらナットを回すより、しっかりしたグリップのレンチで作業した方が、はるかに早く楽に作業ができます。

また、物作りを趣味にするところまでいかなくとも一人暮らしをしていれば、これらの工具が役に立つ場面がきっと出てくるはずです。どうでしょう、快適な生活のためにDIY始めませんか?


便利で使いやすい道具集めも、DIYの楽しみのひとつです。道具が揃えば初心者の人でも『こんなに簡単に出来るんだ!』とハマるキッカケにもなります。

また、女性向けの工具も多く出ているので可愛い色や柄だけでなく、値段も数百円~数千円程度で揃えれるのも嬉しいですよね♪

自分にピッタリの道具を揃えて、どんどん素敵なモノづくりを進めていきましょう。

上へ戻る