卵の殻を再利用・ムダのない食品で家事を楽するテクニック

卵の殻を再利用する家事テクニックは、昔ならどこの家でもやっていたおばあちゃんの知恵なのです。ガラス瓶をブラシも洗剤も使わずキレイに洗う方法の他にも、運動靴の頑固汚れを落とすテクニックなどを紹介します。

卵の殻を再利用・ムダのない食品で家事を楽するテクニック

卵の殻を捨てずに再利用する方法

ゆで卵や目玉焼き、たまごかけご飯などを美味しく食べたあと、生ゴミとして殻を捨てていませんか?実は、卵の殻は「掃除や洗濯」などに活用できる無駄のない食品なのです!

どの家庭でも食卓にのぼることが多くて冷蔵庫に常備度も高い卵ですが、普段から捨てている殻を洗剤代わりに使ったり出来るのなら、無理せずお金もかけずに利用できる優れものってことですよね。

まずは、卵を割るたびに殻を捨てずに乾燥させてとっておく習慣をつけてくださいね。

それでは、捨てずにとっておいた卵の殻を再利用するテクニックを紹介します!

1.ビンの中を洗う

ドレッシングやしょう油といった調味料など液体の保存には、透明なガラスの瓶を使うと残量が見やすく、繰り返し洗えるので綺麗で衛生的ですが、使っている内にだんだん曇ってきたり、汚れがついてきても内側が洗いにくいのも事実ですよね。

市販の専用ブラシを使っても「底」や「くぼみのある部分」など、洗い切れない場所もあり、形状に合わせてブラシをいくつも購入するのは勿体ないし、実際に汚れが落ちにくいのならムダというものです。

そこで、とっておいた卵の殻を使い汚れてくすんできたビンを洗ってみましょう。

卵の殻でビンを洗う方法

1.ビンに細かく砕いた卵の殻を入れる
2.4分の1から3分の1くらい水を入れる
3.フタをしてシャカシャカと振る
4.汚れが落ちたら殻と水を捨てて乾燥させる

卵の殻が研磨剤の役目を果たしてくれるので、落ちにくかった汚れやくすみがキレイになりますし、ピカピカになった瓶を見ると家の中にある汚れたビンを洗いたくなりますよね♪

水を入れたビンに卵の殻を入れて振る!


ガラス瓶に限らず「ペットボトルなどのプラ容器」や「洗いにくい狭い口の食器」なども、キレイになりますよ。

  • 水筒
  • 徳利
  • 花瓶
  • 哺乳瓶
  • 醤油さし
  • ペットボトル
  • スプレー容器(霧吹きなど)

※フタのない物は、手やラップで覆ってから振ってくださいね。

普段からお茶やコーヒーを入れて飲んでいるマグカップや水筒って、茶渋やステインがつきやすく使っている内に黒く変色していくものですが、これも同様に水と卵の殻を使えば洗剤や漂白剤いらずで、購入したばかりのようにツルンと綺麗にすることが出来ますよ♪

マグカップについたコーヒーの汚れも卵の殻で水洗いするとキレイに取れます。

2.ふきんの漂白

台所や食卓のテーブルを拭くためのふきんって、使っている内に黄ばんでくるのでしっかりと洗っていても、どこか汚らしい印象を持ちますし、新品のように白くさせるには漂白剤を使いますが、あの独特な「ツーン」としたニオイを嗅ぎたくない時は、卵の殻を使ってふきんを漂白することが出来ます。

ふきんの漂白方法

1.卵の殻と漂白したいふきん2、3枚を鍋に入れる
2.沸騰してから10分くらい煮る
3.鍋から取り出しくっついた殻を落として干す

卵の殻で「黄ばみが漂白」されるのと同時に、沸騰したお湯でグツグツと煮ることで「煮沸消毒」をしているので、殺菌・消臭効果もありますよ。

卵の殻は細かく砕かずに割った時のままの状態で煮ることで、お湯を捨てる時も散らばらずに処理することが出来ます。

卵の殻と「ふきん」を鍋に入れて沸騰してから10分くらい煮込みます。

3.運動靴を洗う

部活動やサークルで使った運動靴って、ドロドロの頑固な汚れがこびりついて水で洗ってもなかなか落ちないものですが、スニーカー用洗剤に細かく砕いた卵の殻を混ぜてゴシゴシと擦ることで、頑固な汚れが落ちやすくなります。

卵の殻が汚れを落ちやすくする理由

殻が研磨剤の役割をしてくれる

卵の殻の表面を触るとザラザラとした表面になっていて、さらに細かく砕くと「洗剤の汚れを落とす力」と「表面のザラザラが研磨する力」の合わせ技で、泥汚れなどの頑固な汚れが面白いくらい落ちていきます。

ざらざらとした卵の表面

ですが、靴によってエナメルなどデリケートな素材を使っている部分に細かい傷がつく可能性がありますので、十分に気をつけて洗ってくださいね。

日本人に馴染み深いタマゴは無駄のない食品

栄養価が高く「1日1個食べれば健康で元気になれる」といわれているタマゴは、食べ終わった殻も捨てずにとっておけば、様々なことに再利用できる無駄のない食品です。

食品の保存や調味料を小分けにして使っている保存瓶などは、使っている内にくすんで曇ってきますが、殻を細かく砕いてビンの中に水と一緒に入れてシャカシャカと振ることで新品のように綺麗に洗うことが出来ます。

日常的に使うタオルや汚れて黄ばんでくるふきんを、割った状態の卵と一緒に鍋で10分ほど煮ることで、炭酸カルシウムが熱に反応し鍋のお湯がアルカリ性に傾くので、煮沸消毒と同時に漂白をすることが出来ます。

また、殻の表面はザラザラとしているので研磨剤の役割を果たし、運動靴などのスニーカーについた洗剤だけでは落ちにくい頑固な汚れも落としやすくしてくれます。


他にも、卵を冷蔵庫で保存する時にドア部分の場所に置いておくと扉の開閉により「頻繁に温度変化する」「振動が加わりやすい」ので、パックに入れたまま中に置いたほうが鮮度も保ちやすくなります。

美味しくタマゴを食べた後は、殻を上手に再利用して無駄のないエコライフを送ってくださいね。

上へ戻る