たまになら遅刻の言い訳するとき使えば通用しやすいフレーズ6選

遅刻の原因を打ち明けるときのポイントは「共感を得られやすいこと」「緊急性があること」。これで「それなら仕方ないな」と相手に思わせることができるので、必要以上に怒られずにすみます。(たまになら)

たまになら遅刻の言い訳するとき使えば通用しやすいフレーズ6選

いざというときのために!
覚えておけば役に立つ遅刻の言い訳6選!

疲れがたまっていたり寝不足が続いたりすると、なかなか起きることができずに、つい2度寝をしてしまいますよね。
そして時計を見た瞬間、頭の中が真っ白…。なんて経験はありませんか?

特に寒い季節は、温かい布団からなかなか抜け出せずに2度寝や3度寝なんてことも多いのでは?

「寝過ごして遅刻した!」なんてことは許されず、くり返していると信用を失ってしまうので、朝は”気合い”が必要!

—————

普段遅刻をしない人なら、正直に「寝過ごしてしまいました!」で許さる場合もありますが、日ごろから遅れるクセがある人は『いい加減にしろっ』と叱られるだけ。

できれば遅刻せずにすむように規則正しい生活を心がけておきたいところですが、グッスリ眠っていても起きられないこともありますね。

そこで、万が一のときために覚えておいて損はない、職場の人や待たせている相手に理解してもらいやすい”遅刻の言い訳”を6パターン紹介します!

1『朝から体調不良で…』

遅刻の言い訳の定番と言えば「体調不良」。
急な頭痛や腹痛は誰にでも経験があるので、理解されやすいですね。

頭痛で悩む女性

使えそうなフレーズ

・朝から頭痛がひどかった
・腹痛でトイレにこもっていた
など…

ただし、同じ体調不良でも「風邪」と一括りにしてしまうと、1日中体調が悪いフリをしなくてはならなくなってしまうので要注意!

あとで体調を心配されたときに「薬を飲んだのでよくなりました!」と答えられる”頭痛や腹痛”を理由にすることがポイントです!

2『家族が体調不良で…』

こちらは、同居している家族がいる人におすすめなフレーズ!

寝込む男性と介抱する女性

「急な発熱」「ぎっくり腰」などで、病院に連れて行っていた…、などと答えれば自分の体調不良よりバレずに済みますよ!

3『電車(バス)が遅れていて…』

公共の交通機関などで通勤や通学をしている人は、電車やバスが遅れたことを遅刻の理由にするという方法もあります。

———-

電車を待つ女性

★電車やバスの遅れは不可抗力!

上司や先生も納得しやすい言い訳ですが、同時に非常にリスクが高いということも忘れてはいけません。

———-

インターネットで何でも検索が可能になっている現代では、簡単に遅延情報を得ることができるからです!

実際は遅れていないのに電車やバスの遅れを原因としてしまうと、嘘がバレてしまうだけでなく信用がガタ落ちなんてことも…。

実際に電車やバスに遅れが出てしまったときだけ使うようにしてくださいね。

4『目覚まし時計の電池が切れていて…』

時計を持つ女性

目覚まし時計の電池切れも”キケン予知”ができなかった不備とはいえ、一種の不可抗力。

ただし!

1年に電池が切れるのは多くても2回!

毎回『電池が…』となるとすごく不自然。このフレーズをしょっちゅう使うことは避けてください。

5『お財布を落としてしまって…』

電話・定期・携帯など、失くしたら困るものを落としたことにしてしまう方法です。

携帯を落としたことにすれば、すぐに連絡ができなくても不自然ではないですよね。

———-

また、お財布を落としたことにすればキャッシュカードの利用停止をするなど、急いで対策を取らなければならないものがあるため、遅刻の連絡が後回しになってしまっても疑われることはありません。

———-

ただし、後でいろいろと聞かれたときに困らないよう、しっかりとシナリオを組み立てておくことを忘れずに!

これ注意!

個人情報が入っているモノを落としたことにすると「始末書もの」になります!

★どういうこと?
会社勤めをいている人ならご存知ですね。

個人情報保護法で顧客のリスト(電話番号や名前)などをスマホなど個人の持ち物にメモリしている場合、それを紛失したら『いつ、どこで、どんな情報が記録されているモノを失くしたのか?』と、細かく報告する義務が発生しますよ。

6『道路が渋滞していて…』

自動車通勤の方は、道路渋滞も遅刻の原因として使うことができます。
ですが、この方法にはいくつかのポイントが!

気をつけるべき2点は?

・早めに家を出たことを伝える
・事前に電話連絡をしておく

道路の渋滞で遅れそうなときには連絡するだけの余裕があるので、事前に電話連絡を入れておくことを忘れずに!

言い訳するとき1番気をつけたいポイント!

紹介したほかにも遅れてしまったときの理由は、たくさんありますがこれだけは気をつけてほしいことがあります!

———-

それは?

「最近使ったフレーズを再び使わない」ということです!

———-

特に「目覚まし時計の電池を取り替えた」と言ったのに、また後日「時計の電池が…」なんて言ってしまった日にはもう目を当てられません!

そんなことを防ぐためにも「言い訳に使ったリスト」をつけておくこと。間違いを防止することができます。

—————

【本当は…】

ウソをついてボロを出すよりも、素直に遅れてしまったワケを話して遅刻をくり返さないように努力することが一番良いですよ。

また、これらの情報は「悪知恵」です。

『バレなければOK』という考えから信用を失ってしまう行動は、おすすめいたしません!なるべくなら規則正しい生活をして遅れないよう5分前行動をするよう心がけて!

上へ戻る