シュガーポットで砂糖が固まるのを防ぎ「さらさら」に保つ方法

シュガーポットの中で固まったカチカチの砂糖は料理するときの手間が増えてしまいます。
調味料保存用の密閉容器に入れても、湿気を吸いやすい砂糖の保管はけっこう面倒ですが、簡単な方法でサラサラに!

シュガーポットで砂糖が固まるのを防ぎ「さらさら」に保つ方法

料理の手間が倍になる!ガチガチの砂糖

和洋中といろんな料理に欠かせない調味料が「砂糖」。キッチン台の上にシュガーポットをそのまま置いている人、ムシの侵入を防ぎ衛生的に使うために冷蔵庫に置いているなど、砂糖の保管方法は家庭によって違いますが、湿気を吸いやすい「砂糖」はどちらの場合でも、あっという間に「ガチガチ」になるのが困りもの。

スプーンやフォークで砕こうとしても、簡単には崩れてくれません。砂糖の固まりを解消する方法はご存知の方も多いですね。

  • 砂糖を密閉袋に入れて水を数滴たらし一晩置く
  • フードプロフェッサーを使う

どの方法もサラサラになりますが、この手間が面倒ですね。はじめから砂糖をサラサラに保っておけば調理もスムーズにできます。

たったコレだけで砂糖がずっとサラサラ

湿気を吸い込んで石のように硬くなった砂糖は、包丁で割ろうとしても刃がたたず、料理をするときに「大さじ1」の分量さえ量ることができません。手や刃物でムリに割ろうとするのは、危険なのでやめましょう。

固まった砂糖

砂糖をサラサラに保つ方法はとても簡単です。調味料の保存容器に砂糖と一緒に「あるもの」を入れて混ぜるだけ!

砂糖をサラサラにする顆粒糖

「顆粒糖」です。
プレーンタイプのヨーグルトについていますね。顆粒糖1袋で500g程度の砂糖をサラサラに保ちます。

砂糖の保存容器に「砂糖」と「顆粒糖」を入れて、スプーンで混ぜあわせます。画像では色がわかりやすいように三温糖を使用していますが、白砂糖でも同じ効果を発揮します。

シュガーポットに顆粒糖を加える

砂糖と顆粒糖を混ぜる

シュガーポットに入りきれず、袋に入れたまま保管する砂糖の中にも「顆粒糖」を入れて混ぜ合わせます。袋口をクロージャーなどできっちり閉じておけば、砂糖の補充もラクラクになりますよ。

袋に残った砂糖

クロージャーで閉じてさらさら保存

上へ戻る