IT系資格・持っておけば就活や転職に有利なPCスキル

IT系資格を取っておけば、他の応募者との差を明確にすることが出来ますし、就職や転職に有利となることが多いのです。そこで、履歴書に書くと企業に一目置かれるIT系資格を紹介します。

IT系資格・持っておけば就活や転職に有利なPCスキル

就活やキャリアアップに役立つオススメIT系資格

情報化が進む現代では、IT関連の企業への就職を希望する人が増えていますよね。とはいえ、IT業界への就職を希望する人すべてが、採用されるわけではありません。そこで、他の応募者との差をつけるために、IT系の資格を取得しようと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

確かに企業によっては、資格を持っていることで就職や転職に有利になったり、給料面でのベースアップを期待できたりします。でも、ひと言でIT業界と言っても、職種によって必要な知識や経験が異なるため、どんな資格を取得すれば良いのか悩みますよね。

そこで今回は、IT業界への就職や転職はもちろん、キャリアアップにも役立つおすすめのIT系の資格を紹介します。

Microsoft Office Specialist (MOS)

パソコンを使う女性

MOS(Microsoft Office Specialist)とは、ExcelやWordといったMicrosoft Officeをどの程度使いこなせるのかを客観的に証明できる資格で、パソコンを使う職種であれば取得しておいて損はない資格です。

面接などで「Wordが使えます」「PowerPointが使えます」と言っても、どの程度なのかその場では証明しづらいですよね。でも、MOSがあれば説明をしなくてもアナタのスキルを証明してくれます。

MOSは、200ヶ国以上の国や地域で実施されているので、取得しておくだけで、国内外を問わず、そのスキルが認められるんです。さらに、受験後すぐに合否判定が出るので、取得したその日から履歴書に記載できるのも嬉しいですね。

MOSの試験科目

Microsoft Office製品は、バージョンごとに機能が異なりますよね。そのため、MOS試験もバージョンごとに用意されており、試験科目もソフトごとに独立しているので、自分のスキルに合わせた受験が可能です。WordとExcelのみ、スペシャリストレベルのほかに、Part1とPart2のふたつからなるエキスパートレベルが用意されています。

ただし、MOSは資格のバージョンアップや更新制度がないので、別のバージョンや新しいバージョンの場合には、新たに資格を取得する必要があるので気をつけてくださいね。

また、同一のバージョンの中で、複数取得すると「マイクロソフトオフィス スペシャリスト マスター」の称号が得られます。就職や転職活動がさらに有利になるだけでなく、自信にもつながるので、狙ってみるのもおすすめですよ。

気になる難易度は?

パソコンをほとんど触ったことがない初心者やパソコンを触ったことがあってもOfficeソフトをいじったことがないという人には、難しい試験ですが、スクールや通信講座などを活用してしっかりとした知識があれば、それほど難しい試験ではありません
合格率は非公開なので、正確なところは把握できませんが、統計によると、スペシャリストレベルで8割、エキスパートレベルで6割が合格していると言われています。

キータッチ2000テスト

キーボードを打つビジネスウーマン

企業の応募要項に「キーボードをスムーズに打てる方」と記載されていることがありますよね。でも、自分の入力速度を証明するのは困難です。自分では早いと思っていても、実際には企業が求める入力速度に及ばないなんてこともあります。そこでおすすめしたいのがキータッチ2000です。

キータッチ2000は、日本商工会議所が主催する試験ですが、合否を判定するものではありません。試験時間10分の間に、ディスプレイ上に表示される2000文字の英字・数字・記号をどれだけ入力できたかにより、キーボードを使ったタイピング技能を証明するもので、試験後、受験者全員が技能認定証明書を受け取れます

2000文字全ての入力を終えれば、正確性やスピードの証明にも役立つ「ゴールドホルダー認定書」がもらえますよ。平成28年現在、受験料が税込1,540円とお手頃価格なので、受験しやすいのも嬉しいポイント!タイピング技能を証明するだけでなく、ブラインドタッチを身につけたい方や入力スピードをアップさせたい人にもおすすめです。

ITパスポート試験

ITパスポートは、ITに関する基礎的な能力があることを証明する国家資格です。ITパスポートの試験範囲は幅広く、マーケティングやセキュリティ、ネットワークなどの知識も必要になるため、総合的なITの基礎知識があることの証明にもなります

試験はコンピュータを使って回答するCBT方式を採用しており、一部地域を除き毎月のように開催されているので、受験しやすい資格です。就職の決め手や収入アップに繋がる資格ではありませんが、社会人にとっては必ず役立つスキルです。持っていることで、上を目指そうとする意思が企業側に伝わる可能性も高まりますよ。

ITパスポート試験の難易度

合格率は40~50%程度

しっかりと勉強すれば独学でも十分に合格を狙えますが、試験範囲が広いので効率良く合格を目指すならスクールや通信講座を利用すると安心です。

基本情報技術者試験

キーボードとネットワーク

基本情報技術者試験(FE)は、経済産業省が認定する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつで、ITエンジニアの登竜門とも呼ばれる資格です。

システムエンジニアやプログラマーを目指す人、ITエンジニアとしてのキャリアを積んでいきたいと考える人におすすめです。実用的な基礎知識が得られるだけでなく、実務にも役立ちます

基本情報技術者試験の難易度

合格率は20~30%程度

基本情報技術者試験の難易度はITパスポート試験よりも上ですが、適切な勉強をすれば独学でも合格を目指すことが可能です。

ITパスポートの資格を持っていれば、その知識がそのまま役立ちますよ。

応用情報技術者試験

高い技術はもちろん、システムやソフトウェアの管理、経営などの知識が身に着く応用情報技術者試験(AP)は、基本情報技術者試験と同じ「情報処理技術者試験」区分の国家資格のひとつで、ワンランク上のエンジニアとして活躍したい人におすすめ。

実務経験があれば、この資格ひとつで、あらゆる職場に通用するほど価値の高い資格です。

応用情報技術者試験の難易度

合格率20%程度

ソフトウェア開発技術者試験よりも難易度は低いものの、国家資格の中でも難関の部類に入るほど難易度が高いので、しっかりとした勉強と対策が必要です。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークエンジニアの女性

ネットワーク系のエンジニアを目指す人におすすめしたいのが、ネットワークスペシャリスト試験(NW)です。

システムのインフラを構築するために欠かせないネットワークの高い知識を得ることができるので、システム基盤の規格や開発、運用、保守などさまざまな場面で活躍できます

ネットワークスペシャリスト試験の難易度

合格率15%程度

スペシャリストというだけあって、独学では厳しいほど難易度は高めです。取得を目指すならスクールなどを活用するのがオススメです。

情報セキュリティスペシャリスト試験

IT化が進むことで増えている「情報漏洩」や「ウイルス被害」を未然に防ぐためには、システムの脆弱性を発見、修正、開発、運用できるだけの高い知識が必要です。

この高い知識を得られるのが情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)です。情報セキュリティの重要性が高まっている今、もっとも必要とされていると言っても過言ではない資格です。

就職や転職の際に高い評価が得られるだけでなく、大企業からオファーがくることも!これを持っていることで、試験の一部が免除になる資格試験もありますよ。情報システム管理者やセキュリティエンジニアを目指す人におすすめです。

情報セキュリティスペシャリスト試験の難易度

合格率15%程度

高い専門知識を必要とするスペシャリスト試験なので、難易度は決して低くありません。

面接にはやる気やコミュニケーション能力も必要

IT系の資格を取得していることを条件としている企業もありますが、必ずしも就職や転職に資格が必要になるわけではありません。最終的な採用の判断には、やる気やコミュニケーション能力が大きく影響することもあるんです。

たとえば、同じ資格を持つ2人がいたとして、一方は、やる気や情熱があり、コミュニケーション能力に長けている、もう一方はそうでもないという場合、どちらが採用されるのかは一目瞭然ですよね。特に、実務経験がない人の場合、資格だけでなく人柄も重視されます

IT関連企業に限らず、仕事は1人でするものではありません。同じ部署などの仲間が集まり、力を合わせることでひとつのプロジェクトを完成させていくためには、コミュニケーション能力は必要不可欠

資格を取得することだけに捉われ過ぎず、コミュニケーション能力を磨くことも忘れずにいてくださいね。

上へ戻る