口内炎の治し方・早くなくしたい我慢できないズキズキ痛み

口内炎の治し方をまとめて紹介します。口内炎は、ビタミン不足、ストレス、免疫力低下など様々な原因があります。口内を清潔に保つことはもちろん、食生活の見直しや、病院で薬を処方して貰うと早めに治せますよ。

口内炎の治し方・早くなくしたい我慢できないズキズキ痛み

とにかく痛い!口内炎の治し方

多くの人が経験したことのある口内炎は、食生活の乱れ、寝不足、ビタミン不足、ストレスなど様々な原因からできてしまいます。

放置していても治りますが、食事を思うように摂れなかったり、しみたりしてとてもつらいですよね。

あまりの痛みで眠れなかったり、食欲がなくなって、余計に悪化してしまうこともあります。 患部に直接塗る軟膏や、対処法はたくさんありますが、できればより早く治したいものです。そこで、実際に行って効果的だった口内炎を治す方法や薬を紹介します。

口内炎の原因

口内炎ができると、痛くて食事が出来ないだけでなく、仕事や勉強の集中力を妨げます。一度できると何度も繰り返し、なかなか治りにくいですよね。口内炎は歯茎や下、唇などできる場所も様々です。

一方で、口内炎がほとんど出来ず「悩んだことがない!」という人もいますよね。この違いはどこにあるのでしょうか?まずは、口内炎ができる原因を知り「どうして口内炎ができやすいのか」をチェックしてください。

1.傷が原因

原因として最も多く、ほとんどの人が一度はなったコトがある傷からの口内炎です。傷ができた刺激や細菌が中に入ったことで炎症が起きて痛みを感じます。

口内炎は口の中の傷からできる

口内炎の原因

・口の中を噛む
・食べ物が刺激する
・歯ブラシで傷つける
・火傷をする

※薄い粘膜で覆われている口内は傷つきやすい

口の粘膜はデリケートで少しの刺激でも口内炎ができやすいため、固い食べ物が好きな人や、歯ブラシでゴシゴシ洗う人、熱い飲み物が好きな人は注意してください。

また、精神的なストレスを感じたり、イライラしているときに口の中を噛む癖がある人は、特に口内炎ができやすいです。

2.免疫力が下がっている

口の粘膜は常に細胞が新しく作られ、壁を作って刺激から守られています。しかし、身体が弱って新陳代謝が落ちると粘膜を守るバリア機能が弱まり、口内炎ができやすくなります。

口内炎の原因

・ストレスを強く感じている
・疲労が溜まっている
・睡眠不足
・風邪をひいている

※身体が弱っているときは、免疫力も下がります

口内炎は体調によっても大きく左右されます。つまり、口内炎ができるのは身体の免疫力が低下しているサインでもあるので無理は禁物です。

3.栄養が偏っている

お肉を食べる女子

栄養のバランスが悪いと肌荒れするように、口の中も肌荒れを起こし口内炎を作ります。特に粘膜を作るビタミンB不足は口内炎の原因に繋がるので、食事やサプリメントなどで摂取するよう意識してください。

口内炎の原因

・コンビニ弁当や外食が多い
・好き嫌いが激しい
・バランスの悪い食生活を送っている
・野菜、果物を摂取していない

※特にビタミンB群が不足している人は要注意!

栄養不足でなる口内炎は修復するにも時間がかかり、さらには何度も同じ場所にできるという特徴があります。

4.ウィルスの感染

ウィルスにやられた女の子

ウィルスは体内だけでなく、口の中でも繁殖します。そして高熱や喉の痛みと一緒に口内炎を作りだすケースもあります。

口内炎の原因

ヘルパンギーナ
※コクサッキーウィルス感染が原因
ヘルペス性口内炎
※ヘルペスウイルスの感染が原因

ウィルスからなる口内炎は、通常よりもかなりの痛みを伴います。また、ヘルパンギーナは潜伏期間中でも人に感染させる力が強いので、注意してください。

5.カビが繁殖している

カビはモノだけでなく、体内でも繁殖します。白い斑点のようなコケが粘膜を傷つけ、口内炎の原因に。放置をすると、歯茎や舌までカビが繁殖して出血する場合もあります。

口内炎の原因

カンジダ菌という真菌が増えることで発症します。

元々人間は体内にコケの菌(常在菌)を持っていますが、体調が悪く免疫力が下がるとコントロールが出来なくなり、口などの粘膜から繁殖していきます。軽度であればこすると簡単に落ちますが、重度になると剥がれなくなります。

6.噛み合わせ

リンゴをかむ女性

食事中や会話中に頬を噛んで口内炎になる人は、噛み合わせが原因の可能性があります。特に何度も同じ場所を噛んでいる人は、歯並びに問題が生じているケースが考えられます。

口内炎の原因

・歯並びが悪い(ハサミ状咬合・出っ歯など)
・噛み合わせに問題がある
・歯並びの矯正器具が口の中で当たっている
・歯の治療した後のかぶせ物が同じ場所を刺激している

歯や顎の嚙み合わせは数ミリ違うだけで、口を傷つけやすくなります。また、歯の治療をした直後、かぶせ物が合っておらず、嚙み合わせがおかしくなり口内炎ができるケースもあります。

7.口の中で雑菌が繁殖している

肌を不衛生にしているとニキビができるように、口の中も不衛生にしていると口内炎ができます。口の中の場合は、虫歯菌や食べ物の残りカスから雑菌が繁殖するコトが原因とされています

口内炎の原因

・食後の歯磨きをしない
・口をゆすがない
・虫歯がある
・歯周病

※口の中を不衛生にしていることが原因です!

最近多いのが口から直接飲んだペットボトルを長時間放置し、再度、飲んだときに、大量の雑菌を口の中に入れてしまうケースです。これでは、どんなに歯磨きを頑張って口の中を清潔にしても無駄になるので注意してください。

水の入ったペットボトル

8.乾燥

秋、冬期間や鼻が詰まっている時に口内炎ができやすい人は乾燥が口内炎を作っている可能性があります。普段、口の中は唾液で湿度を保っていますが、乾燥をすると菌が繁殖しやすい環境になり、口内炎を作り原因となるのです。

口内炎の原因

・エアコンで乾燥した室内に長時間いる
・唾液の量が少ない
・口で呼吸している
・普段から水分補給をしない

乾燥で唇や口の中が切れて炎症を起こし、口内炎の原因になるケースもあるので、乾燥が気になる人は注意が必要です。

9.喫煙

タバコは身体に良くないだけでなく、口内炎の原因にもなります。身体の栄養素を破壊し、乾燥、傷を付ける、など3つの要因が重なって口内炎ができます。

口内炎の原因

・タバコが体内のビタミンを破壊する
・吸引時の熱で口内を傷つけている
・煙の蒸気で口が乾燥する

特にタバコを吸う量、吸っている期間が長いほど、口内炎ができやすい身体になっているので注意してください。

10.胃腸が弱っている

胃が痛い小悪魔な女子

胃腸と口の中は食道で繋がっていて、深く関わりながら消化をしています。口の中で口内炎ができると胃腸の調子も悪くなり、反対に胃腸が悪くなると口内炎ができる原因へと繋がるのです。

口内炎の原因

・ストレスで胃腸が弱っている
・消化の悪い食事ばかりをしていた
・よく噛まずに食べている

胃腸が弱っていると、いくら豊富な栄養を取り入れても消化できず、体内で循環されなくなります。すると口のバリア機能も落ちて、口内炎が出来ていくのです。

口内炎の治し方

口内炎を治す方法には、塩を付けてみたり、ハチミツを付けてみたりと様々な方法がありますよね。

自分の体質に合った方法を見つけられると治りが早くなります。

そこで、早めに治すために1番効果的な方法はどのようなものなのか、実際に効果のあった対処法をまとめて紹介します。

1.胃腸を休ませる

森の中で休んでいる女

口内炎の治すためにすることは1日2食にすることです。口内炎は、飲み過ぎや食べ過ぎで起こることが多いので、胃を休ませています。

水分補給をこまめしながら過ごしていると、1週間程度で完治します。

2.うがいをする

コップに入った水

口内炎ができてしまった時には、うがいを多く行うように心がけ、歯磨きは丁寧に行っています。

また、歯磨き後はデンタルリンスを使用し、歯肉炎予防の薬も併用してつけています。

口内を清潔に保つように心がけて、完治するまでの期間は平均で5日ほどです。

口内炎ができると、こまめにうがいをします。イソジンなどのうがい薬を使うので、しみますが、口の中を消毒できるので3日ほどで治ります。

口の中をいつも清潔に保つことが、早く治すために大切なことです。

3.ビタミンを摂る

栄養が豊富な野菜

口内炎にはビタミンが良いと聞いたので、にんじんと納豆を朝食の時に食べるようにしています。

薄味にして毎日続けていると1週間ほどで効果がでて、キレイに治っています。

健康的な食品なので、無理なく続けることができオススメです。

口内炎を治すために、食事の内容を見直したり、睡眠時間を確保したりするようにしています。

ビタミンBCを含むフルーツや海藻、殺菌効果のある蜂蜜を積極的に食べるようにします。口内炎ができる時は疲れている時が多いので、しっかり睡眠を取ることも心がけます。

早ければ3日で治っているので、オススメです。

ハチミツ

ビタミンB群のサプリメントを摂っていると、効果がありました。
摂取した翌日には痛みが和らぎ、少し小さくなっています。

口内炎ができていない時でもサプリメントを飲んで予防しています。

口内炎がよくできるので、ドリンクタイプのビタミン剤を飲みます。
コンビニでも販売されていて、手軽なのでオススメです。

小さくなってからは、ハチミツを付けると1週間から10日で完治します。

口内炎ができたときは、すぐにビタミンCが入った100パーセント果汁のグレープフルーツジュースや、アセロラジュースを飲みます。

飲むときは少ししみますが、1日コップ2杯くらい摂っていると、1週間以内には完治しています。

ピンクグレープフルーツのジュース

子どもの頃から口内炎ができやすい体質でした。また、ニキビや吹き出物も出やすく、肌荒れで悩んでいたところ、ドラッグストアでビタミン剤をすすめられました。

錠剤なので飲みやすく、楽チンでした。

飲み始めて3日間ほどでキレイに治ったので、効果が高いです。

口内炎対策、ビタミンを補う目的で普段からビタミン剤を飲んでいます。

口内炎ができやすい体質でしたが、だんだん改善されてきました。

ビタミン剤を飲まない日には毎朝、果物や野菜のミックスジュースも飲んでいます。

4.ハチミツを塗る

ハチミツ

母が教えてくれたのですが、患部にスプーンなどではちみつを塗るだけという簡単な方法です。
少ししみますが、甘くて塗りやすいと思います。

塗ってほぼ1日で痛みがなくなり、治りました。

忙しくて疲れが溜まると、胃が弱ってきて、口内炎ができます。いつも痛くてたまらないので困っていました。

友人に相談すると「純正のハチミツを口内炎に塗ると殺菌効果が働き、治りが早い」と教えてもらい、試してみました。

いつもより少し早く1週間ほどで治り、痛みも和らいだのでオススメです。

5.病院に行く

お医者さん

口内炎ができた時に、1番効果があったのは病院で出してもらった軟膏です。野菜中心の栄養や睡眠をとり、こまめに薬を塗ります。

2、3日で薬が効いて口内炎はほとんど治まります。

よく口内炎ができるので、病院に行きます。処方してもらっている口内炎用の塗り薬をつけると、いつも1週間以内には治っています。

ビタミンを摂れるサプリメントを普段飲むようにしてからは口内炎がほとんどできなくなりました。

よく口の中を噛んでしまうので、口内炎になりがちです。ひどくなるとなにも食べられないので、病院に行きます。

口腔外科へ行き、薬をもらって、その後は塩水でうがいすると3日程で良くなります。

口内炎に効く薬

口内炎になった時、薬を付けて対処する人が多くみられましたが、市販の薬はたくさんの種類がありますよね。

どれがいいものか、効果があるものか悩んでしまう人が多いと思います。そこで、実際に使ってみて効果的だったものをクチコミと共に紹介します。

自分に合った薬を見つけられると回復が早まりますよ。

クールスロート/森下製薬

クールスロート 森下製薬
出典: www.medicare.jp

持ち歩きに便利なスプレータイプなので、いつでも手軽に使うことができます。価格は700円前後です。爽やかに潤うペパーミント風味で、届きにくい患部にも簡単に塗ることができます。


使い心地/クチコミ

痛みが強くなっている時や、食後に毎回使用しています。

手を汚さずにサッとスプレーするだけなので、簡単でどこでも使うことができます。

使い続けて1週間程度で完治するのでオススメです。

使い心地/クチコミ

食後に1日3回薬を患部につけると、すぐに治りました。

嫌な味がせず、爽やかなのでとてもオススメです。
使い始めて3日ほどで完治しました。

イソジンうがい薬/イソジン

イソジンうがい薬/イソジン
出典: www.isodine.jp

うがい薬でおなじみのイソジンは、口内炎にも効果的です。サイズは持ち運びに便利な30ml、50ml、120mlまで揃っています。ドラッグストアやスーパーで販売されていて、価格は500円前後です。


使い心地/クチコミ

口内炎ができたときに、イソジンでこまめにうがいをすると、だんだん良くなっていき、1週間ほどでなくなりました。

ドラッグストアで手軽に購入でき、うがいをするだけで簡単なのでオススメです。

口内炎パッチ大正A/大正製薬

口内炎パッチ大正A/大正製薬
出典: www.taisho.co.jp

パッチタイプの貼る口内炎、舌炎治療薬です。患部を刺激からしっかりカバーしてくれます。価格は700円前後です。貼っていても気にならない薄さと、優れた付着力で回復を早めます。


使い心地/クチコミ

口内炎がよくできるので、リピートしています。

薄いフィルムで簡単に貼ることができ、粘着力が非常に高いので、寝てる間でも剥がれません。

口内炎のできた場所が、狭い奥歯の横や、舌の裏側でもシールが薄く、貼りやすいのでオススメです。

使い心地/クチコミ

薄くて小さなフィルム状の薬を患部にペタッと貼って使います。

出来るだけ早く貼ると、1回で口内炎になるまでに治ってしまうことが多いのですが、悪化してから塗っても、1週間ほどで治ります。

食後に歯を磨いた後につけることで、効果がありました。口内炎ができそうだと思った時に貼ると、予防にもなります。

デントヘルス/ライオン

デントヘルス/ライオン
出典: denthealth.lion.co.jp

歯茎の腫れ、痛み、出血に効果的な塗り薬です。ベタつき感がなく、しっかり浸透してスーッとした塗り心地なので、不快な味がありません。歯肉炎、歯槽膿漏の改善に優れた効果を発揮する薬ですが、口内炎にも効果的です。価格は800円前後で販売されています。


使い心地/クチコミ

本来、歯槽膿漏対策の塗り薬ですが、口内炎にも効果があると記載されていたため、購入しました。

歯磨き後に1日2、3回塗ったところ、即効性があり、1日で治まりました。

ドラッグストアで手軽に購入できるところがお気に入りです。

ハイチオールBクリア/エスエス製薬

ハイチオールBクリア/エスエス製薬
出典: www.ssp.co.jp

1日1回飲むだけで、体の内側から肌荒れを改善してくれます。バランスよく配合された6種類のビタミンB 群が栄養素を効率よくエネルギーに変換し、効果を発揮してくれます。価格は30錠が900円前後です。


使い心地/クチコミ

口の中に口内炎ができてしまった時は、いつもハイチオールBを飲んでいます。

1回2錠を朝と夜に飲むのですが、小さい口内炎だと1日で治ります。ひどい口内炎でも、3日ほど飲むとキレイに治っています。

チョコラBBプラス/エーザイ

チョコラBBプラス/エーザイ
出典: www.chocola.com

肌荒れ、ニキビ、口内炎に効果的な錠剤です。活性型ビタミンB2を最大量配合し、粘膜の健康を守ってくれます。ドラッグストアなどで販売されていて、価格は1300円前後です。開閉に便利なワンタッチキャップを採用していて。いつでもどこでも飲むことができます。


使い心地/クチコミ

飲みやすい大きさの粒で、1日2回の服用なので、とてもお手軽です。

飲み始めてからだいたい1週間ほどで治り、どこでも購入できるのでオススメです。

使い心地/クチコミ

学生時代、疲れとストレス、更に不規則な生活でよく口内炎ができていました。

ひどい時には、朝夕の2回服用していましたが、使い始めて1週間以内にはキレイに治りました。

トラフルダイレクト/第一三共ヘルスケア

トラフルダイレクト/第一三共ヘルスケア
出典: www.daiichisankyo-hc.co.jp

無味無臭の貼るタイプの薬です。薄いフィルムから有効成分が溶け出し、口内炎にダイレクトに効いていきます。ドラッグストアで販売されていて、価格は1200円前後です。貼っている間は歯や食べ物などの刺激から患部を守ります。


使い心地/クチコミ

季節の変わり目に体調不良が続くと口内炎が出来ます。

口内炎が痛くて食事をするのも苦痛になっていたので、貼るタイプの薬を1日1回、寝る前に使用しました。塗り薬のように何度も塗らずに済むので楽チンです。

フィルムタイプで味もせず、いつの間にか溶けてなくなるので、剥がす手間がありません。

使い始めてから、長引いてた口内炎が3日で治ったので、今後も使い続けたいです。

栄養不足にならないことが大切

口内炎は舌や頬の粘膜、歯茎にできて痛むので、ついつい食欲が低下してしまいます。食欲不振で、なにも食べずにいると栄養不足で余計に治りにくくなります。

口内を清潔に保つよう心掛け、バランスのとれた栄養を補給し、規則正しい生活を送ることが早く治すために大切なことです。

また、歯医者、口腔外科など病院に行くことで効果的な薬を処方してもらえるので、痛みが続いた場合は受診しましょう。

上へ戻る