年賀状マナー・知らないと恥をかく年始あいさつ状の書き方

年賀状マナーを守っておけば、相手から不愉快に思われることもなく、いい人間関係を築くことが出来ます。意外と知られていないマナーもありますので、年賀状を送る前にポイントをチェックしましょう。

年賀状マナー・知らないと恥をかく年始あいさつ状の書き方

意外と知らない年賀状のマナー

正月に送る年賀状には「マナー」があります。友人への年賀状なら多少の間違いは許してくれるかもしれませんが、上司や会社の取引先への年賀状でマナー違反をすると、失礼にあたることもあります。

昨年お世話になった人に、気持ちよく新年を迎えてもらうためにも、どのように年賀状を書けばいいのでしょうか?そこで、親戚や友人だけではなく上司や会社の人に「しっかりした人だ」と、思われるためにも、年賀状を送る時のマナーを紹介します。

間違えやすい年賀状マナー

毎年、目上の人も友人もデザイン関係なく年賀状をなんとなく送っていませんか?もしかすると、会社の上司や親戚に「常識のない人だな」と思われているかもしれません。

そこで、間違えやすい年賀状のマナーを紹介します。すでに知っている人ももう1度確認の意味を込めてチェックしてくださいね。

1.松の内(1月7日)以降は寒中見舞いで送る

雪だるまの寒中見舞い

年賀状を送るとき、一般的には1月1日(元旦)から1月3日(三が日)まで届くようにポストへ投函すれば、失礼にはあたりません。

何か事情があって年賀状の送付が遅れて1月7日以降に届く時は、年賀状ではなく冬の挨拶状の「寒中見舞い」としてハガキを出すようにしましょう。

例年、12月中旬あたりからポストへ年賀状の投函を受け付けていることが多いので、12月に入ってから準備を始めると十分に間に合います。大晦日に近づいてくると年末大掃除や正月準備などで忙しくなることが予想されるので、早めに年賀状を作っておくと安心ですね。

寒中見舞いとは

・立春(2月4日頃)までに送る挨拶状のこと
・相手の体調や自分の近況を伝える

また、寒中見舞いは送る相手が喪中の時にも使うことが出来ますし、喪中だと知らず年賀状を送った時のお詫びとしても送ることが出来ますので、活用してみてくださいね。

2.賀詞は相手によって使い分ける

謹賀新年と書かれた年賀状

賀詞とは年賀状の裏面に入る「寿」「賀正」「謹賀新年」などの言葉のことで、送付する相手によって使い分けるのがマナーとなります。

目上の人へ送る時の年賀状マナー

4文字の賀詞を使う

「謹賀新年」
「恭賀新春」など

友人・目下の人へ送る時の年賀状マナー

1文字・2文字の賀詞を使う

「寿」
「賀正」
「新春」など

目上の人へ年賀状を送る時に「寿」など、4文字以外の賀詞を使うと失礼にあたり、イメージダウンする可能性がありますので気をつけてくださいね。

3.印刷しただけの年賀状は失礼にあたる

プリンタで印刷された年賀状

近年では、自宅にパソコンやスマホとプリンターがあれば簡単に年賀状の宛名と裏面を作れるようになりましたよね。また、裏面のデザインが既に印刷されているハガキも販売されています。

ですが、宛名も裏面に直筆のメッセージを書かずに送る、印刷しっぱなしの年賀状は味気なく、相手によっては「あなたのことはどうでもいいですよ」と、捉えられる可能性がありますので「本年もよろしくお願いします」などの1文を添えるようにしてくださいね。

4.忌み言葉を避ける

年賀状は元旦から松の内までに届く季節の挨拶状のことで、正月を迎えて大変おめでたい時期ですので、忌み言葉(不吉な言葉)を避けるのが一般的な年賀状マナーです。

指でNGサインを出す女

年賀状で避けたい忌み言葉

・特に気をつけたい「去年」は「昨年」と表現する
「滑」「落」「別」など、ネガティブなイメージの言葉を避ける

恋人が出来たばかりの友人や新婚の相手へ年賀状を送る時は「別れる」「避ける」など、失恋や離婚を連想されるワードを使わないようにしましょう。同様に、受験生がいる家庭へは「滑る」「落ちる」などの言葉を使用しないよう気をつけてください。

5.句読点を使わない

裏面へひと言メッセージを添える時には、句読点「、」「。」を使わないことが一般的な年賀状マナー。これは、新年を迎えた初日に「区切り」をつけることが縁起の悪いこととされているためです。

若い世代の人は文面に句読点が入っていても気にしない人が多いのですが、目上の方やお年を召した方など、礼儀を重んじる傾向のある人へ送る時は、句読点に気をつけるようにしてください。

6.書き損じたら作り直す

年賀状とペン

ボールペンや筆ペンなどのインクを使う文房具は、書き間違えると修正することが出来ませんが、修正液や修正テープをキレイに間違えたところを消すことが出来ますよね。

ですが、新年を迎えたお祝いをする年賀状に、修正液や修正テープを使うのは失礼にあたります。もし間違えた時は修正をせずに新しく書くようにしてください。

書き損じ年賀状は、販売終了までに無料で通常ハガキなどに交換できますので、捨てないようにしてくださいね。

7.喪中の相手には年賀状として送らない

喪中とは、身内が亡くなった時から1年間の時期を示し、喪に服して慎む期間です。最近では、そこまで厳格にやらない家庭も増えてきましたが、一般的には新年の挨拶である年賀状を断るため「喪中ハガキ」が送られてきます。

送られてきた喪中ハガキに「年賀状を断る文面」が書かれていた時は、年始状や喪中見舞い、寒中見舞いとして、新年のあいさつ状を送るようにしましょう。

年始状とは

喪中の相手などへ年賀状のかわりに出す新年のあいさつ状のこと

・「謹賀新年」など、めでたい賀詞を使わない
・「本年もよろしくお願いいたします」などの挨拶文で始める

年始状を送る時は、年賀状と同様に1月7日までに届くように送りましょう。また、年賀はがきではなく普通はがきに印刷して、デザインも干支の動物を使うのではなく、なるべくシンプルなものにするといいですよ。

8.年賀状を出していない人から届いたら返事を出す

年賀状をポストに送る

毎年出している年賀状の中でも、新たに届く人もいますよね。その時は忘れずに年賀状の返事を出すようにしましょう。

年賀状の返事を出すときのポイント

・遅れた理由を書く必要はない
・1月7日までに間に合わなければ寒中見舞いとして出す

また、焦って出す時はイラストをそのまま使って隅々までチェックが行き届かないことがあります。日時を「元旦」にせず、出した日にちに直して送るようにしましょう。

「元旦」には、1月1日の朝という意味がありますので、3日以降の到着になる時に「元旦」と書かれていたら少し変ですよね。来年にはしっかりと届くよう、住所録へ記載・登録しておくことを忘れないようにしましょう。

不愉快だった年賀状のエピソード

ここで、マナー違反の年賀状を送られて不愉快に思った人のエピソードを紹介します。

早く結婚しなよと言われているようでツラい

30代独身の女性ですが周りも未婚の友人が多いです。婚活の末にやっと幸せを掴み幸せですアピールをしてくる年賀状を送ってくる友人がいます。

幸せなのは良いことなので気にならないのですが、正直なところ、結婚式にも呼ばれていないのです。また、毎年送られてくる年賀状に「今年は良い報告を待っています」と、書かれているので不愉快な気持ちになります。

ポストの小物と年賀状

疎遠だった元彼からの結婚報告が来ました

学生時代の元彼から「結婚しました」という報告も兼ねた年賀状が送られてきました。

別れてから10年以上経っているので、素直に喜びたいところですが、結婚した奥さんが嫉妬深い人のようで、年賀状の文面には「僕はいま幸せです!あなたも早く結婚できるよう祈っています!」と、女性の文字で書いてありました。

私は数年前に結婚をしており、そのことも夫に聞かずハガキに書いてくる奥さんの嫉妬深さがとても不愉快でした。

年賀状マナーを守り気持ちよく正月を迎えよう

マナー違反の年賀状を送っていると、知らないうちに友人や上司、取引先の人から嫌われたり、イメージダウンするかもしれません。
年賀状は12月中旬あたりから街中のポストで受け付けていますので、元旦に届くよう12月に入ったら準備をしておくと安心ですね。

上へ戻る