お腹の音を止めたい・恥ずかしい腹の虫をバレずに退治する

お腹の音を止める方法はとてもカンタンで、しかも周りにバレずにこっそり出来ちゃうのです。さらに普段の料理の食べ方に少し気をつけるだけで、鳴りやすいお腹の音を解消することが出来ます。

お腹の音を止めたい・恥ずかしい腹の虫をバレずに退治する

お腹の音が鳴るのを防止するコツ

「グーグー」「ゴロゴロ」といったお腹の音は、胃の中にたまった空気が原因の自然現象で、健康な人なら誰でもお腹が空くと鳴るのですが、テスト中や会議中など静かな場所で鳴ると困りますよね。

お腹の音を止めるためには「その場で簡単にできる対処法」の他に「日頃から生活習慣に気をつけることで防止できる方法」があります。それらの方法を上手に組み合わせれば、いざという時にお腹が鳴って恥ずかしい思いをすることが少なくなるハズ。

シーンと、静まり返っている時にこそ鳴りやすいお腹の音を止める対処法を紹介します。

お腹が鳴るメカニズム

私たちの身体は、血糖値が下がると脳が身体にサインを出して空腹感を与えます。空腹を感じると胃は食べ物を受け入れる準備を始めるのですが、その時に胃の中にあった空気が腸へ移動して「グー」と、お腹の音がなるのです。

お腹が鳴る仕組み

さらに、お腹が鳴る原因は空腹だけではなく、お腹がいっぱいの時やお腹の具合が悪い時に、消化した際に発生したガスが原因で、お腹が鳴ることもあるのです。

つまり、お腹の音は身体の活動を示すサインなので、私たちの意志にかかわらず鳴るのです。

もしもの時にお腹の音を止めるには?

緊張するテスト中や図書館のような静かな場所で、お腹が鳴りそうになった時にオススメの音を止める方法があります。これらの方法はカンタンで、さらに周囲に違和感なく出来るので、いつでもどこでも気軽に試せますよ♪

背筋を伸ばす

お腹の中は「腹腔」と呼ばれ、まるで風船のように膨らんだ状態になっていることから、背筋を伸ばすことにより腹腔の容積が小さくなって、胃の収縮活動を一定時間抑えることが出来ます。

もし、お腹が鳴りそうだと感じたら背筋を伸ばして、お腹のあたりを意識してみると音が鳴るのを防げる可能性がありますよ。

背筋をストレッチする女性

お腹に空気を溜める

腹式呼吸をするように大きく息を吸ってお腹の中に空気を入れることで、一時的に胃の運動を抑制することが出来ます。

背筋を伸ばして鼻からゆっくり息を吸い込んだ時に、おへその下あたりに空気を貯めるイメージで、お腹を膨らませてみると効果的ですよ。

息を吐きながら背中を叩く

背中のちょうど胃の後ろにあたる部分を叩くと、腸へ移動する空気が促されてお腹が鳴るのを防ぐことが出来ます。

まずは息を吸って、ゆっくりと息を吐きながら背中を軽くトントンと叩いてみましょう。

お腹の音を止める方法

背筋を伸ばす
お腹に空気を溜めて胃の運動を止める
胃の後ろあたりの背中を叩く

炭酸飲料を飲むと空腹感が抑えられるので、一時的にお腹が鳴るのを抑えることが出来ますが、ゲップを我慢するとお腹にガスが溜まる原因になるので注意してくださいね。

コーラ

お腹の音を出さないようにするための注意点

大事な場面で、お腹が鳴る症状を防ぐために、普段から注意しておくポイントがいくつかあります。お腹の中からケアをして確実にお腹の音を防止する方法をチェックしてくださいね。

時間をかけてよく噛んで食べる

しっかりと噛まずに慌てて食べると、食べ物だけではなく空気まで胃に送り込むことになることから、お腹が鳴りやすくなります。

また、よく噛んでから飲み込むと食べ物に含まれる空気を減らす効果があるので、胃に空気が溜まりにくくなりお腹がなる原因を少なくすることが出来ます。

食事中に水分を摂りすぎない

食事の際に水分をたくさん摂りすぎると、胃酸が薄まり消化がされにくくなります。消化不良が起こると多くのガスが発生し、お腹が鳴りやすくなることから、食事中は出来るだけ水分を少しずつ摂ることが大切です。

規則正しい食生活を心がける

毎日規則正しく食事をしていると、お腹が減ってきて音が鳴るタイミングを予測できるようになるので、突然お腹が鳴って困ることを防ぐことが出来ます。

また、不規則な食生活を送っていると胃酸のバランスが崩れやすくなり消化不良を起こすので、お腹が鳴りやすい環境に繋がるのです。

お腹の音を出さないようにする方法

食事はよく噛んで食べる
食事中に水分を摂りすぎない
規則正しい食生活を心がける

お腹が鳴るのは自然現象ですが、やはり恥ずかしいものですよね。少しでもお腹が鳴らないように試してみてくださいね。

テーブルに並んだ食卓

規則正しくゆっくりとした生活習慣が秘訣

リズムのいい食生活を続けることで、胃腸が食べ物を調子よく消化できてお腹の音が鳴るガスを発生させにくくさせ、ゆっくりと噛んで落ち着いて食べることで胃に負担がかかりにくくなります。

また、背筋を伸ばすことで、お腹の空気を腸に送り、自然と音が鳴る前に原因を取り除くことが出来ますよ。

背筋を伸ばす
お腹に空気を溜める
息を吐きながら背中を叩く

など、刺激を与えることで「グー」と鳴りそうなお腹の違和感を解消することが出来ますので、試してくださいね。

上へ戻る