【上手い断り方】絶対に行きたくない遊びやデートを断る理由5つ

「せっかく誘ってくれたのにもったいない」「行きたくないけど断るのも気が引ける」というときに、ぜひ試してほしい誘ってくれた相手に嫌な思いをさせずに断る5つの方法を紹介します。

【上手い断り方】絶対に行きたくない遊びやデートを断る理由5つ

面白くない誘いを断る5つのポイント!

友人からの遊びの誘いや飲み会など、誘われてもなんだか気乗りしないときや、遊びに行くメンバーの中に苦手な子がいて断りたいときってありますよね。

ハッキリと「行きたくない!」と断ればいいのですが、そんな意思表示ができるのは少数。

多くの場合「せっかく誘ってくれたのだから…」「気まずくなったら困るし…」と、我慢して行くか、行けない理由を必死に考えて断っているのではないでしょうか?

中には、どうやって断れば良いのか分からずに、気乗りしないのに誘われるがまま…、という人もいらっしゃるのでは?

—————

気乗りしない誘いを断りきれずに”つまらない時間を過ごす”より、思い切って『NO』と言ってしまったほうが絶対イイはず。

面白くない遊びに行って時間を無駄にしたくない人たちに!

気乗りしない誘いを”角を立てずに上手く断る方法”を5つ紹介します!

1.先に予定があることを理由にする

気乗りしない誘いを上手に断る理由の定番中の定番「その日は予定があって…」は、使える理由がたくさんあり何度断る理由に使っても不自然ではありません!

ワインを飲む女性たち

例えば…

・会社の飲み会
・学生時代の友だちと遊びに行く
・家族で実家に集まる予定
など…

平日休日問わず、あなたが置かれている職場や家庭などの環境によって、さまざまな理由をつけることができますね!

2.体調不良を理由にする

頭痛で頭を冷やす女性

これは、いきなりの誘いを断るのに有効な方法です。
「風邪気味なので」という断り方をすると「咳やくしゃみなどが出ていないのに?」と不審に思われてしまうことがあるので、頭痛や腹痛などの痛みを伴う体調不良を理由にするとよいでしょう。

例えば…

・朝からお腹の調子が悪くて…
・なんだか頭が痛くて…
・歯が痛いから歯医者に行ってくる
など…

★家族と同居している人におすすめの方法は…?

あなたでなくとも、家族の体調が悪くて代わりに家事をしなければならないというシチュエーションを作ることができるので、不信感を与えることなく気乗りしない誘いを断ることができますね!

3.仕事の忙しさを理由にする

別の会社に勤めている友人からの誘いに使える方法です。

ただし!あなたの仕事をよく知っている友人に使うときにはバレてしまうこともあるので気をつけてください!

例えば…

・残業しなければいけない
・トラブルがあって、仕事が立て込んでいる
など…

★ドタキャンで使うことも出来てオススメ!

ですが、お店の予約をしているときなど人数が合わなくなってしまうので使いどころに注意です!

また、一緒に遊びたくない人からの誘いには、いつ時間が空くかはっきりしないことを合わせて伝えてもいいですよ!

4.ダイエット中を理由にする

お菓子をガマンする女性

女子同士だからこそ上手く断れる方法です。

「バレンタインまでに3㎏落としたいから、外食はしないことにしてるの」などと、イベントに絡めてどのくらい体重を落としたいのかを合わせて伝えることで、ダイエット経験のある女子には理解してもらえるはず!

それでも誘ってくる人には…

まだ目標超えてないから無理!

***
意思の固さをハッキリと伝えよう!

ダイエット経験のない女性や男性には、あまり効果がない方法ですが…他のどの理由より自然で女性にとって1番よく使える理由のひとつ!

5.金欠を理由にする

遊びや飲み会に行くとなれば必要になるのが、お金!
今月は金欠であることを理由に断るのもひとつの方法です。

例えば…

・無駄使いしちゃってお金なくて…
・旅行に行きたいから貯金してるの!
など・・

金欠を理由に断ると、お金を貸すよと言ってくれる人もいますが「友人と言えどお金の貸し借りはしたくない」という意思を伝えて丁寧にお断りしましょうね。

相手を不快にさせず、
でもしっかり断るのがポイント!

気乗りしない誘いを角が立たずに断るとき、使うフレーズに共通することは「どうしても行けない理由がある」感じを出せばOKということわかりますね。

ハッキリと断ってしまうと「なにあの人!」と不機嫌になってしまう人もいますし、毎回断っていると仲間内から孤立させられてしまうということもあります…。

そうならないためにも、5つの断るテクニックを使って「気が乗らない誘いを適度にかわす」ことが重要ですよ♪

上へ戻る