酔わない飲み方・飲み会で酔っぱらいにくくなるコツ

「お酒に弱いから」と、女子会や忘年会、歓迎会などお酒を飲むイベントが苦手という女性も多いのでは?お酒は飲み方でも酔いやすさが変わってきます。すぐに酔ってしまう飲み方を卒業しよう!

酔わない飲み方・飲み会で酔っぱらいにくくなるコツ

酔わない飲み方があるらしい

飲み会があると聞くと「美味しいお酒が飲めるぞ~!」と、張り切るお酒に強い女子もいれば「すぐに酔っちゃう」と、そもそもお酒が苦手なアルコールに弱い女子もいるもの。

社会人になると「嫌だなー」と思っても忘年会や歓迎会など、付き合いで断りにくい飲み会イベントがあるのもつらいところ…。美容や明日のことを考えるとなるべく酔わないようにしたいと思う女子も少なくないはず。

そこでお酒に酔わない飲み方を紹介します。「お酒に弱くて飲み会が苦手」なーんて女子こそ必見!

1.体調を万全に整える

朝の一言

これは、お酒がそれなりに飲める女子向け。いつもは“いけるくち”で5~6杯飲んでも「平気、へーき」と、余裕ぶっていても「今日は酔いがまわるのが早いな」と、感じたときは要注意!

寝不足はもちろんのこと、「少し咳が出る」「鼻水が出る」など風邪の症状で体調が優れないときのお酒は酔いやすくなってしまうもの。酷いと翌日に2日酔いに襲われたなんてことになってしまうかも。

飲み会を楽しみたいなら

・前日は早く寝るなど、体調を万全に整える

2.事前に胃腸の保護を忘れない

飲み放題に加えて、食べ放題も付いている飲み会だからといって「お昼抜いてきちゃったー」なんてことをすると、胃腸が活発に働いて急速にアルコールを吸収してしまい、あっという間に「顔まっかっか」という状況に…。

空腹を避けるために飲み会が始まるに200mlの牛乳1本、またはチーズをひとつ食べて、乳製品に含まれる油分で胃を保護すると、アルコールの吸収を遅くすることができてオススメ!

それでも酔ってしまったら

・ウコンドリンクを飲む
※食前、食後など、効果的な飲むタイミングに個人差があるため、事前自分にあったタイミングを探してみましょう。

3.おつまみを積極的に食べる

お通しや料理に手をつけないで、お酒ばかり飲んでいると、胃腸がアルコールをダイレクトに吸収してしまい、お酒の酔いを早めてしまう結果に…。

おつまみを食べる女性

お腹に食べ物が入っていない状態をさけるために、お酒を飲むときは「おつまみを食べながら」を忘れずに!「お酒が入ると食欲がなくなるー」なんて人は、お酒を飲む前にご飯を食べる習慣を身につけておくといいですよ。

酔い防止のおつまみ

枝豆

OK
のどが渇かないもの。
例)枝豆や冷奴、焼き鳥

NG
塩分が多いもの
例)塩焼き、漬物

4.適度にお水を飲む

「飲み会の場で、お酒以外は飲んじゃダメ」なんて思っていませんか?お酒と一緒にお水やお茶を適度に飲むと酔い防止に!酔わないようにしたいなら「お酒:お水(お茶)=1:1」を目安にすると効果的です。

お水(お茶)を飲むとアルコールを分解して利尿作用が働き、体に残っているアルコールの量を減らすことができますよ。お水やお茶の代わりにソフトドリンクでも効果がありますが、糖分の摂り過ぎには要注意!

お水(お茶)を飲んで

・アルコールを尿に分解して体の外に排出
※トイレを我慢しては効果半減なんてことも…

5.飲むペースを守る

ジョッキを持つ女性

お酒を飲むペースを意識的にコントロールすることがポイント。お酒を飲むスピードは、自分に合ったペースがあるから「隣の人のペースに合わせて飲む」「その場のノリで一気飲み」なんてことをすると、一瞬で酔いがまわってしまうハメに…。

「飲み放題だから頼まないと損をする」と無理なペースで飲もうとしないで2時間で3杯まで」と自分に合ったルールを決めると飲みすぎ防止につながります。

※一気飲みをして、急性アルコール中毒で倒れてしまうなんてことのないように自分の飲める量を把握すること!

 

お酒に強くなる方法はない!

「お酒に強くなりたいから」と、たくさん飲んで慣れたいと言う人がいますが、残念ながらアルコールを分解できる量は体質で決まっているので、お酒に強くなる方法はありません。

「お酒に酔わない飲み方」をマスターして、快適な飲み会ライフを送ってくださいね。

上へ戻る