【告白のセリフ】成功率がアップする5つの言葉【女性からの告白】

「好き」という気持ちを相手に気づいてもらえるだけで、急に恋が進展することがあります。ほんの少し「ひねり」を利かせた告白のセリフなら、微妙に「No」という雰囲気を感じとっても上手にスルーできますよ。

【告白のセリフ】成功率がアップする5つの言葉【女性からの告白】

告白が成功しやすい5つのセリフ!

大好きな人への告白はズバリ「大好きです」や「付き合ってください」と伝えるよりも、少しだけ言葉のクッションを足したり、何となく愛の告白であることを匂わせる方法で告白すると成功率もアップしやすくなります。女性から告白するときに「上手くいく告白のセリフ」を5つ紹介します。バレンタインデーや卒業式のまえに予行練習をして告白を成功させて下さいね。

1.「3日後くらいに太郎くんのこと好きになっちゃうかもよ」

3日後とドキッとさせる告白セリフ女性

「将来、あなたに恋をするかも知れないよ」という宣言です。このセリフのインパクトを強めるために「3日後」と具体的な数字を加えていますが、特に「3日後」である必要はありません。ただ「好きになっちゃうかも」と伝えるより数字を入れたほうが、彼の心に強烈な印象を残します。

「え?何で3日後なの?」と、彼が具体的な数字に反応してきたら「別に3日後じゃなくて、今日からでも良いけどね」と返します。相手には完璧に「好き」という気持ちが伝わり、ダイレクトに「付き合って」と告白するよりも受け入れられる可能性もアップ!

2.「バレンタインに太郎くんにチョコ渡してもいい?」

これはバレンタイン前にしか使えないセリフですが、上手く使えればとても有効なセリフです。このセリフを言った後の相手の反応を見て、あなたも対応を変えることができます。

例えば「いいよ。待ってる!」と、嬉しそうにしてくれたなら「本命だよ?」と更に確信に迫ってみましょう。逆に迷惑そうで困った表情をしたら「義理だよ!義理!」と明るく冗談にしてしまいます。そうすれば相手とギクシャクすることなく、いい関係のまま次回のチャンスを待つこともできます。

告白セリフに喜ぶ男性

3.「何でだろう?太郎くんと一緒にいると何かドキドキしちゃう…」

このセリフは直接好きとは言っていませんが「何かドキドキするし…」というセリフは「この子は俺を好きなのか?」と、気持ちに気づかせることができます。

また、冒頭の「何でだろう?」と云うセリフは、彼女自身の気持ちのことなのに彼に問いかけてくるアンバランスな発言。「なぜって、俺のことが好きだからでしょう」と、妙に彼自身が納得してしまい、すんなりと彼女からの告白を受け入れやすくなるのです。

4.「太郎くんのこと好きになっちゃった…私じゃダメかな?」

このセリフは少し恥ずかしそうに、でも真剣に相手の目を見て言うのがポイント!

目を見て告白するかわいい女性

前半の「好きになっちゃった…」という言葉は女性らしい控えめなかわいらしさをアピール。後半の「私じゃダメかな?」は、男性に決定権を渡してプライドをくすぐる効果があります。そこを上手く利用して、思わず「いいよ」と言わせてしまいましょう。

5.「どうしよう。太郎くんじゃないとダメかも。気づいたら好きになってた…。」

このセリフは「他の誰でもない、あなたじゃなきゃダメ」という女性の一途な思いに相手がクラッときてしまうパターン。男友達を好きになったときの告白を成功させるセリフとして効果を発揮します。

「気づいたら好きになってた…」という部分も、時間をかけてゆっくりと相手のことを好きになった、という好印象を与えることが出来ます。男性もこんなセリフで告白されると思わずキュンとなってしまうようです。

上へ戻る