彼に振られたあとの距離感がわからない!より良い方向に進むには

恋愛では出会いもあれば失恋もある!とはいえ毎日顔を合わせるような相手だと、その後どう距離をとればいいかわからないことも…男性にフラれても、上手に接触すればトラブルはなくなり、復縁の可能性も高まります!

彼に振られたあとの距離感がわからない!より良い方向に進むには

振られたあと…
男性に対する態度は?

長い人生、出会いもあれば別れもあります。どんなに好きな相手と付き合っていても、彼氏の方から「別れよう」と言われたり、片思い女子が告白して失恋したり…世の中そんなことも少なくありませんよね。

——————–

そこで女性の皆さんが悩む問題と言えば、振られたあとの相手の男性への接し方や距離間について!振られたとはいえ、付き合っていた彼とギクシャクした関係になるのは避けたいもの。

遠距離恋愛だった相手ならまだ良いのですが、お互い学校や職場などで毎日顔を合わせるような関係の場合、どのように接するのがベストなのでしょうか?

——————–

今回は振られたあとの好きな彼への上手な接し方について、覚えておきたい4つのポイントをチェック!うまくいけば友達や復縁相手として、新しく関係を作れるかも?

1.意識的に避けない

振られた直後は何かと気まずいもの…というのはわかりますが、「まだ失恋から立ち直れていない」という理由でわざと避ける振る舞いを見せるのはNG。

ポイント!

・いつも通りの笑顔で挨拶!
・「立ち直れない」アピールをしない!

手を挙げて挨拶する彼の前に立つ女性

相手の姿を見つけた瞬間、わざと避けるような行動は、余計に気まずい雰囲気を作る原因に…相手に対して気まずさを感じさせない、大人の対応&配慮を見せることが大切!

相手の男性に普段通り接することで、彼も安心してあなたに接することができます。今後の関係のためにも、ここは辛さや私情を挟むのを我慢して。

2.アクティブになる!

振られて落ち込むと、何もしたくなくてつい引きこもったり、メイクや美容も怠りがちになりますよね。

でもここはポジティブシンキングに切り替えて、日々自分磨きをしたりアクティブで元気な姿を相手に見せつけましょう

テニスをする女性

メリットは?

・友達からのお誘いが増える!
・次の出会いの糧になる!

以前より前向きになり、素敵になったあなたを見せることで、相手の男子は「もったいないことしたな…」とあなたを振ったことを絶対に後悔します。

「さっさと次の恋に進みたい!」という女性もまた、友達と出歩くようになることで確実に出会いの機会がグンと増えます。

▽前向きになることで、あなた自身が素敵になれるのはもちろん、周りの人間の気持ちが動く可能性だってあるのです。

3.距離を置く

意識的に避けないことも重要ですが、以前よりは積極的に会うようなことはやめて、振られたあとは距離を置いた接し方をすることも大切です。

例えば?

・LINEやメール、電話を控える!
・デートは自分からは誘わない!

スマホを見つめる女性

相手の男性は「自分が振った」という事実に罪悪感を感じて、その負い目からデートも断りにくいと考えているもの。「まだ自分のことが諦められないのかな…」などと困っていたり、迷惑に感じているかもしれません。

基本的に、「自分から」というスタンスをやめることで、ちょうどいい距離の置き方になります。会社や学校で顔を合わせたら、他の友達に接するように、笑顔で挨拶をする程度に抑えましょう。

4.二度目のアプローチは時間を置く!

元彼や片思い相手にフラれたとなっても、「まだ好き!」「やっぱり諦めきれない!」そう考える女性も少なくないですよね。

久しぶりと挨拶する男性と女性

再アプローチの注意点は?

時間を置くこと!

どれくらいの時間を置けばいいかということは一概には言えませんが、その後の二人の関係がある程度落ち着き、友達のような関係になるまで、二度目のアプローチは待った方がいいかも。

——————–
また、もう一度彼に告白して失敗した場合は、一度失恋した時よりも元の関係に戻りづらくなる可能性があるということをお忘れなきよう…
——————–

二度目の告白をするなら、彼が以前より好意的な態度になってきたときがチャンスです!

相手の立場を考えて行動を

大好きな異性に振られたあとは、ショックのあまり相手や周りの人間を気遣うのはなかなか難しいことです。

でも、そのまま自暴自棄になってこの場で立ち止まったままでは、いつまでたっても新しい幸せはやってきません。

逆にここで振られて落ち込むのではなく、好きだった男性を気遣い、振られたことを原動力として、再び振り向かせるほどの魅力溢れる女性に成長していくことができれば、その恋は素晴らしいものになるはずですよ。

上へ戻る