曖昧な関係をハッキリさせないファジーな男たちの本音4パターン

グレーゾーンのまま恋愛することを止めない男たちは何を考えているのか?遊び相手のキープ?このまま付き合っても結婚できない?彼らの態度に一喜一憂する日々を過ごすオンナの気持ちを考えて答えを出してくれ!

曖昧な関係をハッキリさせないファジーな男たちの本音4パターン

ハッキリさせずに曖昧な関係を続けたい男心

『公認のカップル?それともただの友達?』そんな微妙で曖昧な関係を続けたがる男性って、実はたくさんいます。

友達以上恋人未満のように微妙な距離感のまま付き合い続けていくうちに『ナゼ、彼らは関係をハッキリさせてくれないのか?』と、悩まされている女性も多いはず。

女性としては”正式な恋人”になるのが理想ですよね。でも、”彼女みたいな扱い”をされて喜んだのも束の間、こっちが”正式な彼氏の役割り”を求めるとサッとグレーゾーンに逃げ込んでしまう態度に不安になる繰り返し…。

  • キープか?
  • 遊びか?

『振るなら振るで早く言ってくれたら時間の損失も心の傷も少なくて済むのに…』と、モヤモヤしたり傷つけられて後悔することがあっても、心のどこかで彼に期待しているので自分から別れを切り出すことができないこともあるのでは?

いつまでも曖昧で2人の関係で明確にさせてくれない”男の本音”を暴露します。

1.自分なりの誠実さを示したいから!

聖書を読む男性

それなりに相手から好意を感じている場合は『モヤモヤしている関係を早く卒業したい!好きなら告白してほしい』と考えている女性も多いですよね。

でも実は”ハッキリさせないこと”が、彼にとっては誠実さの証である場合もあるのです。

オトコの本音

・相応の覚悟と準備が必要
・無責任な約束はしたくない
・恋人関係になることを軽く考えられない

▼『付き合うからにはちゃんとしなきゃ…』と几帳面で真面目な性格なので、自分の気持ちや環境が整うまでは2人の関係をボヤかすことが、相手への誠意であると思っているんですね。

【このケースをポジティブに考えてみると?】

彼が『この人は彼女です』とハッキリ認めてくれたときは、あなたを必ず幸せする準備と覚悟が出来たということに!ただし、とても慎重すぎる性格なのでハッピーな日を迎えるまではチョッと時間が掛るかも…。

こんな男は怪しい!

・日ごろの言葉や態度に誠実さが感じられない!

  • 深夜など自分の都合で部屋を訪ねてくる
  • 遠いところまで呼び出す
  • 自分の要求はガンガン突きつけてくる
  • 女性の要望には見向きもしない

客観的に見ても「都合の良い女」「キープ的な存在」だと思われるような扱いをされているのなら、自分から早めにケリをつけたほうがいいかも知れません。

2.一人の女に縛られたくないから!

『可愛いね』『好きだよ』なんて甘い言葉を囁くくせに「付き合えない」という強い意思を持っている男性のパターン。

すでに恋人として付き合っている女性が他にいたり、二番目、三番目とキープしている相手が複数人いる場合も…。

2人の女性と話す男性

オトコの本音

・誰を選ぶか迷っている
・本命はつくらない主義
・遊び相手のほうが気楽

▼”恋人を作りたくない男性”からすると、微妙な関係でいたほうが何かと好都合で居心地が良いのです。

【恋多き男とのカノジョになっても…】

何人もの彼女候補生の中からアナタが彼女に選抜されたとしても、もともと自由奔放な恋愛を好み、新しいモノや刺激に弱い彼はすぐにセカンドやサードメンバーを追加する可能性あり。

やっと”本命彼女”になったのに、他の女性たちの影に怯える日々が待っているかも…。

とはいっても…、彼女という地位を得たのならいつまでも受け身で泣いてばかりはいられません!こういうタイプの男性を上手く飼い慣らしている強者カノ女だって存在します。だったら自分も彼の調教師になってやりましょう!

このタイプの男は?

「上手に彼を操縦する」or「ハッキリ切るの」が得策!

3.まだお試し期間で味見中だから!

『異性としては好みじゃないけど押しが強いからデートしてみた』と、現在進行形の関係になったことを”相手のせい”にしている男性のパターン。

『まだ気持ちを量っている途中だし、ダメだったら仕方ない』と考えているのです。

オトコの本音

・いつか異性として好きになれるかも…。

▼このケースの場合、友達(人)レベルでは相手のことを好きなのですが、どうしても恋愛対象としてガーーっと感情が熱く沸き上がらないので「戸惑っている」「悩んでいる」と言うのが正直なところ。

【流され続ける罪なオトコ】

あやふやな相手の言動に苛立ちを感じても、少しの間、様子を見ながら付き合うことで『気がついたら恋人になっていた』なんて展開が期待できる可能性あり。

でも、自分の意思で白黒ハッキリさせる強さがなく”押しに弱い”ため、熱烈アプローチしてきたアナタ以外の女性ともズルズル曖昧な関係を続けちゃうリスクは伴います。

ワイシャツに付いたキスマーク

このタイプの男と付き合ったら!

『怪しい…』と浮気の兆候が表れたとき、長期間放置するのはキケン!

▼積極的に押し続けて恋人になれたとしても、すべてに於いて”相手の責任にしたがる”傾向が強いので『そっちが、どうしても付き合いたいって言って来たんだろ?』なんて卑劣なセリフを残して消え去るパターンも…。

それはそれで白黒ハッキリできますが、煮え切らず”自分を正当化することだけは忘れない”面倒くさいタイプの男性にはご用心。

4.実は、かなりの臆病者だから!

ビビッて壁に逃げる情けない男

これまで登場してきたタイプ男性と違うところは、とにかく「臆病」だということ。

『好きだけど、ちゃんと伝えないまま時が経ち過ぎて今更切り出せない…』なんて、恋に奥手で消極的な草食男子の一面が強いのです。

オトコの本音

『付き合って』なんて恥ずかしくて言えない…。

▼このタイプの彼との関係をハッキリさせるのは簡単!向こうにその勇気がないのなら、あなたから切り出してあげればいいのです。

今の関係を卒業するには!

・思い切って告白してみる
・『私たちって付き合ってるよね?』と聞いてみる

▼たったこれだけで、長く続いた曖昧な関係に悩んでいたことがバカらしくなるほど、あっさり恋人になれちゃいますよ。

ファジー(曖昧)が嫌いじゃない男たち

男性が白黒ハッキリさせたがるのは、プライドを賭けた勝負のときだけ!恋愛関係に関しては驚くほどグレーゾーンを好むものです。

”勝負事”以外のことでハッキリさせようとするときは、追い詰められて逃げ場を失ったり、考えることが面倒くさくなってしまったときなど『完全に関係を断っても仕方ない!』と覚悟ができているときぐらい。

モノを捨てられない、片付けられない人間の思考と一緒で「いつか使うかも」「そのうち(悪化した関係も)直るかも」と決心がつかず、グレーな関係を保ち続けようとします。

『もう関係を切ってやるor絶対に付き合う!』と、ケジメをつけるためのアクションは女性側から積極に行ったほうが成果大でスッキリできますよ!

上へ戻る