「気を付けて!恋愛依存症克服の落とし穴」自立したい女のNG行動

「孤独なのは嫌だけど…彼氏と対等な関係でいたい!」そんな過去のトラウマを抱えた女性が男性から自立しようとして、却ってカレとの関係をこじらせてしまうパターンとは?カップル長続きのためにも要チェックです!

「気を付けて!恋愛依存症克服の落とし穴」自立したい女のNG行動

「恋愛依存症を克服!」のハズが…?

恋愛依存症は、過去の恋愛で「彼氏に浮気をされた」「都合良く遊ばれた」などのトラウマを植え付けられ、男性からの愛情に飢えてしまうことが原因で起こるもの。

特に女性は感情の起伏が激しい方が多く、コントロールが難しいことから恋愛依存症に陥りやすいのです。

お付き合い中の彼氏への影響はもちろん、結婚後にもその症状は続き、将来の旦那様を振り回してしまう可能性が…

——————–

その反面、「そんな負のループから、思い切って抜け出そうと自立しようとした結果、彼との関係が余計にこじれてしまった…」そんな女性も珍しくはありません。

そんな彼女たちの体験談を反面教師にして、恋愛とその他プライベートとのバランスを上手に保ちましょう!

1.「人間関係を広げようと料理教室に通い始めたら…」

彼だけに執着せず「自分の世界を広げよう」と料理教室に通い始めたら、意外に男性が多くてビックリ!おそらく女性が多いから彼にも気兼ねなく通えると思ったのに大誤算!

元々料理が好きなので教室のグループ分けでリーダー的存在にされてしまい、頻繁にグループの男性とLINEで料理の話をしていたら、彼にヤキモチ妬かれてしまって大ゲンカに…。

彼と精神的な距離を置いても…

他の男性と距離を縮めすぎるのは失敗のもと!

2.「自分から連絡せずに彼からの連絡を待っていたら…」

今までは一日に数十通もメールやLINEを送っていたけれど、これからは受け身に徹すると決めてジッと彼からの連絡を待っていました。

ケータイをもって険しい表情をする女性

でも彼から連絡が無いばかりか、私から連絡が無いのを良いことに浮気されてしまいました…問い詰めたら「だって構ってくれないんだもん」とのこと。その前は「息苦しいから少し距離を置こうよ」って言っていたのに…!

重い恋愛から解放された彼がハメを外してしまったみたいですね。

3.「スピチュアルにハマってしまって…」

彼だけに精神的な依存をしてしまうと対等な関係になれないから、自分を見つめ直すためにスピチュアルなセミナーに通い始めました。

自分を見つめ直して他者と上手く関われるように霊的世界に興味を持つと、まるで宇宙と繋がっているような壮大で幸せな気持ちに包まれるように…

海辺で座禅を組む女性

雑念がなくなり無欲になって、この静まった水面のような気持ちを体験して貰いたいと彼や友人を誘ったら、気持ち悪がられて距離を置かれてしまったのはなぜ?

スピチュアルな世界は、現実逃避の極みになってしまう危険性も。

4.「自分磨き資金のためにバイトしていたら…」

ウェイトレスの女性

彼に依存する私が重荷だったらしく「たまの休みには、お互い自分の趣味を優先するべき!」と彼が言い出して少し自分の時間が出来ました。

「会っていない間に自分磨きをするぞ!」と自分磨きの資金源にするためバイトのシフトを増やしてガンガン働いて稼いでいました。結果、仕事ぶりを認められてバイトリーダーにされてしまい、責任感が芽生えて週末でもバイトに頑張る始末…肝心の自分磨きは時間がないから放置で、彼からのデートもバイトを理由に断ってしまっています。

バイトは程々にしてデートと両立させないと、彼氏との別れの危機が…

5.「彼以外の世界に目を向けようとしたら…」

彼が「僕だけじゃない世界もちゃんと見ておかないと先々後悔するよ」とアドバイスしてくれたので、思いきって海外へボランティアに行くことにしました。

ところが赴任先へ行っても人生経験の少ない非力で知識もない女性の出番はあまりなく、ほとんど役に立てない空しさとホームシックで現地の人と浮気をしてしまいました。もう彼に合わす顔が無い…

ボランティアをするなら、自分に何が出来るか考えてから行動を起こして。

6.「わざと彼の好みのタイプの逆を追及していたら…」

ギャルの女性

彼は清楚系でロングヘアの色白女性が大好きです。でも彼に新しい私の魅力を発見して貰いたいのと、彼だけの好みに合わせることを止めてみようと思い立って色々なファッションを試してみました。

カジュアルやセクシー系も楽しかったのですが、ハマったのがギャル風やキャバ嬢みたいなハデハデメイクと服装です。とうとう彼に「誰だか解らない」と言われて振られそうです…

まるでコスプレのようにメイクや服にハマってしまうと、彼氏もドン引きです…

思い切るよりじっくりゆっくり!

恋愛依存症に陥るタイプの女性は、本来とても真面目で一途な人。そのため、少し不器用で上手く気持ちを分散できず、彼オンリーの思考になってしまいます。

かといって、思い切った行動でいきなりループから抜け出そうとすると、その思考が別の対象へと極端に傾いてしまいがちに…

——————–
慌てずゆっくりと恋愛依存症を克服していくことが、今後彼氏との関係を上手に形成していく上で何より重要なこと。
——————–

恋愛で一方的な依存も共依存もしない、気持ちの上で健康的な女性を目指しましょう。

上へ戻る