男を見る目がある女は「ド田舎出身のオトコ」を選ぶ!?

見た目や肩書きや生まれ育った場所からだけでは判断できないのが「男の本質」。目の前のオトコを判断する最良の材料になるのは「そのオトコの行動」なのかも?イイ男を見極める自信ありますか?

男を見る目がある女は「ド田舎出身のオトコ」を選ぶ!?

「男を見る目がある女」は田舎出身のオトコを選ぶ?

スタイリッシュな都会育ちのイケメン男子も彼氏候補として捨てがたいですが、注目したいのは「ド田舎出身の男性」。ただの田舎ではなく「ド」田舎です!

ド田舎男子と都会生まれの男子との違いは、どういうところにあるのでしょうか?

ド田舎男子の特徴は、実家を離れて自活しているところ/たくましいところ/ピュアなところ/など、すべてに共通するのは「頼もしい」ところ!

今、ド田舎出身の男性は彼氏候補としてモテモテ!?それはなぜ?本当に?

彼らの「特徴&彼氏として付き合ったときのメリット」を”想像”したうえで、最後に「男を見る目」についても述べています!

1.家事ができる

料理する男性

大学から一人暮らしをしている男子は実家暮らしの女性よりずっと家事が上手。朝のゴミ出しから料理や洗濯まで生活に必要なことは、ひと通りできるところがステキ。

すべて自分で責任を持って生活していかなくてはいけない状況にいるので、自然と家事力が身についてしまうのです。

疲れたときにご飯を作ってくれるかも!

2.経済観念がある

財布を覗く男性

学生時代、仕送りの範囲内で生活をしてきた男子は金銭感覚がしっかりしていることが多く、足りない分はアルバイトなどで賄っているので節約の仕方やお金の大切さをよく知っているところも素晴らしい!

小さい頃からモノが溢れた環境にいたわけではなく「生きていくうえで必要な最小限のモノ」で満足できるので、アレもコレもと散財することがありません。

ボンビー生活になっても乗り越えられる?

3.独立心がある

腕組する男性

やはり10代の時から親元を離れて上京してきたからには、それなりの志や覚悟を持っているはず。「何もないところから運命を切り拓いて行こう」という逞しさが!

大学を卒業したら実家に帰る人もいますが、都会にいるうちに学んだことを活かすチカラも身に着けて田舎で成功をおさめるはず!

4.アウトドアに慣れている

BBQする男性

キャンプやバーベキューなどの野外のイベントで大活躍してくれるド田舎出身の男子。料理はできるし、なんと言っても昆虫などにも詳しく野外では頼りになる存在。

子供の頃から自然には慣れ親しんでいるので、安全なものと危険なものとの区別がつくので心強い!

虫やミミズやヘビにも怖気づかない彼氏ってカッコイイ!

5.不便な状況に慣れている

たとえば、事故などで電車が動かなくなってもド田舎出身の男子は慌ててパニックになりません。道がわかっていれば歩きますし「これは無理だ」と、判断した場合は公園のベンチでも眠れます。

幼い頃からの経験で”慣れと諦めの境地”にいるのです。

どんなときにも慌てない!

6.運転免許を持っている人が多い

運転する男性

数分おきに電車がある都会とは違ってド田舎ではマイカーがなければ生活ができません。18歳になると、多くの若者が自動車免許を取得しはじめます。

また、険しい山道やカーブなども慣れているので運転が上手!逆に、車が多すぎる首都高速道路など苦手かも知れませんが…。

畑を耕すトラクターの運転だって出来るかも!

7.親しみのある方言がかわいい

変にイントネーションが違う標準語を話している男性より、きっと多くの若い人が隠しておきたい「なまり」も、堂々と披露できる飾らない性格がいい!

会話をしていると親しみを与えやすいので、人に好かれやすいかも?

イザという時に助けてくれる友人がゴッソリいるかも?

彼は田舎者だからピュアなはず!
なんて思い込みは失敗のもと!

まったくの独断と偏見で想像したことを書き連ねましたが、ド田舎出身の男性に対して、多くの人は「おおらか」「がんばり屋」というイメージを持っているはず。

しかし、ここまで書いて何ですが「注意したいこと」があります。

それは「ド田舎などの地方出身者」「大都会で生まれ育った人」この両者は環境により、ちょっとした感覚の違いこそあっても「男の本質」に違いはありません。

広大な大自然で伸びのび育った人だから「女性にも優しい」、緑が少なく忙しい大都会で育った人だから「冷たい」なんてことは無いのです。

———————————————-
何を言いたいかというと…。

合コンや偶然会った男性が「田舎出身だから」「大企業の社長の息子だから」「高学歴だから」など、「○○だから」という理由で男性を判断することなく、女性をちゃんと大事にしてくれるかどうかを見抜く「男をみる目」が大切!ということです!

上へ戻る