婚活お見合いパーティーの結婚活動で大切な5つのポイント

「そろそろ結婚を考えている」、「婚活をがんばっている」という女性に大人気の婚活お見合いパーティ。
理想の結婚相手との素敵な出会いを手に入れるための要点を5つにまとめて紹介します。

婚活お見合いパーティーの結婚活動で大切な5つのポイント

イマドキの結婚活動は、お見合いパーティーが流行り

「気がついたら友人や同僚がどんどん結婚していく・・。なんだか幸せそう・・私も結婚したいっ!」と、恋活・婚活しているけど結果が出ずに、気が焦っている女性も多いのではないでしょうか。

婚活サイトや結婚サービスなど、結婚相手と出会う場を提供してくれる「婚カツ」をサポートしてくれるサービスはたくさんありますが、なかでも今、テレビ番組や全国各地で大人気なのが「婚活お見合いパーティ」「カップリングパーティー」。

最近の「お見合いパーティ」を紹介しますね。

お見合いパーティで結婚活動するメリット

結婚活動で、お見合いパーティに参加するメリットは4つあります。

  1. 結婚を前提としたお付き合いを望んでいる男女が集ってくる。
  2. 会員登録や書類の提出がなく気楽に申込みが出来て、手頃な値段で参加できる。参加費用は平均2000円~5000円くらい。
  3. 一度に多くの出会いがあるので、タイプの相手を見つけられる可能性が広がる。
  4. 年齢・職業等でカテゴライズされ、理想に近い相手と出会えるチャンスがある。

「結婚」を意識した場合、友人の紹介や合コンよりも、パーティーの方が年収や職業など理想に近い人に出会える確率が高くなりますね!

婚活パーティーは目的別で選べる!

イケメンなど容姿も結婚相手に求める大切な要素であったり、内面が一番のポイントなど、女性によって相手に求めるものは違うはず。初対面の人とじっくり会話するのが苦手な人は、趣味に関連した婚活パーティーに参加してみるなど、それぞれの目的や性格に合わせてパーティーが選べるんです。

大人数パーティー

結婚相手はたくさんの男性の中から選びたい!見た目重視の人に!

少人数個室型パーティー

じっくり話を聞いて相手の内面を重視したい人に!

合コンスタイルパーティー

お酒やご飯を飲んだり食べたり、カジュアルな雰囲気で婚活したい人に!

料理・クッキングパーティー

共同作業を行うことで特別な会話をしなくても相手と打ち解けやすい!改まった会話が苦手な人に!

バスツアー

バスでのドライブを楽しみながら自然な流れで会話出来る!

趣味コン

共通の趣味を持っている人となら話題が合いやすい!

成功するために押さえておきたい5つのこと

1.自分に合ったパーティー形態を選ぼう!

料理が苦手なのに「体験型の料理パーティー」に参加したら大変なことになります。また、人見知りで相手と喋ることや積極的なアピールが苦手という方は、わずかな時間で多くの男性と積極的に会話することが成功のポイントとなる「大人数パーティー」では苦戦するかもしれません。

2.服装選びは慎重に

初対面では第一印象がとても大事です。気合を入れ過ぎて厚化粧になってしまったり、派手すぎたり、露出が激しかったりすると逆効果な場合があります。シンプルで女性らしく,清楚感・清潔感を意識すると恋の成功率アップかも!

白、ピンク、パステルなど、柔かい色合いのスカートやワンピースは男性ウケがいいようです。派手過ぎずラフ過ぎず、ほどほどのおしゃれが理想です。服装がまわりから浮いてしまったら、婚活に集中できませんね。

3.プロフィールカードの書き方を大切に

第一印象と同じく大事なのがプロフィールカード。相手を判断するために重要な情報です。自分を実際より良くみせようと頑張ると、逆に失敗してしまうかもしれません。職業や年齢、趣味、映画・音楽、好きな男性のタイプなどの記入欄には、会話の糸口として使える情報を書きましょう。

4.めげずに落ちこまない

婚活お見合いパーティーでは、人気投票の途中経過を発表することがあります。また、大人数パーティのフリータイムでは一部の女性に人気が集中する事態もありえます。それは屈辱です・・。ですが、「わたし人気がないんだ・・」と落ち込まないでください。めげずに笑顔で連絡先を交換したりしていれば、後日、嬉しいアプローチを受けるかも知れません。

5.サクラ、営利目的の参加者に注意

ごく稀にですが、会場でパンフレットやお知らせに記載されていない高額な参加費用を請求されるという事例もあるようです。執拗にお金の話をしてきたり、商品の展示会に誘って来たりということがあったら、すぐに距離を置きましょうね。無駄な時間やお金を費やさないために、過去にお見合いパーティーに参加したことがある友人から情報収集するなどして、「安心」という確証を得てから参加を決めましょう。

上へ戻る