合コン自己紹介・成功する失敗するパターン完全版

合コンを成功させるには『自己紹介』で友達を出し抜くことから始まります。ありきたりの自己アピールでは周りと同じになりやすくパッとしません。第一印象から男性に興味を持ってもらえる話し方とは?

合コン自己紹介・成功する失敗するパターン完全版

合勝率を上げる合コン自己紹介のコツ

合コンって新しい出会いを期待できるチャンスの場ですよね。お酒を飲んで色々な話題を振って男性のタイプを探り、判断したり、LINE交換をしたり、合コンが終わった後の2次会に参加して狙っている彼のことをもっと知ろうと行動を起こしたりと…、とにかく合コンを成功させるためにはやるべき事はたくさんあります。

必勝パターンの良い流れを作るためにも、合コンの自己紹介はバッチリと決めたいものだし、その人の印象は第一印象で「ほぼ決まる」と、言っても過言ではないくらい大事なもの。

▼合コン自己紹介/成功パターン

はじめに、合コンの自己紹介で他のメンバーに一歩差をつける方法を紹介します。「笑い・親近感・気遣い」を意識すれば、合コンの成功率が格段にアップしますよ

乾杯する男女

1.キャッチコピーで覚えてもらう

他の女性陣にはないインパクトを与えて、男性メンバーに印象づけることが合コン自己紹介のポイント。ありきたりな趣味と名前を言うだけの自己紹介ではツッコミ所がなく、サラッと聴き流されて誰にも覚えてもらえない可能性があります。合コンの自己紹介では、自分の特徴をハッキリ伝えることが大切

覚えやすいキャッチコピー

「笑った顔が、仏様って言われます(笑)」

「小学校の時のアダ名は『学級委員長』です」

「ガチャピンに似てるって言われるA美です」

「仏様の笑顔の子」というインパクトが強いキャッチコピーは男性陣の記憶に残り、合コン中も話しかけやすくなるので一石二鳥なのです

2.身振り手振りで存在感をアピールする

合コンの自己紹介で興味を持ってもらうには「目から得たイメージ」を大事にすることです。男性は話の内容よりも表情やリアクションをチェックしているので意識してくださいね。

明るい表情でアピール!

ナチュラルな笑顔
ほんわかスマイル
少し照れたような表情

パッと見たときの素敵な笑顔は相手の記憶に残りやすく、後日、「あの子、可愛かったな」と、思い出してもらえる確率がアップするのです。

笑顔の女性

3.自信を持ってハッキリと話す

他のお客さんたちの会話でザワついている居酒屋で合コンや街コンをする場合は、隣の席に座っていてもなかなか声が通りませんよね。だから、自己紹介をするときはハキハキ話すことを心がけてくださいね。

ボソボソと小さな声で覇気のない自己紹介するとマイナスイメージを与え、合コン中に挽回するのが大変になります…。

普段から「え?何?」と、会話中に聞き返されることが多くて声が小さいことを自覚している人は,合コンの自己紹介で話しだす前に、一度、息を吸ってから声を出すようにしましょう。

4.ゆったりペースで手短に話す

その場をシラケさせないように、合コンの自己紹介はサクッと済ませる気遣いが必要です。長すぎる自己紹介って意外と聞き流しているものなので、一生懸命、話すだけムダになるケースも少なくありません。

合コンでの男女の会話

ゆっくり&手短に自己紹介するメリット

癒し系女子をアピールできる
癒し系女子をアピールできる

良い印象を与えられる

手短に自己紹介を済ませようとすると早口になってセカセカした印象を与えてしまうので、合コンでは「ゆったり手短に自己紹介すること」をモットーにしましょう。

5.共通点のありそうな話題をふる

男性陣とは初顔合わせになることが多い合コンや街コンでは、話かけたいと思ってもキッカケが掴めないと「シーン」と、気まずい空気が流れたら「共通の話題」をポンと放り込みましょう。

誰でも使えそうなネタ!

出身地・地元の話題
学生時代の部活・学校祭

学生生活はほとんどの人が経験するものなので2つのテッパンネタを投げかければ、必ず、いくつかの共通点がみつかり話題も広がりやすいのです

6.ニックネームをつけてもらう

「私にあだ名をつけて下さい」と、自己紹介するときに男性に話を振ります。その場で呼び方を決めてもらえば、気軽に呼び合えるキッカケ作りができます。「さん」付けや苗字よりも「アダ名」で呼び合っていると親しみが湧いてくるので、短時間で仲良くなれるメリットがあります。

仲良く会話する男女

自己紹介の冒頭で趣味や特技などをアピールしておいて、初対面でもニックネームをつけやすくする工夫は忘れないでくださいね。

内気な男性メンバーが多い合コンなら、女性陣から「山田さんって名前なら『ヤマさん』って呼んでもいいですか?」と、ニックネームをつけやすい雰囲気を自分たちから作ってみることもオススメします。

7.方言で地元アピールをする

地方出身の人なら、あえて標準語ではなく、方言で自己紹介して男心をくすすぐる方法をオススメします。方言で話す女性を「可愛い」と思っている男性も多く、また「出身地ネタ」は話を盛り上げるキッカケにもなりやすいので、恥ずかしがらずに思い切って披露してみましょう。

「○○っていうけん、仲良くしてっちゃ」などと表現が柔らかくなるので可愛らしい魅力もアップするし、敬語をつかっても堅苦しくなり過ぎないので距離を縮めやすいメリットもあり!

8.男性メンバーの目を見ながら話す

目を合わせて会話するカップル

特別に目立つ自己紹介をする勇気がない人にやってほしいテクニックは「自己紹介をしている間に、男性陣の目をひとりずつ順番に見つめること」です。

すると、「今、彼女と目が合ってしまった」と男性はドキドキするので、一生懸命アピールしなくても強烈なインパクトを与えることができます。

合コンでは、名前を覚えてもらう以上に「顔を覚えてもらうことが重要」です。恥ずかしいからと、ずっと俯(うつむ)いていると、顔の印象が薄れて合コン後に思い出してもらいにくくなるので、自己紹介するときに視線でロックオンしておくことを忘れないで下さいね。

9.嫌味なく自慢できることアピる

特技を持っているなら、自己紹介のタイミングで「私、こんなことできます」と、アピールするのもオススメです。他の子との違いも出せるし「この子、ちょっと面白いかも」と、興味を持ってもらえるキッカケ作りにもなります。

嫌味のない自慢って?

まつ毛の上に、爪楊枝が乗ります!

特技は目を開けたまま寝られます
小学生のとき、ちびっ子歌自慢で優勝したことがあります!

ちょっと笑えるような自慢が好印象です。

高学歴や実家がお金持ちなど、誰もが羨むようなことは自分から言うとイヤミに聞こえる場合があるので要注意。合コンの自己紹介では、ネタとして笑ってもらえるようなライトな自慢話がウケも良く印象に残りやすいのです。

10.友達の自己紹介をフォローしてあげる

合コンで自己紹介をする

自分の自己紹介が無事に終わったからといって気を抜いてはいけません。友達が自己紹介中に携帯を触っていたり、ボーっとしていては「自己中な性格」をしていると誤解を招く恐れがあります。

他の女子メンバーの自己紹介に耳を傾けて、ときにはフォローをしてあげる気遣いをアピールすれば印象アップは間違いありません。

ナイスなフォロー

自己紹介が終わったら拍手をする

友達が笑いを取ろうとしたらリアクションする
噛んだら「今、噛んだでしょ!緊張しているね(笑)」と、上手にツッコミを入れて場を和せる

自分が自己紹介するときだけがアピールタイムではありません。他の女性参加者が自己紹介中に邪魔にならない程度に、さり気ないリアクションで魅力を発信しましょう

▼合コン自己紹介/失敗パターン

場の空気を読めない、恥じらいを忘れる、ネガティブ発言を含んだ自己紹介では、合コンに参加している男性陣のハートをキャッチすることはできません。合コン自己紹介「NG例」を集めました。

1.下ネタを挟んじゃう

友達同士であれば「付き合いやすい人」として、楽しく話すキッカケづくりになるかも知れませんが、合コンの自己紹介に下ネタを持ってくるのは絶対にダメです。

お互いの理解を深めたうえで雑談中に冗談っぽく言うならまだしも、初対面の女性から下ネタを披露されたら、たいていの男性はドン引きして即恋愛対象外にします。

下ネタで…

親しみやすさを演出するのは間違い

自己紹介だけじゃなく、会話に下ネタを盛り込むと「遊んでいる」「男慣れしている」「男にだらしない」「節操がなくて隙がある」と、悪い印象を持たれるだけで大失敗します。

2.卑屈な発言をする

バーで落ち込んでいる女性

  • 「Aちゃんと比べたら私なんて全然ダメで…」
  • 「私みたいなブスがメンバーでごめんね」

一見、謙虚な発言のようにも思えますが、聞いている人がリアクションに困る最悪な自己紹介NGパターンです。

また、本心からではなく、自分より見た目が劣っている友人を比較対象に持ち出して、実は自分が可愛いことをアピールすることが目的でネガティブ発言を自己紹介に取り入れるケースもあるのですが、勘が鋭いタイプの男性には「あざとさ」を見抜かれるし、性格の悪さを露呈するだけ。

控えめな女性に見られたくても…

自分を下げて話すのは意味ナシ!!

勘違いすると大失敗するのですが「謙虚」と「卑屈」は違います。自分の悪い所ばかりを主張していると、本当にそういう人に見えてしまうのです。

合コンの自己紹介では「ちょっと図々しいかな?」と思うくらい、長所をアピールして明るく前向きな雰囲気づくりをすることが大切です。

3.暗く沈んだ声と表情で話す

無表情な女性

合コンの自己紹介では内容も大切ですが、声のトーンや表情もとっても重要です。うつむいて暗い表情でボソボソと話していると「小さい声で話す、雰囲気が暗い人」というマイナスイメージがついてしまいます。

「自己紹介をする」というだけで緊張するシャイな性格の人や、大きな声で話すのが苦手な人は、頑張って笑顔を作り、表情だけでも明るく柔らかくして下さい。多少、声が小さくてもニコニコしていれば好印象を与えることができますよ

4.マニアックすぎるネタを話す

印象に残るために個性的な自己紹介をしようと思っているのなら要注意。一緒に参加している女性メンバーにしか理解できない学校や友人のこと、マニアック過ぎる趣味の話題はオススメできません。

はじめにスベって微妙な空気合コンが進んでいくことになりかねません。同年代が集まる合コンであれば、学生時代に流行したことや経験したことなど共通点を見つけやすい話題がベストですよね。

自己紹介では面白さを追求するのではなく、周りのことを考えて話しやすい空気を作ることを最優先しましょう。

5.男ウケが悪い趣味を暴露する

「趣味」は自己紹介の鉄板ネタですが、男性が拒絶反応をおこす類のものは封印しておきましょう。合コンの自己紹介では隠しておくべき「男性ウケの悪い趣味」をチェックしておきましょう。

▼バイクや車の改造

赤いバイク

男顔負けのメカニックな改造マニアの女性もいますよね。中には「タイヤの幅」や「ホイールやマフラーのデザイン」まで、強いこだわりを持っている人もいます…。

同じカーマニアの男性となら、車種やスペックについて語り合うこともできますが「車にそれほど興味がない人」は戸惑いを感じるケースがほとんどです。

男性の意見

・男っぽい感じがする
・タイヤの交換を自分でやる女性って逞しすぎる
・男の俺すら知らない知識を持っていることに、コンプレックスを感じる

また、合コンで初対面のときは「自慢の改造車」をいきなり写真で披露するのも止めておきましょう。「男性は車好き」というわけではなく、特に10代~20代の若い世代の男性は車に興味がない人も多いのです。

▼アイドルの追っかけ

タイプだと思って狙いを定めた女性の趣味がアイドルの追っかけで、しかも、日本中のツアーを網羅している熱狂的な追いかけっぷりだとしたら?男性は間違いなく興ざめします。

男性の意見

・王子様を待ち焦がれる夢見がちなところが苦手
・理想が高そうだし、最初から恋愛対象外になる
・現実世界にいる男性では物足りないのでは?

アイドル好きを公言している女性から好きサインを出されたり、告白されても「アイドルを比べられるのではないか?」と、不安が残るので素直に喜べません。

特に容姿にコンプレックスを抱えている男性は、イケメン芸能人に心酔していることを知っただけで自信を失って恋を諦めてしまうケースもあるため、合コンの自己紹介でアイドル好きを公言するのは控えたほうが無難です。

▼オンラインゲーム

ゲームをしている女性

アウトドアタイプの男性にウケが悪い趣味が「ゲーム」です。男女問わずゲーム好きな人が多いとはいえ、平日も休日も時間さえあれば部屋にこもってパソコンやスマホでオンラインゲームをしているとなると「デートしても、つまんなさそう…」と、彼女候補としては見られなくなるリスクがあります。

男性の意見

・休日はパジャマ姿のままゲームしていそう
・朝までゲームして日中はボーっとしていそう
・デート中に彼氏そっちのけでゲームしていそう

空き時間さえあれば一日中ゲームをしている女性に対して、料理や部屋の掃除もできないだらしないイメージが拭えない男性もいるのです…。

ただし、これは「ゲームする時間が長すぎることが問題」なのであって、ゲームをすること自体に問題があるワケではありません。

ゲームの話題は人気アプリなどの話につながりやすいネタなので「1日1時間って決めて、暇なときに遊んでるんだ」等と、節度を持って楽しんでいることをアピールすれば問題ありません。

▼空手やボクシングなどの格闘技

空手をしている女性

最近ではストレス発散やエクササイズ、護身を目的として、ボクシングや空手などの格闘技を習っている女性は多いですよね。ある種のブームとして受け入れられているとはいえ、「格闘技を習っている」と耳にしただけで怯む男性も少なくありません。

男性の意見

・ケンカをして怒らせたらボコられそう…
・性格がキツクて乱暴そう…
・結婚したら尻に敷かれそう

もちろん、それが偏見であっても、出会って間もない彼氏候補の男性に恐怖心を与える必要はありません。気になる男性メンバーとの2回目のデートに繋げるためにも、合コンは立ち居振る舞いの美しさや礼儀正しさ、女らしさで勝負を!

▼お姫様系ファッション

黄色いドレスの女性

一目瞭然で趣味やセンスが分かってしまうのが服装です。合コンに登場した瞬間の「無言の自己紹介」とも言えます。

漫画の世界や遠い過去から飛び出してきたような、コッテコテの”プリンセスファッション”を歓迎してくれる男性は、非常に少ないと思って間違いナシ!

男性の意見

・年齢やTPОを考えてほしい
・一緒に歩きたくない
・彼氏にも趣味を押し付けてきそう

合コンでは「清潔感のあるワンピース」や「OLさん風ファッション」がモテる定番スタイルなので、真逆コーデは失敗しやすいのです。

▼パチスロや競馬などのギャンブル

最近は若い女性でも競馬場やパチンコも入りやすくなりましたが、ギャンブル好きの女性は、まだまだ男性ウケが悪い趣味のひとつ。

男性の意見!

・将来の金銭感覚が不安…
・他に紹介できる趣味ってないのかな?
・ヒマを持て余している感じ

パチンコや競馬、競艇やマージャンなどの「賭け事が趣味」と聞いて経済観念に不安を感じる人は多いのです。また、仮にスロットやパチンコ好きの男性と話が盛り上がったとしても、それが合コンの成功につながる可能性は低いことを覚えておいてください…。

▼占いが趣味

占いをする女性

いかにも女性らしい趣味といえますが、合コンで占い好きを公言するのはNG。女性同士なら盛り上がるネタですが、男性にとって占いは非科学的なモノであり「どうしてそんなコト信じるの?」と、理解しがたいことのひとつなのです。

男性の意見

・自分の意志を持っていないイメージ
・付き合うのも別れるのも占いで決められそう

TVや雑誌の占いをチェックするだけじゃなく、月に数千円、または、数万円を払って占いに通っているのなら秘密にしておいたほうが良いでしょう。

▼寝ることが趣味

常に「男性がリアクションに困る合コンの自己紹介」にランクインするのが「寝ること」です。話が広がりにくいうえに、だらしない印象を与えるので、合コンの場で口にするのはやめましょう。

男性の意見

・もはや趣味じゃない
・返答に困る

いつも寝ているということは「いつも疲れている」「いつも無気力」というイメージに直結しやすく、特にアウトドア派の男性ウケは最悪なのです。

▼趣味は特にありませんアピール

スマホを操作する女性

ギャンブル好きや寝ることと同じくらい嫌がられるのが「趣味がない」という女性です。趣味がないという事実よりも、自己紹介の場であえて話すべきことではないというのが男性の意見。付き合っても退屈しそうな感じがするので、恋愛対象としてシャットダウンしたくなるのだとか…。

男性の意見

・付き合っても退屈しそう
・嘘でも「読書とか料理」とか、何かあるでしょ…

もし、本当に趣味と言えるものが無くても「趣味と言えるほどじゃないけど、最近、話題の映画を3本観て感動しました」等と、会話を発展させる努力をしている姿を見せてほしいのです。

最初の掴みが合コンを成功させるカギ

飲み会が終わりかけてからアピールダッシュを仕掛けても、お目当ての男性に自分を印象づけるのは難しくなります。

合コンの自己紹介は、相手に自分のことを知ってもらうために欠かせないプロセスだし、興味を持ってもらえれば、その後の会話が弾んで恋のチャンスが増えますよね。自己紹介の段階で「なんかいい子だなぁ」と、思わせることが合コンの成功と失敗の分れ道なので準備万端な状態で挑んでくださいね

上へ戻る