結婚したいのにできない状況を脱出する方法

結婚したい!と焦るばかりで結婚できない。でも、女たるもの焦り過ぎてはいけません。キモチの余裕が、より良い結婚へと向かわせる一歩になるかも知れませんよ!

結婚したいのにできない状況を脱出する方法

結婚したいのにできない私を変える

恋人と長く付き合っているのにプロポーズされない、未来の旦那さまを見つけるために婚活に励み出会った男性にアプローチをするものの、失敗の連続で結婚したいのにできない…。そんな切羽詰まった事態に焦り、悩み、困っている女性に「結婚したいのにできない状況」を打破する方法を紹介します。

強すぎる結婚願望は隠す

仕事や収入への不安を抱えた男性にとって結婚は「お金」という現実的な問題に直面することのため、慎重に決断したいと思っているケースも少なくありません。

そういった男性心理を理解できずに「結婚したい」という猛烈なアピールはプレッシャーを与える原因となり、かえって、結婚を遠ざけてしまうことがあるため、まだ、お互いのことをよく知らない交際期間が短いカップルの場合は特に気をつけたいところです。

自分の気持ちに余裕が持てるようになってから改めて結婚を意識してみると、もっと違う世界や価値観が生まれてきたり、好きなことや自分の時間を大切に過ごすように意識していると「結婚したいのにできない」という焦りから放たれる負のオーラを減らすことができます。

結婚できる女性になるポイント

とにかく焦らないこと

相手を急かさず、自分の生活リズムも大切にして余裕をもち「時(とき)」を待つ姿勢が大事です。

綺麗になる努力を続ける

恋をしているときは美しくなる努力を惜しまないものです、交際期間が長くなり2人が慣れてきているのなら注意が必要です。

お互いに「素の自分」でいられるようになるのも長く付き合って得られるメリットのひとつですが、気を許すあまり「ズボラ」になり過ぎてしまうのは別問題です。

オシャレに気をつかっていた彼女がメイクもファッションも手抜きし放題の状態で、しかも、恥ずかしがることなく平気な顔でいられるようになったら夢も希望もありません…。見た目よりも内面の美しさが大切だと言われますが「キレイでいよう」という心構えも内面の美しさの表れなのです。

相手も自分も疲れない程度に身だしなみを整え、たまにオシャレをしてデートするなどワクワク感を保つことも大切です。

身だしなみを整える女性

結婚できる女性になるポイント

安心感と癒しを与える

癒しといっても「ふわふわ」することだけじゃなく、少々のことでは動じない「芯の強さ」を持つことです。 メールの返信がない、飲み会で帰りが遅いと「女の子と一緒かも?」と、しつこくメールや電話をしてしまうなど、不安を解消するための確認行動を抑えられないでいると相手を疲れさせてしまうので、ピシャリと言うべきことを言ったら引きずらないことが大事。

小さなことにイチイチ目くじらを立てず、ネチネチ不平不満を並べることがなければ、相手にも「信じてもらえている」「頼りになる」と、安心感を与えることができます。

恋人を安心させる女性

「相手の不安を解消するためにずっと行動を制限されるのか?」と、男性が長い結婚生活に不安を感じて踏み出せなくなる理由を自分から作らないようにしましょう。

結婚できる女性になるポイント

彼女としての自信を持つことが自分の心に余裕をつくり、相手にも安心感と居心地の良さを与える。

金銭感覚で不安を与えない

美しさを追求するあまり、化粧品や洋服代、エステ代など、湯水のように使っているようでは男性が不安になって当然です。

  • 食品などを買いに行ってもポンポン値札を見ることなく買い物をする
  • ちゃんと働いているのに、貯金がない
  • 自宅へ遊びに行くと公共料金の督促状がある
  • 買い物をしすぎて、家賃の心配をする話題がちょくちょく出る

買い物をする女性

経済観念を疑われる行動に心あたりがある場合は改善しましょうね。

結婚できる女性になるポイント

計画性のあるお金の使い方を身につける

上へ戻る