彼氏が惚れ直す・実践してムダにならなかった彼女の努力

「最近、彼氏が冷たい」と感じているなら、日頃から溜まっている不平不満があるのかも知れません。「ご飯の食べ方、もうちょっと何とかならない?」等、彼に指摘されたことはありませんか?我慢も限界なのかも。

彼氏が惚れ直す・実践してムダにならなかった彼女の努力

カノ女の努力に彼氏は惚れ直す

お互いにドキドキする新鮮な恋の賞味期限はあっと云う間に過ぎて、長い付き合いになると慣れや飽きは当然のように訪れます。また、当初は気にならなかった些細なことが癇に障るようになり、その姿を目にするたびに嫌気が差して気持ちが離れてしまうことも…。どんどんボルテージが下がっていく彼に刺激を与えて「いい恋愛」をするためには「いい女でいる努力」も大切です。

長く付き合っているとやってしまいがちな彼に嫌われてしまうNG行動はしない!

1.きれいな食べ方を身につけた

「食べる」という行為は毎日のことなので、相手に不快感を与えてしまう食べ方の癖がある場合、生理的な嫌悪感に耐えられなくなり嫌われてしまう大きな要因になってしまいます。

  • 食べ物を口に入れたまま喋る
  • 口を開けながら食べ物を噛みクチャクチャ音をたてる
  • 肘をつく
  • 膝を立てながら食べる

お行儀の悪い食べ方はダメ!食事マナーはなるべくきちんと身につけましょう。

この他にも食事のマナーに関するタブ-は沢山ありますが、マナーの心得がある人にとっては耐えられないものばかりです

もし「そういう食べ方はやめたほうがいいよ」と、彼氏から一度でも指摘されたことがあるなら、本当に直っているか再チェックしてみて下さい。 なぜなら、食べ方の悪いクセは意識しないとなかなか直らないものだからです。
もしかしたら「彼女には何度言ってもムダだ…」と、彼氏が内心ウンザリしているかも…。

美しい食事マナーを身につける方法

マナーブックや映画などで上品に食事をする女優さんなどをお手本にすると、イメージが湧きやすい。

2.男友達とは適度な距離を保つようにした

彼氏がいても今までの男友だちとスッパリ縁を切る必要はありません。友だちとして付き合う分には相談にも乗ってもらえますし友人関係は大切なものです。しかし、必要以上に親密になるのはトラブルの元になります!彼氏が嫉妬してケンカの原因ともなりかねず、そのうち彼の許容範囲を越えた友人との関係に呆れられて嫌われることもあります。

飲んで朝帰りする、「何にも起きないから」と泊りがけで遊びに出掛けるなどの行為は止めましょう。大人としての距離は大切な人との関係を守るために大切です。

男友達と距離を取ろう

彼氏を気づかう交友関係を築く

男友だちとは2人きりで会わずに、グループで和気あいあいと会える関係が安全。

3.清潔感をキープすることを心掛けた

男性だって女性だって恋人には清潔感を求めますよね。つき合い始めは身だしなみに気を遣っていても、もともとズボラな性格の女性は慣れてくるとボロが隠せなくなってしまいます。メイクや流行のファッションで表面を飾っていても、襟の汚れ、バッグの中がゴチャゴチャ、または家デートで悲しくなるほど干物女と化した姿を見せてしまっては「愛情」は残っても「恋」は冷めてしまいます。

身だしなみの乱れが「恋の幕引き」につながる

綺麗であろうとする意識の低下を彼氏にみせるのは「恋は終わりました」と宣言しているようなものです。

4.女友達も大切にするようにした

女友達を大切にしよう

彼氏ができると同性の友だちの大切な存在を忘れてしまうことがあります。彼氏のことばかり優先していると行動の幅も視野も狭くなってしまいます。

けれど長い目で見ると、今まで信頼を築いてきた友だちや家族を大切にしている女性の方が、情報もたくさん入ってくるので2人の会話も豊かになりますよ。また、あなたが大切にしている友人関係を理解してくれる男性でなければ長続きはしません。

恋愛初期だけ許される「2人の世界」

「彼氏と私」の狭い世界から飛び出すことで、人間的にも豊かになります。

5.お洒落に気を遣うようにした

長く付き合っていると気が緩んで、あまりお洒落に気を遣わなくなることがあります。二人ともスエット姿で歩いているカップルも街中で見かますが、それはそれで楽なのかも知れません。しかし、オシャレに気を遣うと心にハリが出てくるものなので「あそこへデートに行ってみようか?」などと、2人の生活にも良い影響を与えます。

どちらか一方がダラッとしだすと、相手も「俺もこれでいっか!」と一気にだらだらモードに…。そこからマンネリが発生することもあるので、たまにはオシャレを楽しみましょう。

服装にメリハリをつければ、生活にもハリが出る

ファッションでも「オンとオフ」を上手に楽しみましょう。

6.気持ちは言葉で伝えるようにした

相手にきちんと伝えるコミュニケーションをしよう

会話はコミュニケーションをはかるうえで一番大切なことですが、意思疎通に大きな影響を及ぼすのが言葉づかい。「言い方」「言葉の選び方」によって、相手から反感を買ってしまい伝えたいことが上手く伝わらないことがあるからです。

お願いごとなのに命令口調で話したり「ありがとう」や「ごめんなさい」と気持ちを伝える言葉を省いたり、「忙しいときに悪いんだけど…」と、ワンクッション置くことばを省いて相手の心の準備もできないうちに一方的に本題を切りだすなど、ほんの些細なことで貰えるはずの「イエス」の答えが「ノー」になってしまうこともあります。

話し方で損をしている人は多いのです

「たった一言の思いやりの言葉」を面倒くさがると、嫌われてしまう原因に!

再び彼氏の心に火を着けるのは努力

崩れかけていた彼氏との関係を修復したいのなら、外見や内面をリセットすることをおすすめします。今は彼氏の気持ちが何となく離れているようで切ない思いをしているのなら、また、彼氏が惚れ直すほどステキな彼女になることを目指しましょう。

上へ戻る