彼ママが見ている彼女の行動3つ!彼氏のお母さんと距離を縮める方法

大好きな彼氏のお母さんと会うのは「ちゃんとしなきゃ」と考えることも多く不安なもの。彼ママとの距離を縮めるのに役立つポイントをいくつか紹介します!

彼ママが見ている彼女の行動3つ!彼氏のお母さんと距離を縮める方法

適度な気遣いと常識的な行動が彼ママとの距離を縮める

彼のお母さんと初めて会う時、緊張しますよね?「嫌われたらどうしよう」と思うあまり失敗しがちなポイントや、あなたと会った時に彼のママが見ているポイントを知って「この娘なら、息子の彼女にぴったりだわ」と思ってもらえるように頑張りましょう。

彼ママは彼女のココを見ている!

つき合っている彼氏の自宅に招かれたときは、彼のお母さんとの初対面という緊張Maxな事態を乗り越えて、出来る限りいい印象を持ってもらえるようにしたいものです。彼ママに「この娘と一緒にいれば、息子も幸せになれる」と思ってもらえるよう、注意すべきポイントを紹介します。

1.感じの良さ

第一印象の決め手となるのは、初めて会った時や電話で話したときに与える印象。笑顔もなく、暗い声でボソボソと何を言っているのか分からないような話し方では、マイナスなイメージを持たれてしまいます。顔や雰囲気で人柄というのは出てしまうものですから、明るい声でハキハキと笑顔を忘れずに対応するようにしましょう。

恋人の母親に明るく接する女性

2.靴の脱ぎ方・揃え方

玄関の扉を開けて「おじゃまします」と、感じよく挨拶できても気は抜けません。「お尻を向けて靴を脱ぐ」、靴先の向きを揃えず「脱ぎっ放し」など一般的な礼儀作法が出来ないようでは、あなたの評価はガタ落ちです。例え、普段は自分も出来ていないことであっても細かい所まで彼ママのチェックの目は光っています。充分に注意して下さい。

彼氏のお母さんが見る靴の脱ぎ方

3.服装・身だしなみ

やはり彼のママとの対面で気を配るべき項目として、避けて通れないのはこの2つです。

服装が与える印象は意外にあなどれないモノで、本当は違っていたとしてもどんな服装をしているかで性格まで判断されてしまう場合もあります。彼氏のお母さんに会う際には、普段の自分の好みは置いておき清楚で大人っぽい好感の持てる服装を心掛けましょう。

清楚な服装をした女性

お母さんとの距離を近づけるには!

つき合っている彼氏のママとは、少しでも距離を縮めて仲良くなっておきたいものです。どうすれば距離を縮めることが出来るのか具体的にチェックしていきましょう。

1.彼のご両親の好きな手土産を持参する

これはあらかじめ彼にご両親の好みを聞いておいて、それに合わせて手土産を持参する心配りを見せるということです。そうすれば「この娘は心配りの出来る娘なんだわ」と好印象ですし、手土産が話のネタにもなるので場が和みます。例えばケーキなら、中に1つ彼ママの好きな味のモノを入れておくのもおすすめです。

彼氏のお母さんが好きなケーキ

2.必要以上に気を遣いすぎない

気に入られたいという思いが強すぎて、食器をさげたり洗ったりと甲斐甲斐しく振る舞っても、場合によっては「台所まで入ってくるなんて図々しい」と評価を下げてしまうことも。彼とは親密でも、彼のママにとって初対面のあなたは他人でありお客様ということを忘れず「お手伝いしましょうか?」と確認して頼まれたら喜んで、お手伝いをする程度にとどめましょう。

3.彼を立てる

お母さんと対面した際に「うちのダメ息子が迷惑かけてないかしら?」などと言われたら、決してその言葉を肯定せず「とんでもないです。私にはもったいないくらい素敵な方です」と彼を立てるようにしましょう。あなたが彼を立てて、サラッと褒めることができれば、彼ママも悪い気はしません。

仲良くなるには時間も必要

彼ママとの対面は誰でも緊張するものです。彼のお母さんに「この娘なら安心」と思ってもらうには、気遣いや礼儀そして感じの良さが重要。そして、決して焦らず時間をかけて仲良くなれれば良し、という考えも大切です。紹介したポイントを頭に置いて、無理をせず、あくまでも彼や彼のお母さんを最優先に考えた振る舞いを心掛けましょう。

上へ戻る