“結婚の幸せ”を上手く掴めてしまう女性に共通する特徴

婚活をしてもなかなか結婚ができないと悩む女性へ「男性や友達に嫌われやすいクセや習慣」を見直したり、ほんの少し「考え方を変える」だけでも誰もが羨むような結婚生活を送ることができます。

“結婚の幸せ”を上手く掴めてしまう女性に共通する特徴

結婚してからも”幸せになれる”女性の特徴

結婚はパートナーの男性とその後の人生を長い間、一緒に過ごすことが前提です。恋愛中の心地よいフワフワした関係とは違い、家族になる気持ちがなければできませんよね。

たとえ付き合っている彼氏がいても『なんか違うなぁ』と、男性に思われているうちはプロポーズをされることを期待できません…

また、男性から求婚されるのを待っているだけでもダメなのです。

モタモタしているうちに周囲の友達は結婚式を挙げて幸せになっていくなか、結婚願望があるのにアナタひとりだけ独身なんて寂しすぎますよね。


そして、いよいよ結婚する夢が叶ったら、次は”幸せな結婚生活をキープすること”が目標に

「好きな人にプロポーズされる夢」「ハッピーな結婚生活をおくる夢」多くの女性が願うこの2つの夢を叶えている女性が持っている共通点とは?

男性と付き合ってから結婚までトントン拍子に進み、幸せを掴むのが上手な女性に共通する特徴を紹介します!

結婚して幸せな女性

1.自分から積極的に行動する

『女性からアプローチするなんて』と、白馬の王子様が現れるのを待っていませんか?気弱な草食系男子はこれからも増え続けます。

結婚という幸せをつかむために、自ら男性にプロポーズするほど積極的な女性もいるので、待つだけではイイ男も品切れに!

2.ある程度の妥協が出来る

年収・学歴・身長・ルックスなど完璧な男性を求めすぎる性格なら、早々に結婚するのは難しいかも…?なぜなら、その条件を満たすハイスペックな男性とはそう簡単に出会えないからです。仮に出会えてもライバルだらけなのは明らか。

恋のライバルに悩む女性

結婚相手に求める条件を絞り、ある程度の妥協も大切!いつまでも男性を値踏みしていると、自分が値踏みされる立場になってしまいます。

3.2人の喧嘩を他人のまえで持ち出さない

恋人同士には喧嘩は付きもので、まだ仲直りをしていないうちに友人を交えて食事などをする機会を設けなければならなくなることがあります。

その際、友人たちに『この人ったらね、○○なのよ!最低でしょう?』などと、2人のケンカの話題を食事の席に持ち出して恋人を人前でけなす女性がいるのですが、それは止めましょう。

自分はスッキリしても彼や喧嘩の内容を聞かされた友人は、決して良い気分にはなれません。喧嘩直後でどんなに腹が立っていても『二人の事』と、他人を巻き込まずに対処できる精神的な強さは結婚後はますます必要に!

4.タイミングを計ることができる

すぐに聞いてもらいたい愚痴や世間話があっても、彼が帰宅して着替えが終わって、少し一息ついてから『ちょっとだけ聞いて欲しいことがあるの』と、時間にも言葉にもクッションを置くことで彼にも話を聞く心構えができます。

クッションとカップル

『今日は何かあったな?』と、彼氏の様子をから何かを感じとったときも、やはり同じように一息ついてから『大丈夫?』と彼のペースで話せるタイミングをつくってあげて下さいね。

5. 力を抜くことができる

仕事も家事もすべて完璧にこなしてしまう女性は、一見、幸せな結婚生活に近づける要素が万全に備わっているようにも思えますが、完璧主義の度が過ぎるのはキケン!

一緒にいる男性は委縮したり疲れてしまいます。『今日はここまででOK』などと、たまには力を抜く一面も見せることで相手はホッとできるのです。

6.思いやりがある

自分のことを棚に上げて自己中心的な主張が多く、相手の話や意見にまったく聞く耳をもたない女性は結婚相手としては敬遠されます。

「自分の気持ちも伝えることができる」「相手の言い分や考えを聞きだすことができる」、この2つのバランスに配慮ができる思いやりは、長い結婚生活での円満なコミュニケーションに役立ちます。

仲のいいカップル

7.明るい

『ねえ、ねえ聞いてよ!』と、ネガティブな愚痴や文句を並べる人との会話は疲れるし、話かけられても笑うこともなく表情が暗い人は何を考えているか分からず気を遣わせますね。

ここでいう明るさとは、元気いっぱいにワイワイ騒ぐということではありません。また、天真爛漫なタイプの明るさに限ったことじゃなく、周囲をほっとさせる発言ができたり、微笑を浮かべることができる静かな明るさも含まれているのです。

8.素直

何か間違えてしまった時、困っているときにアドバイスを受けた時など、素直な気持ちで『ごめんなさい』『ありがとう』を言葉に出して伝えることができる。

『やってもらって当然』という考えや、プライドを優先して相手が折れてくるまで意固地になるより、素直に接することでケンカをしていても仲直りがしやすくなるので相手の男性も救われます。

仲直りするカップル

結婚生活にはとても大切な要素のひとつです。

9.将来を見据えた話をする

恋愛と違って結婚は一生を共にするパートナーと一緒に暮らすことです。そのため結婚を決める前に、ある程度の人生設計を話合って見極めておく必要があります。

どんな内容のこと?

  • 共働きをするのか?
  • 子供を欲しいのか?
  • 親の面倒は誰が見るのか?

「いまが楽しければOK」というスタンスではなくキチンと結婚前に2人の将来について話合って不安や不満を取り除いておけば、結婚後に『こんなハズじゃなかった…』とガッカリするパターンを回避できるので幸せをキープすることができますよ

10.金銭感覚が一致している

貯金するカップル

恋人の関係でいる頃は、流行のお店にデートや旅行などに行って惜しみなくお金が使えるかもしれませんが、残念なことに結婚をすると自由に使えるお金は減ります…。

どこにいくら使うかを2人で決めることが、ラブラブが持続する秘訣です。

例えば、子供が欲しいと夫婦の意見が一致していても子供の教育費に「お金をかけたいか」「かけたくないか」では数百万単位で貯金の目標額が変わってきます。

他にも「家計の管理は誰がする」のか「自分だけにお金を使いたがるか」どうかなど、お金に対する価値観が一致していると、結婚性格もストレスなく送れますよ

11.彼氏&自分の実家との付き合いが上手い

義理の実家との付き合いは、彼氏彼女ともに気をつかうものですよね。その付き合いに振り回されると結婚生活が危機にさらされることが多いのです…

例えば、毎日のように相手の親に以下のようなことを言われたらどう感じますか…?

  • いつ孫に会えるの?
  • お給料はあがったの?
  • 息子には何を食べさせているの?

見るだけでも胃がキリキリしてストレスがかかりそうですよね…。親が子離れしていない典型的なパターンです


自分の実家が過干渉なとき、彼氏の親が口を出してきたときは「角を立てる対応の仕方」をするとギクシャクした関係になるのでNGです!

『心配してくれてありがとう。温かく見守ってくださいね』と上手にかわすことができる女性は、結婚してからも主人と良好な関係を守れるし不要ないざこざを回避することができますよ♪

母親に感謝する女性

“本音で話すこと”が幸せ生活をキープするコツ

結婚をすることは、カップル時代の恋愛みたく簡単には別れられません。夫婦2人で家庭を持って「相手を幸せにする覚悟」がなければ、みんなが羨むようなステキな生活を送ることが難しくなります

魅力的な夫婦になるには、本音を言い合える環境をしっかりと作ることも大切です。

言いたいこともいえずにストレスをためてばかりでは、いつかは爆発してケンカに発展する可能性が高くなりますので気をつけてくださいね。


 自分から積極的にアクションを起こす
 “カンペキな男性”を求めすぎない
 2人のケンカに他人を巻き込まない
 愚痴などの話もタイミングを計って話す
 たまにはゆっくり落ち着いた時間を過ごす
 思いやりがある
 天真爛漫な態度
 ガンコすぎない
 将来の話をする
 金銭感覚が一致している
 実家付き合いがうまい

しあわせを上手につかめる女性に共通する特徴と照らし合わせて自分の性格を見直してみると、魅力的な女性になるヒントが得られるハズですよ

上へ戻る