付き合う前のメールやLINEに隠れている脈ありサイン

付き合う前のメール、LINEに隠れている好意は見つけなきゃ損!片思いの恋だと思っていたのが実は両想いかもしれませんよ。彼の性格やメールやラインの返信タイミングでわかる、脈ありポイントを紹介します!

付き合う前のメールやLINEに隠れている脈ありサイン

付き合う前のメールで読みとる男の気持ち

お互いに顔を合わせて直接会話すれば表情から照れや緊張が伝わってくるので、奥に潜む感情を読み取れますが、離れたところでやり取りを行うメールやLINEでは、表情の変化をチェックできないですよね。

そのため、照れ屋でシャイな性格の男性にとっては、構えずに気軽に好きな人とコミュニケーションがとれるメールやLINEは心強い連絡ツール。でも、女性にとっては、気になる彼が自分に脈ありなのか?脈無しなのか?が判りずらくて困ります。

それでは、付き合う前のメールやラインに表れるサインから、男性の本当の気持ちを探ってみましょう。

付き合う前のメール/男性のタイプ本音の見分け方

男性のタイプ別・脈ありメールの見分け方

一定の距離がある男性とのメールやLINEのやり取りは、相手のことを良く知らない分、自分がどう思われているのか気になります。さて、タイプ別に付き合う前のメールやLINEから、脈あり度をチェックしていきましょう。

▼付き合う前のメール・LINE/草食系男子

草食系男子の場合、些細な内容にでも返信したら脈あり

自分からアプローチを仕掛けることはありませんが、些細な内容のメールやLINEにでも返事をくれるのなら「好意はある」と思ってOK。

更に、具体的な感想を添えるなど返信内容に細やかな気遣いがあるなら、「脈あり」の可能性はアップします。 他愛のないメールやラインの回数を重ねて、どんどん女性側からアプローチを仕掛けていくことをオススメします。

▼付き合う前のメール・LINE/肉食系男子

肉食系男子の場合、デートの誘いがきたら脈あり

行動や態度に好きか嫌いかがハッキリ表れるタイプなので、メールやLINEのやり取りの中にデートの誘いや「Aちゃんって可愛いよね」などと、アナタのことを女性として見ているフレーズがあれば、かなり脈ありと思って間違いありません。

肉食系男子は、自分からアプローチを仕掛けてくることが多いのですが、彼らにとって獲物を追っているときが最高にサービス精神が旺盛な時期なので、すぐにOKを出すのではなく、もう少し焦らしてお姫様気分を味わうことをオススメします。

▼付き合う前のメール・LINE/ロールキャベツ系男子

ロールキャベツ系男子の場合、好意的メッセージに乗ったら脈あり

見た目は草食系で大人しそうだけど、中身は肉食系でギラギラしているロールキャベツ男子は、相手が自分のことを好きだと判ったときに態度が変わります。

女性側からゴハンに誘ってみるなど、好意的なメッセージをさり気なく送ってみてください。相手が脈ありの場合は、熱烈なアピールがはじまります。

付き合う前のメールとLINEの脈ありサイン

彼の性格の傾向の違いがメールにも表れてくれば脈ありかどうかを判断する材料になりますが、それ以外の要素からも、男性の本心を知ることができます。それでは、付き合う前のメールとラインの「脈ありパターン」は以下のとおり!

▼どんな内容でも返信スピードが速い

男性のタイプ別・脈ありメールの見分け方

急用ではなく、比較的「どうでもいいメッセージ」に即レスしてくる場合は、脈ありの可能性がかなり高いといえます。

女性ほどLINEやメールに執着心が少ないと言われている男性は、「それほど好きではない人」「恋愛対象外の人」からの「どうでもいい連絡」は「どうでもいい」のです。

しかし、「好きな人」「気になる人」からの「どうでもいいメールやLINE」は「繋がりができる嬉しい連絡」なので「やり取りを続けよう」とするから必死になります。

メール・LINEの返信時間でわかる本気度

相手に何らかの事情があって即レスできない場合、最終的に返信がくる平均的な「デッドライン」は以下の通り。

親しい知人/約3時間
仕事関係の相手など/約7時間

もし、24時間以上経っても返事が来ない場合は、彼にとってアナタは仕事絡みの人よりも遠い(軽い)存在である可能性が高いのです…。

▼画像や動画を添付してくる頻度が高い

画像などの添付ファイル付メールが多い

メールやLINEで画像が頻繁に送信してくる場合も「脈あり」の可能性が高いのです。

画像を送ってくるということは、自分が驚いたこと「オモシロイ」と感じたことに対して「共感してほしい」「彼女を楽しませてあげたい」と思っている好意サイン。

▼メールやLINEが終わらない

メールが終わらない…

だいたいのメールやラインは、一通り話が済めば「またね」のフレーズやスタンプで終えますが、「そういえば…」などと、別の話題を持ちかけてきて、なかなか終わらせようとしない場合も脈ありです。

男性はメールやLINEでは余計なことを話さない傾向があるのですが、好きな人とは「もっと話をしていたい」と思うので、自然とエンドレスな展開になってしまうのです。

タイミング・頻度・内容をチェック

好きな人がいて相手の気持ちが知りたいときは、LINEやメールのやり取りの中に本音を探そうとしますよね。付き合う前のメールやラインで脈を見極めるポイントは「返事がくるタイミング、メッセージの内容、やり取りの回数」です。

試しに、どうでもよい内容のメールやLINEを送ってみてください。早い返信タイミングに加えて、やり取りが続き、話題をひろげようとする努力が見られたら「脈あり」だと期待てもOK

上へ戻る