カップルの倦怠期を乗り越える7つの方法【脱・マンネリズム】

長年付き合っている恋人同士の関係、だからこそマンネリカップルになることを避けるために気をつけたいことが存在!フキゲンな態度や不満ばかりではお別れコース…。それでは、幸せなカップルがやっていることは?

カップルの倦怠期を乗り越える7つの方法【脱・マンネリズム】

倦怠期を乗り越えるにはどうすればいいの?

どんな仲良しなカップルでも、恋愛に倦怠期は付き物!

彼氏との付き合いが長くなると緊張感がなくなり、ドキドキを感じられなくなることが多くなって、「もしかしたら恋愛感情がなくなったのかな?」、「スキじゃなくなったのかな?」と考えてしまいますよね。

しかも、倦怠期に入ると彼に対して無関心になるだけでなく、些細なことでイライラしてしまうことも…。彼のイヤなところが目につきやすくなって、「もうウンザリ!」なんてことも…。

「こんなキモチになるくらいなら別れた方がいいのかな…?」と考えることもあるかもしれませんが、やっぱり彼氏とラブラブな関係に戻りたいですよね?

倦怠期を乗り越える方法を紹介します。

マンネリを解消したカップルはいままで以上に強い絆で結ばれて上手くいく傾向にあるようです。その秘訣とは?

1.まず、何もしない

背中合わせで無言の男女

倦怠期はカップルの2人とも同時に訪れるとは限りません。もし、女性が倦怠期を感じていても、彼氏はまだラブラブの関係と思っていることだってあるのです。

だから、焦って付き合った頃の感情を取り戻そうとしてドタバタ動いてしまうと、空回りに終わってしまうことも多いのです。

人の感情には波があります。モヤモヤした気分のとき、彼からのサプライズを受けると一気にラブラブモード!ということもよくありますよね。

☆「倦怠期」を意識しない!

早く抜け出したくて焦ると、返ってイライラしてしまう原因になってしまうことも…。それで関係が拗れては元も子もないですよね。

まずは何もしないで時間が解決してくれるのを待ってみては?

2.会わない期間をつくる

部屋で飲み物を飲む女性

いつも一緒に居る彼氏に理由はないけど、なぜか鬱陶しく感じる…、そんなときは彼との距離を取ることも大切!

『一緒にいてもドキドキしない』『彼の些細な行動にイライラする』こんな感情を抱いたまま毎回会っていると、せっかくのデートが楽しいものではなくなってしまいます。これでは別れを迎えても仕方ないですね…。

それならいっそのこと、会わない期間を設けてみてはいかが?

☆1ヶ月ほど自分の時間を満喫

人は失ってからでないと、「大切なものは何なのか」理解することができないもの…。

彼と会えない1ヶ月近い期間はそれに気がつくことができるチャンス!
本当に自分にとって必要な存在がわかれば、彼とラブラブな関係に戻れるのは秒読みです。

ただし突然、「1ヶ月くらい会いたくない」と宣言してしまっては、彼氏が困惑して不安になるのもムリがありません…。メールでの連絡くらいはしっかりとするように決めておいて!

3.デートのパターンを変える

いつもと同じ「場所」「時間」「内容」のデートをしていては、新鮮さがなくなってしまいます。これでは、ただの作業みたいですよね…。

東京ベイエリア夜景

でも、旅行に行くのは難しいし遠出するにもお金と時間がかかってしまいます。

そんなとき、デートの時間帯を変えるだけでも新しいキモチを味わうことが可能!

☆日中のデートが多いなら夜に行く

近くのデートスポットでも時間帯によって見える景色が変わってきます。この変化がいい刺激となって、退屈なデートを盛り上げることができるのです。

また、移動手段を変えてみるのもあり!

・ドライブデートから途中下車の旅
・電車移動からレンタカーで郊外へ

とにかく、デートプランがワンパターン化しないように気をつけて!

4.どんなときでも笑顔を忘れない

「楽しくない…」、「つまらない…」そんな感情が顔に出ていませんか?

人の感情は伝染します。不機嫌な表情や態度で話かけられて、快く振舞える人なんてほとんどいませんよね。だから、女性が不愉快な表情をしていると、彼氏も同じようなキモチになってしまうのです。

道で笑顔を見せる女性

☆デート中は笑顔をキープ

彼にあからさまなフキゲンオーラを見せないように気を付けて!

もし、イライラしてしまったら?

・友達と思いっきり語り合う
・カラオケやスポーツをする

上手にストレスを解消すること!彼氏に八つ当たり…、こんなことしてはいけませんよ。

5.2人の新しい趣味を見つける

デートが同じことの繰り返しでは誰だって飽きてきてしまいます。新しい趣味ができるとデートのバリエーションが増えて、二人で共通の話題で楽しむことができますよ。

何か新しいことを始めたときのワクワク感を味わえると、「彼と一緒にいるとドキドキする!」というキモチを抱くことも!?

カフェで注文した料理を見るカップル

変化のある環境をつくろう!

☆カフェめぐり
☆DVD鑑賞
☆お茶の飲み比べ

内容はなんでもいいんです。マイブームを2人で共有するだけも効果的!

6.付き合い始めを思い出して初心に戻る

付き合い始めの頃は、「今日はこんなことがあってさー」というたわいもない話でもすごく楽しかったのに、今では「へー」、「ふーん」なんてどうでもいいオーラを出していませんか?

恋人に興味がないなんて状況は、倦怠期の症状そのもの…。

そんなときは、付き合い始めの頃を思い出してみよう。

手をつないで歩いているカップル

☆出会った場所・告白した場所などの思い出のところへ行く
☆彼からのプレゼントを身につける

どうでしょう?
初々しいカップルだったときのことを思い出してきませんか?

当時のドキドキ感やトキメキで話が弾むと懐かしいキモチになれます。一番に恋人のことを思っていた心に火がつけば、仲良しの2人に戻れますよ!

7.しっかりとキモチを伝え合う

自分の素直なキモチを伝えることは、ちょっと照れくさくて恥ずかしいですよね…。
でも、恋人関係を上手に保つためには、この恥ずかしさは乗り越えなくてはなりません!

女性のストレートな思いを伝える

☆付き合い始めのころのようなラブラブな関係になりたい

彼女のキモチに応えたいと思っているのが男心。こんなセリフを聞いた彼は、刺激的なデートプランを練って彼女のことを大切にしてくれることも!?

「自分のキモチをしっかりと相手に伝えること」はとても大切!

素直な思いを伝えるタイミングはなかなか難しく逃してしまうことが多いもの。それでも、しっかりとお互いの気持ちをしっかりと共有することを忘れないで!

ポジティブな気持ちで幸せになれる

彼との楽しい体験や思い出が増えると、ちょっとくらいイヤなことがあっても許し合える関係になりますよ。

「嬉しい」「楽しい」「幸せ」などの気持ちを彼に伝えて、しっかりと愛情表現をすることが、倦怠期を乗り越えるポイント!

どうしても抱いてしまうネガティブな感情は、落ち着いて冷静になってから彼と接すること!ワガママをぶつけては彼氏も困惑してしまいます…。

幸せな気持ちを共有して、いつまでもラブラブカップルでありたいですね。

上へ戻る