彼氏との電話トラブルを防ぐ2人の会話を弾ませるルール7つ

メールやライン、通話でのコミュニケーションは恋人たちの仲を深めるツールのひとつですが、使い方やマナーを理解しないと相手の男性に嫌われる可能性大!連絡を取る時間帯や通話を切るタイミングなどを紹介します。

彼氏との電話トラブルを防ぐ2人の会話を弾ませるルール7つ

彼氏と電話で話すとき、配慮してますか?

相手の声を聞いて直接言葉を交わせること。彼氏との電話には、LINEやメールなどでは味わえない楽しみがありますよね

しかし、電話という手段はメールやラインを送るときよりも、相手への“気遣い力”が問われます。

着拒される
電話に出ないことが増えた
すぐに切られる

相手の男子に電話したとき、これらの中で思い当たることはありませんか?もし、彼氏の通話中の反応がイマイチなら、アナタの電話のかけ方に問題があるのかもしれません。


「話題やネタはどうしようか」
「今かけて良いのか」

電話をするのに不安になる女性

好きな人に初めて連絡するときやまだ出会って間もない頃は、緊張して「彼にも都合があるしな…」と、早めに切るなどの配慮をするもの。

しかし、彼との関係が安定してくると、その頃は当然のように行っていた“配慮”が少しずつ欠けてしまいがち


お互いに働いていたり忙しい学生生活を送っていると“24時間電話受付中”というワケにはいきませんよね。

二人が恋人同士で相思相愛の関係であっても、電話をするときは「基本的なマナーを守ること」が良好な関係をキープするのにとても重要なポイントなのです。

今回は、彼氏との電話をラブラブに楽しむ7つのルールをご紹介します

1.相手を優先する謙虚さを心がける

「聞いてよ!今日こんなコトがあって~」と、1日の行動を長々と話す女性は多いもの。

“彼氏に自分のことを知ってほしい、もっと伝えたい”という想いは理解できるのですが、相手に負担をかけるようでは、二人の関係には何のメリットもありません。


彼のことを心から思いやるのであれば、相手の状況や状態の確認を済ませて、雰囲気を感じ取りながら話を進める配慮が大切です。

まずは相手の様子を確認!

  • 自宅に持ち帰って来た急ぎの仕事はないか?
  • 体は疲れていないか?

電話を切ったあとも“ダラダラした会話で忙しい時間を奪わなかったか”“相手の状況に配慮していたか”を謙虚な姿勢で思い返してみましょう。

電話を持ち考え事をする女性

「彼が電話にでない原因はなんと自分だった!」という事実がアッサリ判明するかも!

 まさに“親しき仲にも礼儀あり”。恋愛関係では忘れがちですが、幸せな恋を長続きさせるためにも必ずチェックしておきたいトコロですね。

2.大声で話さない

自分の側で誰かが電話で話をしているときに、電話口から話相手の声が漏れていて、話の内容が丸わかり!そんな経験をされた方はきっと少なくありませんよね。

声が大きすぎると?

周囲にまで会話を知られる可能性大!

アナタが電話を掛けたときに自宅に一人でいたとしても、彼氏が一人でいるとは限りません。

もし、カレが仕事関係の人と一緒にいるときにアナタの電話をとり、『ねぇ、○○く~ん。今日のご飯どうするぅ~?』なんて恋人モード全開の話し方をされたら…恥ずかしい思いをしちゃうのは目に見えています

仕事場で電話を受け困る男性

彼にラブコールをかけたら、最初に相手の状況を確認するのはもちろん、できれば少し声のトーンを落としたほうが彼のメンツを守れます

3.時間帯を考慮する

お互い普通に昼間の仕事をしているのであれば、仕事中にプライベートな電話をするのは避けたいもの。

とはいっても、疲れて眠っているかも知れない夜中のコールもやはりはばかられます。

寝ている男性の前で鳴り続ける電話

ベストな方法は?

ゆっくり気を使わずに話せる時間を彼に確認すること!

彼が学生であればある程度時間に自由は利くでしょうが、夜中にバイトをしている可能性もあるので油断は禁物。

 睡眠中に起こして不機嫌な声を聞いたり、仕事中に割り込んで愛想のない返事を聞かずに済むよう、電話する前に当たり障りのない時間帯を確認しておくのが賢い方法と言えます。

4.初めに相手の都合を聞く

ラインやメールと違い、電話はリアルタイムで応答しなければならないツールです。

ただ声が聴きたくて電話したとき、急な用事があるときなど、電話をかけた理由がどうであれ、相手が電話に出たらまずは『今、電話で話して大丈夫?』と確認するのが礼儀というもの。

ただ、付き合いが長くなって慣れてくると『あのね、今さぁ』と、唐突に話出すようになることも少なくありません。

相手の都合を確認しないと…

今忙しいのに!

正直迷惑です…

電話に迷惑がる男性

 電話では相手が置かれている状態を目で確認できません。必ず相手に一声かけてから話始めるよう心がけてくださいね

5.コレといった話題がない時は早めに切る

少しでも長く好きな人と繋がっていたいという気持ちもあってか、付き合い始めの頃は会話が続きやすいのですが、お互いに慣れてくるとふと話題が尽きることもありますよね。

その場合、無理に話題を作ろうとしたり無言のままダラダラ時間を過ごすよりも、早めに電話を切り上げることをおすすめします。

例えば?

じゃあもう、今日はこれで切るね

元気な声を聞けて安心したから

○○くんとの電話楽しかった!またかけるね!

 ここは潔い対応で簡単に済ませて、寂しさの余韻を残すのがベスト。「もうちょっと彼女の声を聞いていたかったんだけどな…」と彼のアナタへの想いも募ります

嬉しそうに電話を掛ける男性

6.電話ではケンカをしない

二人の会話に行き違いがあり、電話でケンカになりそうなときでも、その場では気持ちをグッとこらえましょう。

なぜなら、相手の表情が怒っているのか、困っているのか、普通にしているのか…相手の表情がわからないときに自分の感情だけがヒートアップしても、喧嘩がややこしくなるだけだからです。

電話でケンカする女性

相手の顔が見えない電話では?

ケンカが複雑化しやすい!

自分の気持ちをまっすぐに伝えたいときには、実際に会っているときに相手の顔を見ているときに伝えること。

 また、誤解やトラブルを避けたいのであれば、口喧嘩が始まりそうなときには電話を早めに切り上げるのが無難です

7.自分の言いたいことばかり話さない

会話中、上手にキャッチボールができていないと、相手は『うん』『へえ』『そうなんだ』というシンプルな相槌しか打たなくなり、向こうからの質問は一気に途絶えます。

心当たりがある場合は、アナタのマシンガントークによってカレがウンザリしている可能性アリ!

“聞くだけ”の電話は?

相手を疲れさせる!

一方的に話を聞くだけの電話というのは、精神的に疲れてしまいます。

 電話は短く要点をまとめるのが理想。カップル同士の電話はなかなかそういかないものですが、だからこそ“話す”&“聞く”のバランスに注意して、二人の会話が成り立つよう意識してくださいね

電話をする女性

マナーを問われる恋人との電話

彼氏とのラブラブな電話タイムを満喫したい、いい関係を築いていきたいのであれば、相手を思いやる気持ちを大切にするのが第一条件です。

  • 謙虚な気持ちを忘れない
  • 大声で話さない
  • 時間帯を考慮する
  • 相手の都合を確認する
  • 無言や沈黙が続いたらさっさと切る
  • 電話でのケンカは避ける
  • 一方的なマシンガントークはやめる

電話に限らずラインやメールで連絡をする際にも、パートナーの都合を尊重する心をお忘れなきよう

上へ戻る